FANDOM


ユー・ガット・メール
You've Got Mail
監督 ノーラ・エフロン
脚本 ノーラ・エフロン
デリア・エフロン
製作 ノーラ・エフロン
ローレン・シュラー・ドナー
製作総指揮 ジュリー・ダーク
G・マック・ブラウン
デリア・エフロン
出演者 トム・ハンクス
メグ・ライアン
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ジョン・リンドレイ
編集 リチャード・マークス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 テンプレート:旗アイコン 1998年12月18日
テンプレート:旗アイコン 1999年2月11日
上映時間 119分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 6500万ドル[1]
興行収入 $250,821,495[1]
  

ユー・ガット・メール』(You've Got Mail)は1998年公開のアメリカ映画。 インターネットで知り合った名前も知らない男女がメールのやり取りをしながらお互いに惹かれ合っていくロマンティック・コメディ

この映画は1940年に製作されたエルンスト・ルビッチ監督の『街角/桃色(ピンク)の店』のリメイク作品。時代を反映して元映画の「手紙で文通」の設定が「インターネットでメール」に置き換えられた。

脚本・監督のノーラ・エフロン、主演のトム・ハンクスメグ・ライアン1993年公開の『めぐり逢えたら』と同じ顔合わせ。

ストーリー 編集

ニューヨークの片隅で、母親の代から続く老舗の小さな絵本屋を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)。彼女には同棲している恋人がいるがインターネットで知り合ったスクリーンネーム「NY152」の彼とのメールのやり取りに夢中。

そんなとき、キャスリーンの店のすぐ側に大手チェーンの大型書店が開店。このままではキャスリーンの店は潰されてしまう。実はこの大型チェーン会社の御曹司・ジョー(トム・ハンクス)こそが「NY152」の彼だった。キャスリーンとジョーは実生活では商売敵として顔を合わせれば喧嘩ばかり。だけど家に帰れば「Shopgirl」と「NY152」として、その日にあった事をメールで報告したり、お互いを励まし合う間柄に。メールを通じて、ふたりはますます惹かれ合っていく。お互い相手の正体に気付かぬまま…。

映画では、ふたりは急接近、恋に落ちるというハッピーエンドを迎えるのに対して、原作では絵本屋を裏切り金持ちの男と一緒になったとして、同僚から大バッシングの末、大型書店の開店と同時にフラれてしまうというバッドエンドとなっている。

スタッフ 編集

出演 編集

テンプレート:節stub

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD・BD版 フジテレビ
ジョー・フォックス トム・ハンクス 井上和彦 江原正士
キャスリーン・ケリー メグ・ライアン こおろぎさとみ 水谷優子
フランク・ナバスキー グレッグ・キニア 宮本充 堀内賢雄
パトリシア・イーデン パーカー・ポージー 林佳代子 一城みゆ希
バーディ・コンラッド ジーン・ステイプルトン 島美弥子 京田尚子
ジョージ・パパス スティーヴ・ザーン 村治学 高木渉
クリスティーナ・プラッカー ヘザー・バーンズ 松熊明子 鈴鹿千春
ネルソン・フォックス ダブニー・コールマン 有本欽隆 池田勝
スカイラー・フォックス ジョン・ランドルフ 塚田正昭 石森達幸
ケビン・スキャンロン デーヴ・チャペル 秋元羊介
アナベラ・フォックス ハリー・ハーシュ 今津朋子 川田妙子
ジリアン・クイン カーラ・シーモア 佐藤しのぶ 金野恵子
モーリーン ケイト・フィネラン 津田真澄
チャーリー マイケル・バダルコ 天田益男
ミランダ・マルグリース ビーネ・コックス 姉崎公美
セーラ・マンシーニ アン・フルーカス 鈴木紀子
シドニー・アン ジェーン・アダムズ※ノンクレジット 増田ゆき

サウンドトラック 編集

主に1960年代~1970年代の楽曲を使用していたが、キャロル・キングが書き下ろしの新曲を用意したのも話題になった。

曲目 編集

  1. "The Puppy Song" — ハリー・ニルソン
  2. "Dreams" — クランベリーズ
  3. "Splish Splash" — ボビー・ダーリン
  4. "Dummy Song" — ルイ・アームストロング
  5. "Remember" — ハリー・ニルソン
  6. "Dream" — ロイ・オービソン
  7. "Rockin' Robin" — ボビー・デイ
  8. "Lonely at the Top" — ランディ・ニューマン
  9. "Signed Sealed Delivered, I'm Yours" — スティーヴィー・ワンダー
  10. "I Guess the Lord Must Be In New York City" — シネイド・オコナー
  11. "Over the Rainbow" — ハリー・ニルソン
  12. "Anyone at All" — キャロル・キング
  13. "I'm Gonna Sit Right Down and Write Myself a Letter" — ビリー・ウィリアムズ
  14. "Suite from "You've Got Mail"" — ジョージ・フェントン
  15. "You Made Me Love You" — ジミー・デュランテ

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 1.0 1.1 You've Got Mail (1998). Box Office Mojo. 2010年1月1日閲覧。

関連項目 編集


テンプレート:ノーラ・エフロン監督作品ar:لديك بريد (فيلم) az:Sizə məktub var (film, 1998) ca:Tens un e-mail de:E-m@il für Diches:You've Got Mail fr:Vous avez un message he:יש לך הודעה it:C'è posta per te la:You've Got Mail nl:You've Got Mail no:Du har m@il pl:Masz wiadomość pt:You've Got Mail ru:Вам письмо (фильм) sv:Du har mail tr:Mesajınız Var uk:Вам лист

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki