FANDOM


ミッション:インポッシブル
Mission: Impossible
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・コープ
ロバート・タウン
製作 トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
製作総指揮 ポール・ヒッチコック
出演者 トム・クルーズ
ジョン・ヴォイト
エマニュエル・ベアール
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 ポール・ハーシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント
日本の旗 パラマウント/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年5月22日
日本の旗 1996年7月13日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $180,981,856[1]
世界の旗 $457,696,359[1]
次作 M:I-2
  

ミッション:インポッシブル』(Mission:Impossible)は1996年アメリカ映画

概要 編集

日本でも人気を博したアメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』の映画化作品であるが、映画の邦題は原題のままにされている。テレビシリーズではピーター・グレイブスが演じたジム・フェルプスというキャラクターは、映画ではジョン・ヴォイトが演じている。

主演のトム・クルーズはこの作品で初めて映画プロデューサーに挑戦し、自ら監督を選んでいる。クルーズ/ワグナー・プロダクション(1992年設立)の第1回作品。2000年には続編『M:I-2』が、2006年には『M:i:III』が公開されている。アメリカでは2011年5月27日に『M:I-4』が公開予定となっている。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ アメリカの極秘スパイ組織IMF(Impossible Mission Force:不可能作戦班)は公にできない活動に従事している。ジム・フェルプス率いるチームが、盗まれたCIA情報員のリストを奪回するというプラハでの作戦中、イーサン・ハントを除くメンバー全員が次々と殺されてしまった。

生き残ったイーサンはCIAのキトリッジと会うが、この作戦はIMF内部にいると見られる密告者を探し出すのが目的だったと聞かされる。生き残ったイーサンに疑いがかかり、その疑惑を晴らすため、フェルプスの妻でもう一人の生き残りであるクレアと共にIMF内部の裏切者を探す。

備考 編集

TVシリーズとは大幅に内容が異なる。

  • TVシリーズではジムが当局から指令を受けて、作戦を立て、メンバーを選び、作戦を遂行していた。『ミッション・インポッシブル』では当局から指令を受けた時、当局がメンバーやリーダーまで決めていた。
  • 指令を受ける際の連絡装置は、初代TVシリーズでは超小型オープンリールテープ、新TVシリーズではジムの指紋を読み取って起動するポータブル・デジタルディスク・プレーヤーだったが、『ミッション・イッポッシブル』では飛行機の座席のTVモニターと繋がっているビデオに連絡員が渡したビデオテープを挿入し、音声はイヤホンで聞くもの。なお、続編のM:I-2ではサングラス、M:i:IIIでは使い捨てカメラである。

しかしその反面、オープニングテーマや映像の演出がTVシリーズと同じという共通点もある。ただ、続編のM:I-2やM:i:IIIではオープニングテーマはそれぞれアレンジされている。特にM:I-2ではいかにもジョン・ウー監督作品らしいアップテンポな曲になっている。

スタッフ 編集

テンプレート:節stub

キャスト 編集

日本語吹替 編集

役名 日本語吹き替え
ビデオ・DVD フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」 テレビ朝日「日曜洋画劇場」
イーサン 鈴置洋孝 小杉十郎太 森川智之
ジム 山野史人 羽佐間道夫 小林勝彦
クレア 紗ゆり 日野由利加 渡辺美佐
ジャック 荒川太郎 堀内賢雄 佐久田修
サラ 滝沢久美子 幸田直子 佐藤しのぶ
ハンナ 榎本智恵子 小林優子 内田藍維
クリーガー 池田勝 大塚明夫 佐々木勝彦
ルーサー 島香裕 宝亀克寿
マックス 翠準子 沢田敏子
キトリッジ(=指令の声) 樋浦勉 小川真司 (指令の声:大平透 江原正士
マックスの手下 神谷和夫 中田和宏
ウィリアム 田原アルノ 小室正幸
ニュースキャスター 西村知道
フライトアテンダント 榎本智恵子
翻訳 木原たけし 松崎広幸
演出 伊達康将
調整 荒井孝 栗林秀年
効果 リレーション サウンドボックス
制作 東北新社
  • フジテレビ版「ゴールデン洋画劇場」版 初放送1999年10月9日 21:00-23:09

3バージョンとも、吹替え演出は『新スパイ大作戦』と同じ伊達康将。木原たけしのビデオ版ではコンピュータ用語の訳が若干古い。イーサンがチェコから本部に電話する際の盗聴を気にした一連の台詞も的確に訳されていない。
テレビ版は2つともカットがあり、冒頭にあるキエフの尋問シーンでは作品と無関係の音楽が充てられている。これは、ロシア語で話される尋問の台詞を日本語に置き換えてしまった事が原因とみられる。フジテレビ版では言語でキトリッジの声そのままであった指令の声として、TVシリーズの大平透を起用している。テレビ朝日版はエンディングもカットし(イーサンが困惑する最後の場面に"to be continued"というテロップが現れ、テーマ曲の最後の部分が流された)、U2がアレンジしたテーマ曲も聴かれなくなっている。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Mission:Impossible (1996) (英語). Box Office Mojo. 2010年2月9日閲覧。

関連項目 編集

  • モーフィング イーサンが変装マスクを脱ぐカットで使用。
  • CIA シリーズを通して、最も諜報機関として強調している。

外部リンク 編集

テンプレート:ミッション:インポッシブル テンプレート:ブライアン・デ・パルマ監督作品

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はミッション:インポッシブルにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki