FANDOM


寶塚キネマ興行株式會社
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 寶塚キネマ、宝塚キネマ
本社所在地 日本の旗 日本
京都府京都市
設立 1932年11月
業種 サービス業
事業内容 映画の製作・配給
代表者 南喜三郎
主要株主 小林一三
関係する人物 高村正次
特記事項:略歴
1932年11月 設立
1934年2月 解散

寶塚キネマ興行株式會社(たからづかキネマこうぎょう、1932年11月 設立 - 1934年2月 解散)は、かつて京都に存在した映画会社である。高村正次南喜三郎が設立、正映マキノキネマの「御室撮影所」と、東亜キネマの配給興行網と、阪急電鉄小林一三の資本を仰いで設立されたが、設立わずか半年で経営が崩壊、賃金未払いが起きる。設立1年少々で解散した。通称宝塚キネマ(たからづかキネマ)。

略歴・概要 編集

1932年(昭和7年)11月、高村正次が映画製作を断念した東亜キネマを買収、東活映画社の社長を辞任した南喜三郎とともに設立したのが、この「宝塚キネマ興行」である。「御室撮影所」を「宝塚キネマ撮影所」と改称して稼動させた。東亜キネマ、同社の製作を代行した東活映画社、そして正映マキノキネマの残党の受け皿となった[1]。設立第1作は東亜・東活系の堀江大生監督の『敵討愛慾行』で、同年12月15日に公開された。同年内に5本を公開した。

1933年(昭和8年)7月、賃金未払いが起きて、経営者と従業員が対立する[1]。7月および8月の生産本数が如実に減り、映画館への作品の供給が滞る。

1934年(昭和9年)1月14日久保文憲 監督の『霧の地下道』を「大阪パークキネマ」で、後藤岱山監督の『大利根の朝霧』と、そしてついに監督となった高村の初監督作『片仮名仁義』の二本立てを「大阪敷島倶楽部」で公開したのが同社の最終作品となった。同年2月、解散となる[1]

「御室撮影所」は同年9月から、田中伊助が設立したエトナ映画社が稼動、「エトナ映画京都撮影所」と改称した[1]

同社が製作・配給した作品のオリジナルネガ、上映用プリントは現在、一部を除いてほとんど現存していない。

フィルモグラフィ 編集

1932年 編集

12月 - 5本

1933年 編集

1月 - 8本
  • 人類の道 監督仁科熊彦
  • 乱刃筑波颪 監督大伴麟三
  • 涙の天使 監督米沢正夫
  • 鞍馬獅子 監督大伴麟三
  • 日章旗の下に 監督久保為義
  • 紅騎一番隊 監督後藤岱山
  • 頓珍漢漫遊記 監督堀江大生
  • 港の侠児 監督竹田一夫
2月 - 6本
  • 紅騎二番隊 監督仁科熊彦
  • 突進花嫁 監督大江秀夫
  • 楽園へ帰る夫 監督福西ジョージ
  • 天保捕物鬼譚 監督堀江大生
  • 隠密傀儡師 監督後藤岱山
  • 涙の渡り鳥 監督鈴木日出男
3月 - 8本
  • 時雨の長脇差 監督大伴麟三
  • アリランの唄 監督米沢正夫・久保文憲
  • 白百合の花 監督米沢正夫
  • 江戸姿紫頭巾 監督後藤岱山
  • 空に飛ぶ狼 監督大江秀夫
  • 無敵の渡世師 監督堀江大生
  • 辻占売の少女 監督鈴木日出男
  • 孝子五郎正宗 監督久保文憲 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[2]
4月 - 7本
  • 死の薄化粧 監督久保文憲
  • 天変二筋道 監督堀江大生
  • 嵐の孤児 監督鈴木日出夫
  • 紅騎三番隊 監督後藤岱山
  • 風流上州颪 監督大伴麟三
  • 摩天樓の顔役 監督大江秀夫
  • 侠艶竜虎の渦 監督仁科熊彦
5月 - 3本
  • 牧場の花嫁 監督鈴木日出男
  • 神変稲妻峠 監督大伴麟三
  • 護持院ヶ原の火華 監督後藤岱山 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[3]
6月 - 6本
  • 鳴子八天狗 前篇 監督後藤岱山
  • 宿命に泣く子 監督米沢正夫
  • 港離れて 監督久保文憲
  • 搦操大納言 監督堀江大生
  • 霧の中に立つ女 監督鈴木日出男
  • 謎の道化師 監督大伴麟三
7月 - 3本
  • 鳴子八天狗 飛竜篇 監督後藤岱山
  • 男伊達三度笠 監督堀江大生
  • みすめじの影に 監督鈴木日出男
8月 - 4本
  • 巷説どくろ頭巾 監督仁科熊彦・大伴麟三
  • 三原は晴れて 監督大江秀夫
  • 鳴子八天狗 京洛篇 監督堀江大生
  • 風流やくざ節 前篇 監督仁科熊彦・大伴麟三
9月 - 5本
  • 水郷の唄 監督久保文憲
  • 仮面の紅騎兵 監督堀江大生
  • 快傑荒法師 前篇 監督城戸品郎
  • 神風八幡隊 前篇 監督堀江大生
  • 風流やくざ節 後篇 監督仁科熊彦
10月 - 2本
11月 - 6本
  • 曝走する魔人 監督大江秀夫
  • 艶姿影法師 陽炎篇 監督仁科熊彦 - 一部現存、日本名作劇場が54分のDVDを発売
  • 快傑荒法師 解決篇 監督城戸品郎
  • 鳴子八天狗 完結篇 監督堀江大生
  • 街の艶歌師 監督大江秀夫
  • からくり帖鬼譚 監督後藤岱山
12月 - 2本
不明
  • 青春の秘歌 監督竹田一夫
  • 熱血健闘王 監督大江秀夫

1934年 編集

1月 - 5本
  • 艶姿影法師 蒼窓篇 監督仁科熊彦
  • 空の潜航艇 監督大江秀夫
  • 霧の地下道 監督久保文憲
  • 片仮名仁義 監督高村正次
  • 大利根の朝霧 監督後藤岱山
  • 田宮坊太郎 春風礫の剣法 監督堀江大生 - 東京国立近代美術館フィルムセンターにプリントが現存[5]

関連事項 編集

編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「御室撮影所」の記述を参照。
  2. 孝子五郎正宗、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  3. 護持院ヶ原の火華、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  4. 韋駄天数右衛門、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。
  5. 田宮坊太郎 春風礫の剣法、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年9月30日閲覧。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki