FANDOM


Disambig gray この項目では、映画・舞台興行会社について記述しています。かつて存在したプロ野球チームについては「松竹ロビンス」をご覧ください。
松竹株式会社
Shochiku Co., Ltd.
200px
東劇ビル。本社及び関連部署・子会社と上映館が入居
種類 株式会社
市場情報 東証1部 9601

大証1部 9601

福証 9601

札証 9601

1949年5月16日上場 1949年5月14日上場 1949年7月上場 1950年4月上場
本社所在地 〒104-8422
東京都中央区築地四丁目1番1号
設立 1920年11月8日
(帝国活動写真株式会社)
業種 情報・通信業
事業内容 映画事業、演劇、他
代表者 迫本 淳一(代表取締役社長)
資本金 312億16百万円
発行済株式総数 1億3365万5578株
売上高 連結:932億円
単独:611億円
(2009年2月期)
営業利益 連結:34億円
単独:20億円
(2009年2月期)
純利益 連結:7億円
単独:4億円
(2009年2月期)
純資産 連結:575億円
単独:570億円
(2009年2月末日現在)
総資産 連結:1,560億円
単独:1,125億円
(2009年2月末日現在)
従業員数 連結:1,293人 単独:608人
(2009年12月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 (株)歌舞伎座 3.59%
(株)みずほコーポレート銀行 3.37%
(2010年3月17日現在)
主要子会社 (株)衛星劇場 100%
(株)松竹マルチプレックスシアターズ 80.0%
関係する人物 白井松次郎大谷竹次郎小山内薫城戸四郎永山武臣
外部リンク www.shochiku.co.jp/

松竹株式会社(しょうちく、英: SHOCHIKU Co., Ltd.)は、日本映画演劇の制作・興行・配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。映画会社としては東宝東映に並ぶ上場邦画3社の一角、かつての五社協定における大手5社の1つである。創業は1895年で、設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。

概要 編集

元来は演劇興行。現在は歌舞伎を主に新派、松竹新喜劇も手掛ける。かつては、文楽(人形浄瑠璃)や歌劇(SKD - 松竹歌劇団、OSK - 大阪松竹歌劇団)、演芸浅草松竹演芸場道頓堀角座神戸松竹座等)から相撲興行やプロ野球セ・リーグ加盟の松竹ロビンス)、ボウリングアイススケートリンクの運営等幅広い活動を行い、一時は松竹交響楽団なる本格的なオーケストラまで所有していた。

1995年には創立100年事業の一貫として松竹大船撮影所の敷地内に「鎌倉シネマワールド」なるテーマパークを開業させたが、不入りでわずか3年で閉鎖に至った。

メディア対策として、東宝大映(現:角川書店)等と共にフジテレビジョン(フジテレビ)の会社設立に参加(1959年開局)。なお、現在はフジテレビ旧会社法人の後身に当たるフジ・メディア・ホールディングス株式の殆どを放出している反面、松竹大株主の10位以内に東京放送ホールディングス(TBSHD)の名が連なるなど放送局との関係に変化が見られる(両者とも認定放送持株会社である)。

一方では通信衛星を利用した自社製作の番組(映画、テレビドラマ、劇場中継等)を中心に流す「衛星劇場」「歌舞伎チャンネル」等を立ち上げ、現在に至る。

2005年、創業110年を記念した女優発掘オーディション松竹STAR GATE歌舞伎座で開催。

かつては松竹で社員監督には助監督時代から脚本が書けなければなれないと言われており、他社の作品と比較し、監督が脚本を兼務する作品が非常に多かったのが特徴であった。

歴史 編集

映画 編集

松竹映画 編集

主要作品 編集

主要監督 編集

テンプレート:Colbegin

テンプレート:Colend

主要脚本家 編集

主要俳優 編集

男優 編集

テンプレート:Colbegin

テンプレート:Colend

女優 編集

テンプレート:Colbegin

テンプレート:Colend

この元専属の男女優達の中で『小津映画最後のヒロイン→映画「極道の妻たちシリーズ」へ』の岩下志麻を象徴として、松竹退社後や1970年代初めの日本映画界の斜陽化以降、映画・テレビドラマでの役柄や世間のイメージが松竹時代から180度激変してしまったスターが多い。

しかし、今ではDVD化・ビデオ化の充実やテレビ放映(上記の衛星劇場など様々なチャンネルで)で、誰もが彼らの変わる前の松竹時代の作品に気軽に接することが出来る。

オープニングロゴ 編集

富士山の背景に横書きで「松竹映画」の文字。2000年「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の配給に際して、既存のロゴが似合わないという声があり、富士山をイメージしたCGに「SHOCHIKU」と表記する新たなオープニングが製作された。その後、既存のオープニングを基に図案化したCGによる富士山を背景にローマ字で「Shochiku」と表記するオープニングも製作され、主に時代劇や山田洋次監督作品で使用されている。

撮影所 編集

2011年現在、京都撮影所のみ現存している。

松竹洋画 編集

洋画買付 編集

1920年(大正9年)11月1日、松竹キネマ合名社創業と同時に、東京歌舞伎座にて自社作品との併映の形で洋画の興行を開始したのを嚆矢とする。松竹キネマ合名社内には外国部が設置され、洋画の買い付けにあたった。同年12月31日、銀座金春館を洋画専門劇場として開場。生駒雷遊徳川夢声といった一流活弁士を出演させた。翌1921年(大正10年)からは浅草の帝国館を松竹洋画の拠点と定めたが、大作の一部は歌舞伎座や明治座でも興行を行った。

一方、関西松竹合名社の手により、1923年(大正12年)5月17日には大阪道頓堀大阪松竹座が完成。洋画興行と松竹楽劇部(のちのOSK日本歌劇団)による音楽舞踊のアトラクションを採り入れ話題となった。同年9月1日の関東大震災により、松竹キネマ合名社の外国部は大阪に移転。浅草帝国館は復興し、引き続き松竹洋画の本拠としたが、外国映画社の日本支店の多くは京阪神地区に移転していたため、事実上大阪松竹座が基幹劇場となっていた。

1924年(大正13年)、関西松竹合名社は国産映画の量産に力を入れることになり、洋画の輸入買付を手控える。以降同社は外国映画社から提供を受けた作品を配給する事に専念した(フリー・ブッキング制)。

松竹座チェーン 編集

1924年(大正13年)6月、松竹キネマ合名社は新宿武蔵野館と提携。1926年(大正15年)には新宿武蔵野館に代わり目黒キネマが封切館に加わったが、やがて自社作品の拡充のため外国部を廃止して洋画興行および配給から撤退した。

一方、関西松竹合名社は大阪松竹座の成功に伴い、1924年12月31日に京都新京極の明治座を「京都松竹座」に改称して洋画興行を開始、翌1927年(昭和2年)には神戸新開地の「神戸松竹劇場」を「神戸松竹座」に改称し、また「名古屋末広座」を買収して「名古屋松竹座」とするなどにより、松竹座チェーンが形成された。

1928年(昭和3年)8月、浅草松竹座が開業し、翌1929年(昭和4年)9月には四谷大木戸の「山手劇場」を「新宿松竹座」と改称。松竹座チェーンは東京に進出。また大阪松竹座・浅草松竹座にそれぞれ輸入部を設け、洋画の購入を再開した。

SPチェーン 編集

1931年(昭和6年)5月、松竹座チェーンのライバルであったパラマウント映画チェーンと合併することとなり、松竹パ社興行社を設立。浅草大勝館新宿松竹座有楽町邦楽座・新宿武蔵野館・浅草電氣館・大阪松竹座・京都松竹座・神戸松竹座・大阪公楽座を直営劇場として洋画興行を行なったが、これに11月から日比谷帝国劇場が加わった。

トーキーと字幕の発達により、活動弁士の解雇が相次いだ。

SYチェーン 編集

1933年(昭和8年)5月、パラマウント側が本来の映画配給に専念すべく、興行も含めた松竹パ社興行社から撤退。同年6月からSYコンパニー(松竹洋画興行部)が発足した。浅草常盤座新宿昭和館が新たに加わり、都内の配給網は2系統になった。この後も契約館を増やし、運営母体も1936年(昭和11年)4月には松竹興行から独立して松竹洋画興行社となった。

1937年(昭和12年)4月、松竹キネマが松竹興行を合併し、現在の「松竹株式会社」となったため、松竹洋画興行社も合併に参加して、松竹株式会社の洋画部になった。さらに翌1938年(昭和13年)洋画の新規輸入が許可制になったため、輸入件数が減少し、洋画部は映画部洋画課に、翌1939年(昭和14年)には映画部洋画興行係に機構が縮小されていった。

1940年(昭和15年)、帝国劇場を失い、洋画購入件数も減少するが、却って希少価値を生んだため興行成績は良好であった。しかし1942年(昭和17年)4月に戦時統制に伴う「社団法人映画配給社」が設立され、松竹の洋画興行はここで一旦終止符が打たれた。

1946年(昭和21年)、占領軍により設置された「セントラル映画社」から、東宝と共に洋画興行を引き受けて復活。セントラル映画社との交渉がこじれ一旦打ち切られるが、翌1947年(昭和22年)、松竹保善社の名で再契約し、「浅草ロキシー映画劇場」(旧金龍館)で洋画興行を行い、同館内に「ロキシー興行社」を設置して洋画興行を復活させた。1949年(昭和24年)3月、接収されていた「有楽町邦楽座」が「ピカデリー劇場」として返還されたのを機に、ロキシー興行社を解消して松竹本社内に洋画係を復活。1950年(昭和25年)に洋画配給課が設置され、1927年(昭和2年)以来(※)の洋画配給を復活させた(※松竹キネマ時代から数える)。

1951年(昭和26年)11月、ユナイテッド・アーティスツ社(ユナイト映画)と提携。興行・配給成績共に洋画界の覇権を握る。配給部門は1955年(昭和30年)に外画部、1958年(昭和33年)に外国部に改められると共に業容を拡大した。

1959年(昭和34年)ユナイト社との提携を解消。別途セレクト・インターナショナル映画社と合弁で「松竹セレクト国際映画」を設立して、洋画配給部門を独立させた。しかし、翌1960年(昭和35年)には基幹劇場の築地・松竹セントラル劇場等数館が日本映画の上映館に転換。「SYチェーン」は事実上崩壊し、全国をカバーする洋画興行はすべて東宝が握る事になった。

STチェーン 編集

1962年(昭和37年)、松竹セレクト国際映画はセレクト側が撤退したため、松竹国際映画に改称。しかしながら依然として洋画配給としては弱体であったため、映配株式会社と合併することとなり、同年10月、松竹映配が発足。一方の興行チェーンも東急レクリエーションと提携することで独自の興行チェーンを復活。同年9月に「松竹・東急チェーン」(STチェーン)が発足した。なお、東急との関係で東映洋画系もこれに含まれることがある。

一方、買付映画の不振により松竹映配の業績は悪化。1973年(昭和48年)8月に解散することとなり、受け皿会社として同年9月に富士映画を発足。1983年(昭和58年)、松竹富士に改称したが、これも1999年(平成11年)に合理化のため解散、配給部門としては長期低迷が続いている。現在、松竹の洋画配給は本社映像本部が行っている。

映画館 編集

2011年3月までの直営映画館 編集

(以下の映画館、シネコンはいずれも2011年3月から松竹マルチプレックスシアターズが運営。)

子会社経営編集

共同経営編集

2011年3月1日に松竹本社が映画興行部門を松竹マルチプレックスシアターズに譲渡したため、松竹本社の直営映画館やシネコンは現在存在しない。早稲田松竹を経営している松竹映画劇場株式会社は松竹グループに属していない別会社である。実態は不動産賃貸業で、シブヤ西武(旧渋谷松竹映画劇場跡)が主な物件である。ただし、現松竹社長の迫本淳一が大学卒業後の一時期所属していたことがある。

テレビ作品 編集

松竹は経営参加を行ったフジテレビジョンを通じてテレビ進出を図るが、テレビ番組はそれよりも前に手掛けていた。初期はテレビ映画がメインであったが、大阪・毎日放送とスタジオドラマを共同製作していた例もある。なお、大阪地区では他に朝日放送ABCテレビ)と組んだ「道頓堀アワー」(角座から演芸中継)やよみうりテレビと組んだ「親バカ子バカ」等一連の寛美物のテレビドラマがあった。2000年代以後は単発の2時間ドラマ制作を僅かに見かける程度に縮小している。

ドラマ 編集

時代劇 編集

現代劇 編集

アニメ・特撮 編集

以下の作品は代表的なものをピックアップしたものである。ほとんどは単独製作ではなく松竹映像商品部が製作委員会に加入する形式で製作されている。

アニメ 編集

特撮 編集

松竹がこの分野に本格的に参入したのは上掲の通り、つい近年のことである。しかしながら、散発的に特撮を使った作品を製作しており、劇場用映画として1967年宇宙大怪獣ギララを僅か一本ながら製作している(この「ギララ」は「男はつらいよ 寅次郎真実一路」にも冒頭の寅次郎の夢シーンで登場する)。また、アニメーションへの参入は更に古く、1943年松竹動画研究所を設立して「フクちゃんの奇襲」(原作・横山隆一)など戦時下にも拘わらず6作品を製作発表している。この松竹動画は日本アニメーション界の草分け的存在でもある。

2008年にはOVA作品『絶対衝激 〜PLATONIC HEART〜』のDVD発売元となっている。

演劇・諸芸 編集

ファイル:Minamiza Kyoto.JPG
ファイル:Kabuki-za Theatre 2010 0430.JPG
ファイル:大阪松竹座.jpg
ファイル:Shinbashi Enbujo Theatre 2010 05a.JPG

歌舞伎 編集

多くの歌舞伎俳優と専属契約を結んでおり、歌舞伎の上演と伝承をほぼ独占している。特に昭和初期に東宝が歌舞伎公演から撤退し、帝国劇場を手中に収めて以降は(ただし、帝劇はのちに東宝が経営することになるが)、歌舞伎俳優の集約が進み歌舞伎興行を事実上、独占することとなった。国立劇場での歌舞伎公演も、松竹の協力なしには成り立たない。歌舞伎座南座大阪松竹座など傘下の劇場で定期公演を行うほか、『松竹大歌舞伎』として全国巡業を実施し、国立劇場公演にも協力している。

  • 歌舞伎の内容については、歌舞伎の項を参照のこと。
  • なお、演目については歌舞伎の演目一覧の項を参照のこと。
  • 歌舞伎公演を映像作品化する事業については、シネマ歌舞伎の項を参照のこと。

新派 編集

  • 新派の項を参照のこと。

松竹新喜劇 編集

歌劇 編集

1922年(大正11年)、大阪松竹座開場にあたり松竹楽劇部(後、大阪松竹歌劇団)を創設。1928年(昭和3年)に東京松竹楽劇部(後、松竹歌劇団)が創設された。東西それぞれでレビューを上演し、少女歌劇文化の隆盛に貢献した。1957年(昭和32年)に大阪松竹歌劇団が松竹から独立し、OSK日本歌劇団と改称して今日に至る。松竹歌劇団は東京を中心に活動を続けたが衰退し、1990年にレビューを終了し1996年に解散した。2004年以降、OSKが松竹傘下の劇場で定期公演を行うようになったが、いまも直接の関係はない。

人形浄瑠璃編集

  • 1909年(明治42年)から1963年(昭和38年)まで、人形浄瑠璃(文楽)の興行を行っていた。文楽の項を参照のこと。

演芸 編集

劇場 編集

下記劇場は年数回松竹の興行が行われる。

付帯事業 編集

賃貸不動産 編集

映画・演劇と並ぶ基幹事業となっている。

ファイル:ASATSU-DK INC. (headquarters).jpg
ファイル:グルメシティ京極店.JPG

プロ野球 編集

松竹ロビンスの項を参照。なお、松竹は役員派遣以外は本格的に球団経営には携わらず、あくまでもスポンサーの立場で終始していた。

アイススケートリンク 編集

ボウリング場 編集

現在は全て撤退している。

  • 東京築地
  • 東京新宿
  • 東京浅草
  • 京都太秦
  • 神戸新開地

ほか

連結子会社 編集

ほか

かつて存在した施設 編集

かつて存在した劇場 編集

かつて存在した主な映画館編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Commons

it:Shochiku pl:Shōchiku zh:松竹

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki