FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、アメリカ映画の『ランボー』シリーズについて説明しています。
ランボー
(ファースト・ブラッド)
First Blood
監督 テッド・コッチェフ
脚本 マイケル・コゾル
ウィリアム・サックハイム
シルヴェスター・スタローン
製作 バズ・フェイシャンズ
製作総指揮 マリオ・カサール
アンドリュー・G・ヴァイナ
出演者 シルヴェスター・スタローン
リチャード・クレンナ
ブライアン・デネヒー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 アンドリュー・ラズロ
編集 ジョアン・E・チャップマン
配給 オライオン・ピクチャーズ
東宝東和
公開 1982年10月22日アメリカ合衆国の旗
1982年12月18日日本の旗
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $47,212,904アメリカ合衆国の旗
次作 ランボー/怒りの脱出
  

ランボー(原題:First Blood)は、1982年のアメリカのアクション映画である。

テンプレート:ネタバレ

解説 編集

『ランボー』シリーズの第一作で、ディヴィッド・マレルの処女出版小説『一人だけの軍隊』の映画化作品。社会から孤立したベトナム帰還兵ランボーと、たまたま街を訪れた流れ者というだけでランボーを排除しようとした保安官との戦いを通して、「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれている。

本作はその結末と、ランボーに直接殺害された犠牲者が皆無である点が、原作と大きく異なっている。また、原題は「最高の兵士」を意味する“First Blood”だったが、日本では公開にあたり、配給元の東宝東和によってタイトルが『ランボー』に改められた。これは本国アメリカでも受け入れられ、以降シリーズの題名は“RAMBO”に変更、第一作である本作も“RAMBO”或いは“RAMBO:FIRST BLOOD”というタイトルで世界的に知られている。

当時のアメリカでは、ベトナム戦争やベトナム帰還兵に対する反発が未だ根強かったため、米国での興行収入は4721万2904ドルと中規模のヒットに留まった(同年のスタローン主演作『ロッキー3』は1億2504万9125ドル)。これにより、続編以降は単純な戦争アクション映画へと内容が変化してゆく。

原作のランボーはトラウトマンによって射殺されるが、映画では投降し生き延びる。映画でも当初はトラウトマンに射殺される予定で、そのシーンの撮影も行われたが、モニター試写の結果が不評であり、また続編の想定もあったため、そちらは不採用となった。現在、射殺されるエンディングは特典映像として収録され、『ランボー/最後の戦場』ではランボーの夢の中でそのシーンが一瞬登場している。

あらすじ 編集

ベトナム時代の戦友をたずねて山間の田舎町を訪れた、ベトナム帰還兵ジョン・ランボー。しかし戦友は、戦争で浴びた化学兵器の後遺症でを患い、既にこの世を去っていた。戦友宅を辞去し、食事をとるため街へ入ったランボーに、保安官ティーズルが声をかける。ティーズルはランボーがトラブルを起こしそうな身なりや顔つきだと見るや、街を出ていけと高圧的な態度で告げ、ランボーをパトカーに乗せて市街地の外れへと追い出した。それでも来た道を戻り街へ入ろうとするランボーを、ティーズルは浮浪罪とサバイバルナイフ所持で逮捕し保安官事務所へと連行する。

事務所の取調室に入れられたランボーに、ベトナム時代に囚われの身になった時の事がフラッシュバックする。取調べにあたる保安官達はフラッシュバックにより沈黙するランボーに対し、取り調べに協力的でないとして高圧的に接し、拷問じみた嫌がらせを行う。そしてランボーの髭を剃ろうと羽交い絞めにし、シェービングクリームもつけずにその顔へ剃刀を近づけた瞬間、ランボーの脳裏に、かつてベトナムで受けた拷問の様子が鮮烈に蘇ってきた。その場にいた保安官全員を素手で叩きのめし、ランボーは没収されたナイフを奪い返して山中へと逃走する。

ティーズルは部下を率いて山狩りを開始し、絶壁まで追い詰める。しかしヘリに乗っていた狙撃手が独断でランボーの殺害を図り、身を守ろうとしたランボーの攻撃によってヘリから転落し、命を落とした。これは事故だ、彼を殺す意志はなかったと戦闘の停止を呼びかけるランボーに対し、ティーズル達は仇討ちとばかりに発砲。これをきっかけにランボーは反撃へと転じ、グリーンベレー仕込みのゲリラ戦で保安官達を一人ずつ倒し、最後に残ったティーズルの喉元にナイフを突き付けて「この山では俺が法律だ」と言い残し、山奥へと姿を消した。

ティーズルが麓へ戻ると、州警察によって組まれた対策本部へ、国防総省からトラウトマン大佐が派遣されてきた。ランボーのベトナム時代の上官である大佐は、ゲリラ戦においてランボーがどれだけ優秀な兵士であるかを語り、被害を最小限に抑えるため、一旦ランボーから手を引いて山から下ろし、別の街へ移動したところを改めて逮捕することを提案する。しかしティーズルは自分の手でランボーを捕えることに固執し、大佐の案を聞き入れない。ランボーを説得するため、大佐はベトナム時代のコールサインを使って無線で呼び掛ける。だがランボーは、先に仕掛けてきたのは保安官達だと告げ、投降の意思がないことを明確に表わした。

夜が明け、ランボーがねぐらにしていた廃坑を、州兵が包囲する。戦闘慣れしていない州兵たちはランボーの戦闘力に恐怖し、ティーズルが生け捕りにしろと言うのも聞かず、坑道にロケットランチャーを撃ちこんでランボーを生き埋めにしてしまった。跡形もなく崩れ落ちた廃坑を見て、州兵、州警察、ティーズルは、ランボーの死を確信する。しかしランボーは生きていた。坑道の暗闇の中をひたすら進み、出口を見つけて地上へと脱出、そして州兵のトラックとM60機関銃を強奪し再び街へと姿を現した。

ガソリンスタンドを爆破して街の注意をそちらに向けた後、保安官事務所の電源を断って近所の銃砲店を破壊し、事務所に乗りこむランボー。ティーズルは天井の吹き抜けに潜んで待ち伏せていたが、狙撃に失敗して機関銃の反撃を受け、瀕死の重傷を負った。とどめを刺そうとするランボーの前に、大佐が現れる。周囲は完全に包囲され、もう助かる見込みはない。投降しろ。もう戦いは終わった。そう告げる大佐に、ランボーは「まだ終わっちゃいない!戦争は続いている!」と絶叫。そしてその口から、戦争終結から7年経った現在でも続くトラウマと悲劇が語られる。

戦争に負けて帰還した時に浴びせられた反戦デモの罵声。ベトナムの戦場には助け合える友人がたくさんいたのに、本土では誰も助けてくれない。100万ドルの兵器を使いこなした歴戦の勇士でも、本土では駐車場の警備員の仕事にすら就けない。そして今なお悪夢として自分を苛む、親友の無惨な戦死。ランボーはまるで子供のように泣きじゃくり、凄惨な事件の背後にある悲劇を知った大佐は、ただランボーをその胸に抱きとめてやることしか出来なかった。

そしてランボーは投降。救急車で搬送されるティーズルを横目に大佐の手で連行されていき、事件は終結した。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ版1 TBS版 フジテレビ版 テレビ朝日版 日本テレビ版2
ジョン・ランボー シルヴェスター・スタローン 渡辺謙 羽佐間道夫 銀河万丈 ささきいさお 玄田哲章
トラウトマン大佐 リチャード・クレンナ 内田稔 小林昭二 阪脩 内田稔 小林修
ティーズル保安官 ブライアン・デネヒー 石田太郎 石田太郎 池田勝 石田太郎 内海賢二
翻訳:額田やえ子
翻訳:額田やえ子
翻訳:鈴木導
  • テレビ朝日版:1995年3月26日(日)テレビ朝日『日曜洋画劇場』 ※DVD収録
翻訳:平田勝茂
翻訳:平田勝茂

スタッフ 編集

  • 監督 - テッド・コッチェフ
  • 製作 - バズ・フェイシャンズ、シルヴェスター・スタローン
  • 製作総指揮 - マリオ・カサール、アンドリュー・G・ヴァイナ
  • 原作 - デイヴィッド・マレル
  • 脚色 - シルヴェスター・スタローン、マイケル・コゾル
  • 撮影 - アンドリュー・ラズロ
  • 音楽 - ジェリー・ゴールドスミス
  • 主題歌 - ダン・ヒル「It's long road」
  • 提供 - カロルコ映画

エピソード 編集

  • 原題の“First Blood”とは、オットー・フォン・ビスマルク鉄血政策に由来する用語である。また劇中では、保安官達が先に仕掛けてきたと語る場面で“draw the first blood”という台詞が用いられている。
  • 当初ランボー役はスティーブ・マックイーンに打診され、本人も出演に意欲的だった。しかし、マックイーンの年齢がベトナム帰還兵を演じるには高齢であったことなどから、やむなくスタローンへと変更された。また、トラウトマン大佐役は当初カーク・ダグラスに依頼されたが、ダグラスは内容を知ってこれを辞退している。
  • 本作では、主役のスタローン自ら多くの危険なスタントをこなした。崖から落ちるシーンでは肋骨など4箇所を骨折、右腕の傷を自分で治療するシーンでは、撮影中に負った実際の傷を自ら縫っている。また、本作撮影後にはスタローンが入院したため、自身が監督を務めたロッキー3の編集作業が遅れ、劇場公開の延期を余儀なくされた。
  • 本作に登場する重火器は全てが実銃で、その多くはFBISWATから借用したものだった。撮影中、これらの武器は厳重な管理下に置かれたが、それにも関わらず国際的な武器密輸組織によって盗まれ、アメリカのマスコミを騒がせる事件となったという[1]
  • スタローンが無名の頃に主演したコメディ映画が、後に再編集され『レインボーと呼ばれた男』(A Man Called... Rainbo) と改題されリリースされている。内容は、過激派学生のスタローンが警察に追われる、本作のセルフ・パロディ。
  • 2006年10月には、平和からパチンコ台「CRランボーEJ」「CRランボーES」「CRランボーMK」と、スペックの異なる3機種がリリースされた。
  • 1987年ニカラグアダニエル・オルテガ大統領が国連総会で、自国の反政府武装勢力などを支援しているアメリカを非難するなかで「ランボーは映画の中にしかいない」と発言している。[2]ちなみに、劇中トラウトマン大佐がランボーの戦友の名前を挙げるなかに、オルテガという人物がいるが、これは全くの偶然である。
  • エネミーライン3の中で、コロンビア軍特殊部隊の隊員が「お前らアメリカ人はランボー気取りだ」と言うシーンがある

続編 編集

脚注 編集

  1. ランボー (日本語). 2010年8月23日閲覧。 - 東宝・出版事業室による映画パンフレットより
  2. http://newsweekjapan.jp/stories/world/2009/09/10-2.php 2010年10月20日閲覧

テンプレート:ランボー テンプレート:シルヴェスター・スタローン

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はランボーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki