FANDOM


マグノリア・ピクチャーズ (Magnolia Pictures) は、アメリカ合衆国の映画配給会社。

トッド・ワグナーマーク・キューバンの所有する2929エンターテインメントの子会社で、2001年ビリー・バノウスキとイーモン・ボウルズによって設立された。海外の映画や自主映画の配給に特化している。また、これらのジャンル以外にも、マグノリア・レーベルという海外のアクション映画に特化した系列レーベルもある。映画のリリースの最初の1週間はこの会社で配信される映画はキューバンの所有するケーブルテレビ局HDNetで放送されることが多い。

配給作品 編集

『ぼくのエリ 200歳の少女』の英語版字幕に関する問題編集

2009年3月、マグノリア・ピクチャーズが『ぼくのエリ 200歳の少女』のDVDとBlu-Rayを北米でリリースした際、 北米版では原語版音声と英語吹き替え版が収録されていた一方、ヨーロッパ版は原語版と英語による解説が収録されていただけだった。 Icons of Fright は、北米版が劇場版とは異なる字幕を使用していたことを報じた[4]。出所のはっきりしていないこの字幕は、会話の簡略化や誤訳が数多く見受けられ、ファンは不満を募らせた。DVD視聴者からの苦情を受け、マグノリア・ピクチャーズは、劇場版に手を加えた改良版を出すが、現在出回っているディスクとの交換をするわけではないと発表した。 2009年11月現在、DVDには劇場版字幕が収録されているが、Blu-Ray版ではそのようなことがない[5] 。この映画を監督したトーマス・アルフレッドソンは、この字幕問題に関して失望しており、問題の字幕をひどい字幕("turkey translation")と評した上、「もしこれを見たら、あまりの質の低さにみんな苛立つだろう」と話した[6]

なお、イギリス版には、きちんと劇場版字幕が収録されている。


脚注 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki