FANDOM


リーサル・ウェポン3
Lethal Weapon 3
監督 リチャード・ドナー
脚本 ジェフリー・ボーム
ロバート・マーク・ケイメン
製作 ジョエル・シルバー
リチャード・ドナー
出演者 メル・ギブソン
ダニー・グローヴァー
音楽 エリック・クラプトン
マイケル・ケイメン
エルトン・ジョン
主題歌 Runaway Train」エルトン・ジョン
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 ロバート・ブラウン
バトル・ベイヴィス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1992年5月15日 アメリカ合衆国の旗
1992年10月3日 日本の旗
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $321,731,527[1]
前作 リーサル・ウェポン2/炎の約束
次作 リーサル・ウェポン4
  

リーサル・ウェポン3』(英: Lethal Weapon 3)は1992年アメリカ合衆国で公開された作品。アクション映画。配給はワーナー・ブラザーズ

キャスト 編集

スタッフ 編集

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ ロサンゼルス市警の巡査部長・リッグス&マータフはビルの爆弾事件で失態を犯し、巡査に格下げになってしまった。パトロール中に輸送員に変装した強盗のビリーを逮捕する。しかし、取調室でビリーは何者かに殺されてしまった。内務調査部が動き出したことに不満なリッグス。ある日、若者の麻薬の取引現場を発見したリッグスは逮捕を試みるが、フルオートマチックの小銃で乱射に遭う。マータフが犯人を射殺したが、実はそれは息子の友達であった。未成年の銃事件とビリーを調べるうちにある人物が浮き出てくる。

日本語吹き替え 編集

ビデオ・DVD版 テレビ朝日
リッグス 安原義人 磯部勉
マータフ 坂口芳貞 池田勝
ローナ 高島雅羅 勝生真沙子
レオ 青野武 樋浦勉
トラヴィス 池田勝 有川博
マーフィ部長 吉水慶 塚田正昭
デロリス さとうあい
トリッシュ 磯辺万沙子 竹口安芸子
リアン 引田有美 湯屋敦子
ニック 堀内賢雄 桜井敏治
キャリー 岡村明美 かないみか
タイロン 郷里大輔
ダリル 鳥海勝美
翻訳 宇津木道子
演出 蕨南勝之
調整 山田太平
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ ムービーテレビジョン

小ネタ 編集

エンディング・ロール開始直後、またもビル爆弾事件が発生、急行したリッグスとマータフ。しかしエンドロール後、現場に着いた途端ビルが爆発。また自分たちのせいにされては敵わんと、その場から逃げ去る。

劇中に登場する特殊徹甲弾「コップ・キラー」は、防弾チョッキはおろかブルドーザーのブレード部をもきれいに貫通する威力を誇るが、現時点において、炸薬量に限界のある通常サイズの拳銃弾(劇中では9mm口径用)にここまでの貫通力を持つ物は存在せず、あくまでもフィクションの産物である(一部の防弾チョッキを貫通可能な拳銃弾は存在する)。ただし終盤でのブルドーザーに対する銃撃シーンを見る限り、「コップ・キラー」自体が優れているというよりも、威力が落ちない近距離での銃撃に起因するとも受け取れる。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Lethal Weapon 3 (1992) (英語). Box Office Mojo. 2010年2月16日閲覧。


テンプレート:リチャード・ドナー監督作品bs:Smrtonosno oružje 3 ca:Arma letal 3 de:Brennpunkt L.A. – Die Profis sind zurückes:Lethal Weapon 3 et:Surmarelv 3 fi:Tappava ase 3 fr:L'Arme fatale 3 hr:Smrtonosno oružje 3 hu:Halálos fegyver 3 it:Arma letale 3 nl:Lethal Weapon 3 pl:Zabójcza broń 3 pt:Lethal Weapon 3 ru:Смертельное оружие 3 sr:Смртоносно оружје 3 sv:Dödligt vapen 3

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki