FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、1936年 - 1937年に存在した映画配給会社東寶映畫配給株式會社について記述しています。その他の用法については「東宝映画 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

東寶映畫配給株式會社とうほうえいがはいきゅう-、1936年6月 設立 - 1937年9月10日 合併)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。第二次世界大戦前、阪急資本が設立した「株式会社東京宝塚劇場」の傘下に小林一三が設立した、映画の配給会社である。東宝の前身の1社となったことで知られる。

略歴・概要 編集

日比谷系の配給会社 編集

1936年(昭和11年)6月、当時、東京市世田谷区にあったポストプロダクション写真化学研究所」とその映画スタジオピー・シー・エル映画製作所」、京都市太秦にあった大沢商会の映画スタジオである「ゼーオー・スタヂオ」といった映画製作会社の作品を配給するため、阪急の小林一三が設立した。

東京市麹町区日比谷(現在の千代田区日比谷)に劇場街をつくるために1932年(昭和7年)に設立した「株式会社東京宝塚劇場」が、1934年(昭和9年)1月1日東京宝塚劇場をオープン、同年2月に日比谷映画劇場を現在の日比谷シャンテの位置にオープン、つぎつぎに系列館を建てたが、そこへ映画を配給し、「東宝ブロック」を形成した。

東宝への大合併 編集

1937年(昭和12年)9月10日、「写真化学研究所」と「ピー・シー・エル映画製作所」、「ゼーオー・スタヂオ」と同社の4社が合併し、「東宝映画株式会社」の設立となった。旧ゼーオー・スタヂオを「東宝映画京都撮影所」(現存せず)、旧ピー・シー・エル映画製作所および旧写真化学研究所を「東宝映画東京撮影所」(現在の東宝スタジオ)とし、合併の当初はそれぞれ時代劇、現代劇を製作したが、やがて1939年(昭和14年)に「東宝映画第二撮影所」(のちの新東宝撮影所、現在の東京メディアシティ)を建設・開所し、さらに豊田四郎をメイン監督とした現代劇の「東京発声映画」を1941年(昭和16年)に合併、「東宝映画第三撮影所」(のちの新東宝第二撮影所、現在のオークラランド)とすると同時に京都撮影所は閉鎖した。

1943年(昭和18年)には「東宝映画株式会社」は「株式会社東京宝塚劇場」と合併し、現在の「東宝株式会社」となった[1]

関連事項 編集

編集

  1. 東宝映像美術公式サイト内の「会社案内」の「沿革」の項の記述を参照。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki