Fandom

IMDb Wiki

マッドマックス/サンダードーム

< マッドマックス

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
マッドマックス/サンダードーム
Mad Max Beyond Thunderdome
1400174195.jpg
監督 ジョージ・ミラー
ジョージ・オギルヴィー
脚本 ジョージ・ミラー
テリー・ヘイズ
製作 ジョージ・ミラー
ダグ・ミッチェル
テリー・ヘイズ
出演者 メル・ギブソン
ティナ・ターナー
音楽 モーリス・ジャール
編集 リチャード・フランシス=ブルース
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 日本の旗 1985年6月29日
アメリカ合衆国の旗 1985年7月10日
オーストラリアの旗 1985年8月8日
上映時間 107分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 AUD 12,000,000 (概算)
興行収入 US$36,230,219[1] アメリカ合衆国の旗
前作 マッドマックス2
次作 マッドマックス/フューリーロード
  

マッドマックス/サンダードーム』(原題: Mad Max Beyond Thunderdome)は、1985年公開のオーストラリアの映画作品。前作『マッドマックス2』のヒットを受けて製作されたシリーズ第3作で、完結編(ただし2012年に4作目が制作される予定である)。

作品解説 編集

本作はソウルの大御所ティナ・ターナーを起用するなど、ハリウッドと大きくコミットメントした作品である。

1983年には『マッドマックス2』の副題だったロード・ウォリアーから影響受けたと思われるロード・ウォリアーズがデビュー、人気を得たことも影響してか本作ではタイトルにあるとおりサンダードームと呼ばれる金網リングでの試合が見所となっている。また、前作の野生児が好評だったためか野生児が集まって暮らす集落が登場するなど、前作およびそこから影響を受けたであろう要素を多く汲み取ったと思われる。一方でカーアクションの割合は減り、機関車と改造バギーのチェイスが観られる程度である。

メインスタッフについては、これまでジョージ・ミラーと共にマッドマックスシリーズを創りあげてきたプロデューサーのバイロン・ケネディと音楽のブライアン・メイが相次いで急死。音楽は当初、ジョルジオ・モロダーが担当するはずだったが、モーリス・ジャールに交代した。映画の締め括りには「バイロンに捧ぐ」とのテロップが流れる。

ストーリー 編集

核戦争を経験した荒野をさすらうマックスは、航空機を操る謎の親子連れに乗り物や装備を奪われる。

徒歩でたどり着いた“バータータウン”は、物々交換で成り立つ街だった。街の支配者であるアウンティに腕前を買われたマックスは、自分の持ち物を取り戻すべく、全ての問題を解決するために設けられたステージ“サンダードーム”にて、街の裏の支配者であるマスター・ブラスターと戦うことになる。

出演 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ版
マックス メル・ギブソン 岡本富士太
アウンティ・エンティティ ティナ・ターナー 沢田敏子
ザ・マスター アンジェロ・ロシット 永井一郎
ディールグッド エドウィン・ホッジマン 大塚周夫
アイアンバー アングリー・アンダーソン 若本規夫
ピッグキラー ロバート・グラッブ 納谷六朗
サバンナ・ニックス ヘレン・バディ 玉川紗己子
スレイク トム・ジェニングス[2] 古谷徹
ブラックフィンガー ジョージ・スパーテルズ 谷口節
ザ・コレクター フランク・スリング 今西正男
ジェデダイア ブルース・スペンス キートン山田
ジェデダイアJr. アダム・コックバーン 堀絢子
スクルールーズ ロッド・ズァニック
ザ・ブラスター ポール・ラーソン
採集民 キャサリン・カレン
役不明又はその他 伊井篤史
坂本千夏
伊藤美紀
松井菜桜子
西尾巧
荒川太郎
大谷育江
山田妙子
近藤玲子
鈴木祐子
翻訳 平田勝茂
演出 加藤敏
効果 リレーション
制作 東北新社
初回放送 放送日不明
『ゴールデン洋画劇場』

スタッフ 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki