FANDOM


テンプレート:文学ワールド・オブ・ライズ』(Body of Lies)は、デヴィッド・イグネイシャスの小説、及びそれを原作とした2008年公開のアメリカ映画

アメリカでは2007年4月16日に、日本では2008年11月7日に小学館文庫より発売。

あらすじ 編集

テンプレート:節stub 世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員フェリス。一方、彼の上司はもっぱらアメリカの本部や自宅など平和で安全な場所から指示を送るベテラン局員ホフマン。そんな生き方も考え方も全く異なる彼らは、ある国際的テロ組織のリーダーを捕獲するという重要任務にあたっていた。しかし、反りの合わない2人は、フェリスがイラクで接触した情報提供者をめぐる意見でも対立。やがて、命懸けで組織の極秘資料を手に入れ重傷を負ったフェリスに、ホフマンは淡々と次の指令を出すのだった。フェリスは強引かつ非情なホフマンに不満を募らせながら、資料による情報のもと、次なる目的地ヨルダンへ向かうのだが…。

映画 編集

ワールド・オブ・ライズ
Body of Lies
監督 リドリー・スコット
脚本 ウィリアム・モナハン
製作 ドナルド・デ・ライン
リドリー・スコット
製作総指揮 マイケル・コスティガン
チャールズ・J・D・シュリッセル
出演者 レオナルド・ディカプリオ
ラッセル・クロウ
音楽 マルク・ストライテンフェルト
撮影 アレクサンダー・ウィット
編集 ピエトロ・スカリア
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2008年10月10日 アメリカ合衆国の旗
2008年12月20日 日本の旗
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アラビア語
製作費 US$70,000,000[1]
興行収入 US$115,097,286[1]
  

キャスト 編集

役名:俳優(ソフト版吹き替え)

スタッフ 編集

備考 編集

過去に『グラディエイター』など3作に渡りリドリー・スコット監督作品に出演した事があり、スコットと縁のあったラッセル・クロウは、本作においてスコットより電話で直接オファーを受けたのだが、その時の第一声は「体重を20キロ増やして欲しい」であった[2]

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Body of Lies (2008). Box Office Mojo. 2009年10月18日閲覧。
  2. 王様のブランチ」2008年12月13日放送分より

外部リンク 編集

テンプレート:リドリー・スコット監督作品 テンプレート:Movie-stub テンプレート:Lit-stubテンプレート:Link GA

ar:كتلة أكاذيب (فيلم) bg:Мрежа от лъжи da:Body of Lies de:Der Mann, der niemals lebtees:Red de mentiras fa:یک مشت دروغ fr:Mensonges d'État hu:Hazugságok hálója it:Nessuna verità nl:Body of Lies no:Body of Lies pl:W sieci kłamstw pt:Body of Lies ru:Совокупность лжи sv:Body of Lies (film) tr:Yalanlar Üstüne uk:Тіло брехні (фільм)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki