FANDOM


ロッキー5/最後のドラマ
Rocky V
監督 ジョン・G・アヴィルドセン
脚本 シルヴェスター・スタローン
製作 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
製作総指揮 マイケル・S・グリック
出演者 シルヴェスター・スタローン
タリア・シャイア
バート・ヤング
トミー・モリソン
セイジ・スタローン
バージェス・メレディス
音楽 ビル・コンティ
撮影 スティーヴン・ポスター
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー/UA=UIP
公開 1990年11月16日Flag of the United States
1990年12月7日Flag of Japan
上映時間 105分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $40,946,358Flag of the United States
前作 ロッキー4/炎の友情
次作 ロッキー・ザ・ファイナル
  

ロッキー5/最後のドラマ』(ロッキーファイブ/さいごのドラマ、Rocky V)は、1990年アメリカ映画

概要編集

ロッキー』シリーズの5作目であり、『ロッキー4/炎の友情』(1985年)の続編。

シリーズ1作目で監督を務め各方面で絶賛されたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招聘し『ロッキー』シリーズに終止符を打つ作品として制作された。しかし、結果としてはシリーズ最低の興行成績で作品の内容的にも酷評された(下記エピソードで後述)。

本作でストーリーは一応完結する形をとっており、前述の理由も重なり誰もが『ロッキー』シリーズは完結したものと認識していたが、2006年に続編映画『ロッキー・ザ・ファイナル』が制作され、同年12月20日より全米で公開された。そのせいもあってか日本の近年のDVDではタイトルの『最後のドラマ』がなくなっている。 テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

ソ連の強豪ボクサー・ドラゴを破って、アメリカに帰国したロッキー・バルボアは、会計士の不正により破産。その上度重なる激闘によりにダメージが蓄積しており、遂に引退を発表する。フィラデルフィアに帰郷したロッキーは、今は亡きミッキーのジムで白人新鋭ボクサーのトミー・ガンを育て、トレーナーとして第二の人生を歩み始めていた。そこへ現れた派手な黒人プロモーター、ジョージ・ワシントン・デュークに黒人ボクサーのユニオン・ケインとの対戦のために現役復帰を打診されるロッキーであったが、猛反対する家族との生活を優先させる。

黒人プロモーターの画策によりジムから引き抜かれたトミーは、快進撃を続け世界ヘビー級チャンピオンとなるが、かつてロッキーと共に夢と希望を抱いてトレーニングを積み重ねた心を失っていた。そして明夜、トミー対ケインのタイトルマッチが行われるが、かつて自分を育てられた恩人のロッキーを捨てたことに知った観客は不満をもたらし、トミーにブーイングをしたりヤジを飛ばすばかりであった。ケインを呆気なく撃退したトミーは新チャンピオンと名乗るが、それでも観客はブーイングをするのであった。

試合後、トミーはデュークと共にマスコミの前で新チャンピオンを名乗り出るが、「ケインはニセのチャンピオンだ」、「あの試合は八百長だ」と批難される。そのため別人のように変わってしまったトミーと路上で再会したロッキーは、トミーに試合の申し込みを侮辱しながら要求される。それを耳にした義兄・ポーリーが、逆にトミーを侮辱し殴られた事により、遂にトミーに怒りをぶつける。その戦いは周囲の人々を観衆としたストリートファイトへと発展する。そして見事勝利し、真の英雄の意地と力を見せつけた。 テンプレート:ネタバレ終了

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ビデオ版 テレビ版
ロッキー・バルボア シルヴェスター・スタローン ささきいさお 羽座間道夫
エイドリアン タリア・シャイア 松金よね子
ポーリー バート・ヤング 富田耕生
トミー・マシン・ガン[1] トミー・モリソン 菅生隆之 古田信幸
ロッキー・ジュニア セイジ・スタローン 合野琢真 亀井芳子
ミッキー・ゴールドミル バージェス・メレディス 田村錦人 千葉耕市
デューク[2] トニー・バートン 坂口芳貞 緒方賢一
ジョージ・ワシントン・デューク リチャード・ガント 池田勝
マーリン マイク・ジラード・シーハン 稲葉実
ユニオン・ケイン マイケル・ウィリアムズ 若本規夫
カレン デリア・シェパード 深見梨加 雨蘭咲木子
カーマイン神父 ポール・J・マイケル 緒方賢一

スタッフ 編集

エピソード・その他 編集

  • 前作『ロッキー4/炎の友情』に続き、第11回ラジー賞10部門中の7部門(ワースト作品賞、ワースト監督賞、ワースト主演男優賞、ワースト主演女優賞、ワースト助演男優賞、ワースト脚本賞、ワースト主題歌賞)にノミネートされるという有難くない結果を残した。今回はノミネートのみで受賞は免れたが、演技が酷評されていたスタローン以外に、1作目では絶賛されたアヴィルドセン監督、タリア・シャイア、バート・ヤングもノミネートされ有終の美を飾るというわけにはいかなかった(スタローン自身は前年に「この10年ワースト主演男優賞」を受賞し、ラジー賞からは既に「歴史に残るワースト男優」のレッテルを貼られている)。
  • 新鋭ボクサー役で出演したトミー・モリソン(Tommy Morrison)は、WBOIBCのプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンであり、当時黒人が活躍の中心であるボクシング界において「ホワイト・ホープ:白人の希望」として注目された。
  • ロッキー・ジュニア役で出演したセイジ・スタローン(Sage Stallone)は、シルヴェスター・スタローンの実子である。
  • 悪徳黒人プロモーターとして登場するジョージ・ワシントン・デューク(George Washington Duke)は、モハメド・アリマイク・タイソン等の試合をプロモートし、世界規模で著名なプロモーターのドン・キングがモデルであると言われている。ドン・キングはロッキーを育てたトレーナーとして3まで登場していたミッキーのモデルとも言われる、名伯楽カス・ダマトが激しく嫌っていたことでも有名である。

脚注 編集

  1. 普段はトミー・ガンと呼称されているが、リングではトミー・“ザ”マシン・ガン。
  2. 但し、2作品(原語版のみ)と本作だけ劇中でトニーと呼称されている。これはジョージ・ワシントン・デュークと区別するためだと思われる。

外部リンク編集

テンプレート:シルヴェスター・スタローン

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロッキー5/最後のドラマにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki