Fandom

IMDb Wiki

早乙女愛

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
さおとめ あい
早乙女 愛
本名 瀬戸口 さとみ
(せとぐち さとみ)
生年月日 1958年12月29日
没年月日 2010年7月20日(満51歳没)
出生地 日本の旗 日本・鹿児島県
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ワシントン州
職業 元女優
ジャンル 映画
テレビドラマ
舞台
活動期間 1974年 - 2000年
家族 長男
主な作品
愛と誠
女猫

早乙女 愛(さおとめ あい、1958年12月29日 - 2010年7月20日)は、日本の女優である。

人物・略歴編集

1958年(昭和33年)、鹿児島県肝属郡高山町(現:肝付町)生まれ。鹿児島県立高山高等学校卒業。

女子高生だった1974年(昭和49年)、漫画雑誌『週刊少年マガジン』に連載されていた、梶原一騎原作の漫画 『愛と誠』が映画化されるにあたり、主人公・太賀誠を演じる西城秀樹の相手役が公募された[1]。友人と共に応募し、4万人の中から選出され、松竹と専属契約。同年、映画での役名と同じ「早乙女 愛」の芸名で映画デビューした。その後、脚光を浴び、1日に400通ものファンレターが殺到するほどの人気となった、その後も清純派女優として活躍を続けた。

1983年(昭和58年)、『女猫』(監督・山城新伍)に主演。1985年(昭和60年)に7歳年上の江原春義氏と結婚その後一緒に化粧品会社「江原道」設立。じょじょに悪女役や主人公の敵役としての助演にシフトしていった。一時期、沢田亜矢子生田悦子名高達男高岡健二 との共演が多かった。

1996年(平成8年)、出演していたテレビドラマシリーズ 『はるちゃん』(東海テレビ)を病気で途中降板し、1997年(平成9年)に男子を出産。以降の芸能活動は映画等で数シーンのみの出演に留まった。2000年(平成12年)の映画『新・仁義なき戦い』への出演を最後に芸能界を引退[2]

2002年(平成14年)頃よりアメリカ合衆国に在住していた[2]。2008年(平成20年)離婚し息子と2人で暮らす[3]

2010年(平成22年)7月、シアトルの病院で死亡したことが発表され、死因は多臓器不全とされた[2]

出演 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

写真集 編集

  • 早乙女愛写真集 週刊プレイボーイ特別編集(1982年、集英社)
  • 北の蛍 スプレイ(1984年、フジテレビ出版 ISBN 978-4893530196

受賞 編集

  • エランドール新人賞(1976年)
  • 1996年度おおさか映画祭・助演女優賞(1996年)

脚注 編集

  1. 松竹は映画館内の掲示物にて、「新人募集、15~19才の未婚女性、賞金100万円」として公募を行っていた
  2. 2.0 2.1 2.2 “元女優の早乙女愛さんが死去 「愛と誠」で人気”. 産経新聞.(2010年7月26日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100726/tnr1007261640008-n1.htm 2010年7月26日閲覧。 
  3. “早乙女愛さん急死…息子と前夫にみとられ”. 日刊スポーツ.(2010年7月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100727-658486.html 2010年7月27日閲覧。 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki