FANDOM


怪獣島の決戦 ゴジラの息子
Son of Godzilla
監督 福田純(本編)
有川貞昌(特撮)
脚本 関沢新一
斯波一絵
製作 田中友幸
製作総指揮 清水雅
出演者 高島忠夫
久保明
前田美波里
平田昭彦
土屋嘉男
佐原健二
黒部進
丸山謙一郎
久野征四郎
西條康彦
鈴木和夫
大前亘
当銀長太郎
オスマン・ユセフ
音楽 佐藤勝
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 Flag of Japan1967年12月16日
上映時間 86分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 2億6千万円
前作 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
次作 怪獣総進撃
  

怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(かいじゅうとうのけっせん ゴジラのむすこ)はテンプレート:和暦12月16日に公開された日本映画ゴジラシリーズの第8作。

製作、配給は東宝カラー東宝スコープ。上映時間は86分。観客動員数は309万人。併映は『君に幸福を センチメンタル・ボーイ』(監督:丸山誠治、主演:舟木一夫東京映画作品)。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

前作『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』に続き、南海の島が舞台となっている。本編は福田純監督、特撮は有川貞昌監督と、前作に続き若手起用がなされ、本編ではグアム島ロケが敢行されて話題となった。登場怪獣はゴジラミニラカマキラスクモンガ

本作で初めてゴジラの子供が登場するため、ゴジラはオスなのかメスなのか話題となった。当時の宣材では、「パパゴジラ」と表記されている。また、福田純監督は「この作品のゴジラはオスです」とコメントしている。有川貞昌は「あとで聞いた話」として、「私が二代目の特技監督に決まって、それでゴジラにも息子を、というアイディアが出た」と述べている。また、クランク・アップ後にミニラ役の小人のマーチャンから記念に電気カミソリを贈られそうで、「今でも使っていて、使うたびに良き時代が思い出されます」と語っている[1]

シリーズで初めての「劇中のリアルタイムにおいて死者の出ない作品」である。ゴジラがカマキラスを叩きつけるシーンでは、画面右上にスタジオの天井が映りこんでいる。

バヤリース」と「パンアメリカン航空」がタイアップしている。

あらすじ 編集

太平洋上。嵐の中を飛ぶ観測機が、海上を進むゴジラを発見する。進行方向には「ゾルゲル島」という孤島があるのみだった。

そのゾルゲル島では将来の食糧難対策として、楠見恒蔵博士を中心としたチームにより、合成放射能ゾンデを利用した国際連合主体の気象コントロール実験「シャーベット計画」が進められていた。トップ屋の真城伍郎はこれを嗅ぎつけ、実験チームの押しかけスタッフとなる。

いよいよ開始される気象コントロール実験。しかし謎の妨害電波により、放射能ゾンデ打ち上げは失敗、島は異常高温に見舞われ、生息していた大カマキリが怪獣カマキラスと化した。そんななか、真城は海岸で不思議な美少女と出会う。

カマキラスは巨大なを発見し、その卵の中からミニラが孵化する。カマキラスがミニラを攻撃しはじめたとき、そこへミニラの親であるゴジラが現れた。実験を失敗させた妨害電波は、親を呼ぶミニラのテレパシーだったのだ。

実験所は壊滅し、洞窟に避難する楠見博士たち。真城は海岸で出会った美少女サエコが日本人学者の忘れ形見であることを知る。サエコはすっかりミニラと仲良くなっていた。やがて実験チームを襲う熱病に、サエコは「クモンガの谷」の向こうにある「赤い沼」の水が特効薬であると教える。サエコの案内で水を汲みに向かう真城が見たものは、ミニラの腕白ぶりに手を余すパパゴジラの姿だった。

赤い沼の水で回復した楠見博士たちは、再び実験を開始することを決意する。だが、その一方でミニラを餌食にしようとするカマキラスと、ゴジラ親子の対決が激化。さらにクモンガがついに目を覚まし、これに加わった。再度打ち上げられる冷凍ゾンデ。ついに実験は成功し、みるみる島を包んでいく大吹雪。島から離れ、歓声を上げる楠見達の目に、強敵クモンガを倒し、抱き合って雪の中で眠りにつくゴジラ親子の姿があった。 テンプレート:ネタバレ終了

登場怪獣 編集

怪獣王 ゴジラ 編集

詳細はゴジラ (架空の怪獣)を参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。本作のゴジラは、ミニラとの身長差を表現するため大きめに作られ、また『モスラ対ゴジラ』(1964年、本多猪四郎監督)で作られた石膏型から抜いたゴジラの頭にかさ上げする形で頭の造型がなされ、従来よりも縦長の顔になっている。背びれの形もこのゴジラ独特のものとなっている。このゴジラを他作品のものと区別して、「息子ゴジ」と呼称する文献も多い。

さらに、これまで一貫してゴジラ役を務めた中島春雄は小柄なため今回は補佐にまわり、大柄な大仲清治がメインを演じている。ただ、不慣れな大仲の動きの悪さはいかんともしがたく、中島も苦労が多かったようである。中島によると、歩く際に「うちまた」気味になっているのが大仲の演じたゴジラの特徴だったそうである。

後年の『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972年、福田純監督)では、プール撮影用として使われた。このゴジラの写真や映像は、アメリカのロックバンド「ブルー・オイスター・カルト」のアルバム「ゴジラ」のレコードジャケットや、大リーグでの松井秀喜の出場時の電光掲示板に使われていて、アメリカではかなりメジャーなゴジラ像のようである。

プール撮影用には、『怪獣大戦争』(1965年、本多猪四郎監督)のゴジラが、本作のゴジラ風にマブタを上向きに改造されて使われた。

ゾルゲル島に降る雪には発泡スチロールが使われているが、有川監督は「体表で解けていく」という表現にこだわり、一部パラフィンを使っている。材料費が高いためアップカットのみの使用となったが、このパラフィンによってゴジラ親子の顔の上でゆっくりと解ける雪のカットを撮ることができた。撮影後は機材の手入れが大変だったという。

ミニラ 編集

詳細はミニラを参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。演技者は小人のマーチャン。誕生直後の操演用2尺モデルも作られた。

脚本では、ミニラの名は「子ジラ」になっていた。「ミニラ」の名は一般公募による。ミニラの顔は、当時『週刊少年サンデー』(小学館)で人気のあった漫画『おそ松くん』のキャラクター「チビ太」をモデルにしていて、上に飛び出したマブタなどにイメージが生かされている[2]。造形物は、ミニラの登場する映画すべてに使いまわされた。海外では「ミニヤ(Miniya)」と呼ばれている。

ダルマのような体型のため、非常に動きにくかったそうで、一度こけると自力では起きられず、演技者の小人のマーチャンも苦労が多かったという。しかしこの不測の演技が幼児らしいよちよち歩きになり、ラストの子別れのシーンでは積もらせた雪が効果的な動きを生み、有川監督は「大変表現しやすかった」と語っている。ミニラの吐く放射能は、当初有川監督は縦にこれを飛ばし、手裏剣のように見せたかったという。煙の輪のような表現としたのは監修の円谷英二監督の助言による。

大蜘蛛怪獣クモンガ 編集

詳細はクモンガを参照

頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。ミニラ、クモンガ、カマキラスともにデザインは井上泰幸。足の長さを合わせると、ゴジラよりも巨大な造形物である。放射能ゾンデの実験失敗以前から、巨大な怪獣だった。目は平時は青、怒ると赤く点灯する。口から糸を吐き、さらに毒針を吹いて獲物をしとめる。

このクモンガとカマキラスは人間の入らない完全操演型怪獣であり、その操作には20人近いスタッフが必要だったため、小道具係や照明スタッフまで駆り出されてこれにあたった。撮影中は、天井でこれを操るスタッフの流す汗が雨のように降り注いでいたという。最期の断末魔のシーンの撮影では、丸二日が費やされている。

糸を口から吹くが、これはモスラ幼虫と同じくゴム糊をシンナーで溶いたものを噴出させて表現している。

カマキラス 編集

詳細はカマキラスを参照

造形者は安丸信行。遠近感を出すため、大・中・小の三種類作られた。お風呂マットなどに使われる「ハード・スポンジ」製。 撮影で二体は燃やされた。残る一体は、のちに『オール怪獣大進撃』(1969年、本多猪四郎監督)に新規撮影で1カット出演している。

劇中ではもともと「大カマキリ」と呼ばれ、牛ほどの大きさがあった。電飾で点灯する目玉が夜間シーンで効果的に使われている。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視覚効果 編集

協力 編集

キャスト 編集

※映画クレジット順

再上映編集

1973年夏興行でリバイバル上映された。この再上映は、当時の上映規定に則って短縮再編集版で行われたが、この際オリジナルのネガフィルムが福田純監督に無断で再編集された。のち復元処理が行われている。
同時上映は『愛の戦士レインボーマン』『ウルトラマンタロウ』『科学忍者隊ガッチャマン』『おもちゃ屋ケンちゃん』『山ねずみロッキーチャック』の5本。
  • 「ゴジラ映画大全集」
1979年夏に、日劇他全国5つの東宝直営館で組まれた特集企画。8月7日に再上映された。

映像ソフト化 編集

  • 8mmフィルム
大沢商会から、1972年頃に特撮部分を編集した8mmフィルムとソノシート、絵本をセットにした『怪獣No.1ゴジラ』が発売された。
  • ビデオ
VHS、β併せて1980年代初頭に上下トリミングサイズで発売。のちにシネスコサイズで再発売。
  • レーザーディスク
1994年に発売。
  • DVD
2003年7月25日発売。 上記の8mm三点セット『怪獣No.1ゴジラ』が特典収録されている。2008年2月22日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションII」にも収録されており、単品版も同時発売。 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」にも収録されている。

脚注編集

  1. 「テレビくんデラックス・ゴジラ超全集」(小学館)
  2. 『怪獣大戦争』以後、東宝は小学館とタイアップ提携をしており、『週刊少年サンデー』で誌上特集が組まれた

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』(東宝)
  • 『大ゴジラ図鑑1・2』(ホビージャパン)
  • 『大怪獣ゴジラ99の謎』(二見文庫)
  • 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(洋泉社)

関連項目 編集

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:ゴジラ

IMDb logo 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は怪獣島の決戦 ゴジラの息子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki