FANDOM


吉沢商店よしざわしょうてん、設立年不詳 - 1912年9月 合併)は、かつて東京に存在した日本の貿易会社映画会社である。日本最古の映画会社の一つであり、「日本初の映画専門館」と「日本初の撮影所」を開いたほか、浅草公園に「ルナパーク」を開設、日活を構成する前身4社のうち1社として映画史にその名を残す。

略歴・概要 編集

同社はそもそも、東京市京橋区南金六町(現在の東京都中央区銀座8丁目)で錦絵郵便切手などの輸出により利益を得た貿易商の河浦謙一が、新たな事業分野として幻燈機の製造販売を行っていた企業であった[1]

関西地区では稲畑勝太郎が持ち込んだ「シネマトグラフ」を別ルートで持ち込んだイタリア人技師ブランチャリーニが同社を1897年(明治30年)年1月に訪れ、これを同社は横浜市住吉町(現在の同市中区住吉町)の「港座」で関東地区初公開を行ったのが、同年3月9日であった。同社は東京・神田区「錦輝館」でも興行し、また、全国への巡回興行を始めた。1900年(明治33年)には、幻燈機同様に安価な国産映写機の製造販売を始め、さらには1903年(明治36年)には、浅草公園六区に日本初の映画専門館「電気館」をオープンした。巡回興行は同年、朝鮮半島にも及び、同地の映画導入の歴史にその名を残した[1]

1904年(明治37年)には、日露戦争に撮影隊を派遣、ドキュメンタリーフィルムを劇場公開している。派遣された撮影技師は千葉吉蔵であった。

1908年(明治41年)、東京府荏原郡目黒村大字下目黒の行人坂(現在の目黒区下目黒)に、グラスステージをもつ「日本初の撮影所」である「吉沢商店目黒行人坂撮影所」を建設、オープンした。同年、のちの映画監督枝正義郎が同撮影所に入社、創成期のカメラマン千葉吉蔵に師事した。このころ、M・パテー商会から新派劇出身の俳優関根達発が入社、藤沢浅二郎とともに同社の俳優養成所で俳優指導にあたり、多くの映画に主演したほか、専属俳優に木下吉之助らがいた。また1910年にはのちの映画監督吉野二郎が同撮影所に入社している。

1910年(明治43年)9月10日、浅草公園の「日本パノラマ館」の跡地約1,500坪(5,000平方メートル)に、娯楽施設「ルナパーク」を開く。ニューヨークコニーアイランドを模した遊園地で、写真館や物産店・飲食店、天文館、木馬館、活動館のほか、高さ50尺(約15メートル)の築山から大瀑布を落とすという派手なもので、たいへんな盛況を得るが、わずか半年後の翌1911年(明治44年)4月29日、火事によって焼失する。これにより、同社は大きな損失を被った[1]

1912年(大正元年)9月、福宝堂横田商会、M・パテー商会との4社合併で「日本活動写真株式会社」(日活)を設立した。合併後しばらくは目黒行人坂撮影所のグラスステージは使用されたが、まもなく「日活向島撮影所」が建設され、行人坂は閉鎖された。

おもなフィルモグラフィ 編集

関連事項 編集

編集

  1. 1.0 1.1 1.2 佐賀女子短期大学サイト内にある長沢雅春の論文「開化期韓国における活動写真の伝来と近代日本」の記述を参照。なお文中の「河野謙一」は「河浦謙一」の誤りである。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki