FANDOM


リーサル・ウェポン
Lethal Weapon
監督 リチャード・ドナー
脚本 シェーン・ブラック
製作 リチャード・ドナー
ジョエル・シルバー
製作総指揮 ヴィッキー・ディー・ロック
出演者 メル・ギブソン
ダニー・グローヴァー
音楽 マイケル・ケイメン
エリック・クラプトン
撮影 スティーヴン・ゴールドブラッド
編集 スチュワート・ベアード
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1987年3月6日 Flag of the United States
1987年6月13日 Flag of Japan
上映時間 110分
117分(ディレクターズカット版)
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000 (概算)
興行収入 $65,207,127[1] Flag of the United States
$120,207,127[1] Newworldmap
次作 リーサル・ウェポン2/炎の約束
  

リーサル・ウェポン』(Lethal Weapon)は、1987年アメリカ映画アクション映画

ワーナーブラザーズ配給。1987年3月6日アメリカ公開。上映時間110分(ディレクターズカット版は117分)。英語。製作費1500万ドル。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ ロサンゼルス市警の麻薬課から、戦いの最前線に荒々しい捜査ぶりで殺人課に異動してきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)。リッグスは、妻が交通事故死したことをひきずっており、死を欲しているかのような狂気じみた行動をとる問題刑事である。

リッグスとコンビを組まされることになったロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)は50の坂にかかろうとするLA市警のベテラン刑事。ふたりは、反発しあいながらも、LAの麻薬組織と戦うことになる。

捜査の過程でマータフの娘が犯罪組織の人質となるが、リッグスは激しい銃撃戦の中、無表情で次々と敵を撃ち倒していく。

解説 編集

リーサルウェポンとは、直訳すれば「致命的な武器」という意味で通常「凶器」と訳されるが、ここでは「人間兵器」を意味し、マータフが作品の冒頭で「危ない男」リッグスにつけたあだ名である(時折、「最終兵器」と誤訳される事があるが、最終兵器はどちらかというと”Ultimate Weapon”が近い)。反発しあいながらも、犯罪組織とともに戦うリッグスとマータフの中には、コメディタッチな描写や、マータフの家族との触れ合いを描いた人間的ドラマもあり、徐々にふたりのパートナーシップが築かれていく過程が描かれている。 劇場公開には含まれないが、エンディングは2バージョン撮影されており、二人がパートナーを解消した形でエンディングを迎えるバージョンもある。続編の4のDVDに収録されているが、もしこのエンディングが採用された場合は、続編は作られなかったことになる。

全編を通して、爆発シーン・カーチェイス・銃撃戦など、ハードアクションが多い。リッグスの愛用する銃はベレッタM92、敵の麻薬組織から奪って乱射するサブマシンガンH&K MP5で、奇しくも、この作品から少し遅れて作られ、このシリーズと並んで1980年代後半から1990年代を代表するアクション映画となった『ダイ・ハード』のマクレーン刑事が使用していたのと同じ銃とサブマシンガンである。M92はLAPDの正式採用銃だが、リッグスの物は特別製となっている。

シリーズ化された第2作以降でその傾向が強くなるコメディ的要素やバディ・ムービー的要素が本作品でも見られるが、後の作品と比べて本作は暗く、リッグスの自殺願望のある狂った男という面がかなり押し出されている。リッグスは自殺用に特殊な弾丸を持ち歩いており、日本語字幕や日本語吹き替え版では単に「自殺用の弾丸」となっているが、オリジナルの英語版では「ホローポイントを(実際映像に映っているのはフルメタルジャケット弾)持っている」と言っている。なお、彼の自殺願望の原因となった妻の死には実は陰謀が隠されていたことが、第2作で明らかになる。

銃の構え方について、マータフ役のダニー・グローヴァーはなかなか様になっているが、メル・ギブソンは構え方が若干おかしいとの指摘がある。

本作におけるリッグスの格闘技術は、殴る・蹴るに加えて関節技にも重点を置いており、格闘技的な視点からはリアルなもの(実際の特殊部隊における使用の有無ではなく、技術の再現という意味合いにおいて)となっている。ただ、現実の格闘技においてもそうであるように、関節技は“視覚的に派手で分かり易いもの”にはなりにくく、2作目以降ではシンプルな殴る・蹴るがメインであり、その技術も「カラテ」の一言で片付けられるような扱いとなっている。なお、本作のアクションシーンはホリオン・グレイシーが指導を行っている。 テンプレート:ネタバレ終了

スタッフ 編集

キャスト 編集

俳優 日本語吹替
火曜ロードショー[2] 日曜洋画劇場[3]
マーティン・リッグス メル・ギブソン 鈴置洋孝 磯部勉
ロジャー・マータフ ダニー・グローヴァー 田中信夫 池田勝
ジョシュア ゲイリー・ビジー 秋元羊介 金尾哲夫
将軍 ミッチェル・ライアン 中庸助 小林修
マイケル・ハンサカー トム・アトキンズ 加藤正之 小島敏彦
トリッシュ ダーリン・ラヴ 火野カチコ 火野カチコ
リアン トレイシー・ウォルフ 井上喜久子 渕崎ゆり子
アマンダ・ハンサカー ジャッキー・スワンソン (台詞なし) (台詞なし)

日曜洋画劇場バージョンはBlu-ray リーサル・ウェポン コレクションに収録。

続編 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Lethal Weapon (1987) (英語). Box Office Mojo. 2010年2月16日閲覧。
  2. 初放送 1988年12月13日(火)TBS火曜ロードショー
    プロデューサー:上田正人、翻訳:宇津木道子、演出:福永莞爾、制作:東北新社・TBS
  3. 初放送 1997年3月23日(日)テレビ朝日日曜洋画劇場』 21:02-22:54
    制作:ムービーテレビジョンスタジオ、翻訳:武満真樹、演出:蕨南勝之、調整:山田太平、プロデューサー:圓井一夫・山川秀樹


テンプレート:リチャード・ドナー監督作品bs:Smrtonosno oružje ca:Arma letal da:Dødbringende våben de:Lethal Weapon – Zwei stahlharte Profises:Lethal Weapon fi:Tappava ase fr:L'Arme fatale hr:Smrtonosno oružje hu:Halálos fegyver it:Arma letale nl:Lethal Weapon no:Dødelig våpen pl:Zabójcza broń pt:Lethal Weapon ru:Смертельное оружие sr:Смртоносно оружје sv:Dödligt vapen tr:Cehennem Silahı vi:Vũ khí tối thượng

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki