FANDOM


マキノトーキー製作所(-せいさくしょ1935年11月 設立 - 1937年4月 解散)は、かつて京都に存在した映画会社である。当時27歳の映画監督マキノ正博が、自ら開発した録音機材を投入して設立した初期のトーキー映画のプロダクションであり、1936年9月に組織変更しマキノトーキー株式会社となったが、短命に終わった。

略歴・概要 編集

前史 技術開発者マキノ 編集

マキノの父・牧野省三は早くからトーキーに取り組んでおり、マキノ・プロダクション時代の1929年(昭和4年)にはディスク式トーキー作品『戻橋』(監督マキノ正博)を製作、全国的なヒットを生んだが、興行の現場では映写技師がシンクロに苦労し、苦情が殺到していた[1]

1931年(昭和6年)に松竹が「国産初のトーキー映画」とされる『マダムと女房』(監督五所平之助)を発表、翌1932年(昭和7年)から松竹、日活月形陽候プロダクション片岡千恵蔵プロダクション新興キネマ新映画社音映の各社が数本ずつのオール・トーキー、サイレント映画にトーキー部分を織り込んだパート・トーキー、サイレントに音楽や活弁を収録したサウンド版を製作しはじめた[1]

1933年(昭和8年)、マキノ正博は、亡くなった父・省三の代からの横田永之助との確執から日活を馘首された。これからはトーキーだと確信していたマキノは、退職金の2,000円(当時)の半分を握って上京、日本国粋会太田進一率いる牛込区神楽坂(現在の新宿区神楽坂)の音映で、同社の技術スタッフたちとともに録音・撮影機材の研究・開発に没頭した。新機材を開発したマキノは、音映の京都支社を新設して、録音技師として各社の下請けをし、録音技術の研鑽を積んだ[1]

1935年(昭和10年)、神戸千鳥興業の専務取締役宗田政雄が京都のマキノを訪れ、「月間トーキー2本、サウンド版2本、年間48プログラム」の生産ペースを前提に、配給と製作費の出資をする旨の申し入れをした。ついては12月中旬から第1作を公開したいので、11月からクランクインしてほしいというこの申し入れに、マキノは考え込んだが、笹井末三郎が撮影所用地を調達して励まし、マキノはついに新会社設立の決意をした[1]

安価なトーキーの量産 編集

同年11月に設立に先駆け、10月末には設立の発表がなされた。第1回作品は澤村國太郎原駒子の主演、マキノ監督によるトーキー映画『江戸噺鼠小僧』で、撮影所が建設中のため、新興キネマ京都撮影所のステージを借りて撮影を行ない、同年12月18日に公開された。同年12月末、太秦帷子ヶ辻中開町(現在の右京区太秦堀ヶ内町)にマキノトーキー撮影所が開設となった。

1936年(昭和11年)1月、同社の陣容を発表した(以下抜粋)[1]

撮影所が開所してわずか1か月の同月末、すでに通算9本を完成、4本の映画にとりかかっていた。やがてサウンド版はやめ、安価なトーキーを月間4本ペースで製作した。しかし、新興キネマから東宝へ移籍した森田信義プロデューサーからの要請で、同年4月に月形を東宝にレンタルしたところ、帰ってこなかった。森田は、マキノトーキー第1作を「山本正夫」名義で書いた人物である。また同じ時期、吉本興業林弘高の紹介で東宝の滝村和男に数日間、トーキーを学ぶ名目で撮影所に出入りさせたところ、『涯なき航路』の富士でのロケ先に滝村が現れ、中野英治や山縣直代ら数人を引き抜き、東京へ連れて行かれてしまう。

東京の映音の太田進一社長、マキノトーキー理事の笹井末三郎、千鳥興業の宗田政雄、マキノトーキー企画部長の松山英夫、所長のマキノの首脳会議により、株式会社化を決議、同年9月、組織変更を行ない、同社は「マキノトーキー株式会社」となる。同時期の前年末以来の通算生産本数は、オール・トーキー26本、パート・トーキー2本、サウンド版2本であり、総製作費の千鳥興業のマキノトーキーへの支払額が40万5,000円、マキノトーキーの立替額が45万円であったのでその精算を行ない、千鳥とマキノで資本金を折半し、撮影所と千鳥興業配給とその神戸事務所を株式会社化したのであった。その後も製作は配給所が負担するという条件が確認された[1]。またこの翌月10月1日から、従来千鳥興業が配給していた、西宮甲陽映画の配給をマキノトーキーが配給することとなった[2]

同年末、株式会社化以降の通算生産本数は、オール・トーキー22本とスペアとしてのサウンド版1本であった。笹井が自ら経営する賃貸物件の土地建物を売却して調達した2万円を経理部長の田丸に渡し、全従業員の年末賞与とした。年中無休のマキノトーキーはようやく年末年始休暇をとった。

終焉 編集

1937年(昭和12年)1月8日に千鳥興業の宗田専務が製作費をもって現れたが、製作過剰による千鳥からの資金ショートはなかなか緩和されなかった。同月、350名のアナキストの大量検挙が行なわれ、笹井は逮捕されなかったが行方不明となった。同年2月、松竹・日活・新興キネマ・大都映画・マキノトーキーの五社協定を組んで、前年6月設立の「東宝映画配給」をボイコットしようという申し入れをマキノは黙殺した。千鳥興業からの製作資金は6本分でショートした。千鳥興業の財産として、オール・トーキー58本、パート・トーキー2本、サウンド版6本の製作物、撮影所と機材が残った[1]

製作中のマキノ正博(「牧陶六」名義)監督作『遊侠太平記』はマキノ個人資金で製作、中川信夫監督作『旗本五人男 大江戸の鳶』は松山企画部長が東京で配給権を売却し、これを退職金とした。また『瀧の白糸』の譲渡金も従業員の退職金に引き当てた。そのころ京都駅に戻ってきた笹井とマキノとの密談で、同年4月の同社解散を決めた[1]

監督部の久保為義はJ.O.スタヂオへ、松田定次、広瀬五郎、姓丸浩、宮城文夫は永田雅一所長率いる新興キネマ京都撮影所へ、技術部も新興キネマへ移籍したが、大森伊八カメラマンはもともといた映音へ戻った。技芸部(俳優)は、トーキーに通用する役者たちなので引く手はあまたであり、葉山純之輔、大内弘ら大半は新興キネマへ、澤村國太郎、光岡龍三郎、そして第二次入社組の水原洋一田村邦男團徳麿志村喬大倉千代子大久保清子らは日活へ行くことになる[1]

同年4月の初めの夕刻、撮影所内の通称「マキノトーキー広場」で解散式を行った。解散式には月形龍之介も現れた。同社の看板を火に投じ、樽酒を飲み干し、『マキノトーキー社歌』を歌った。この時点で『遊侠太平記』は未完成であり、完成後の同年8月5日、日活京都撮影所作品として公開された。

マキノは、比佐芳武の書いた吉川英治原作の『恋山彦』の脚本を手に、再び横田更迭後の日活に入社した[3]。松竹から阪東妻三郎を譲り受け、入社第1作として阪東主演で『恋山彦 風雲の巻』を監督、また千恵プロを解散した片岡千恵蔵や元マキノトーキーの志村喬らとミュージカル映画鴛鴦歌合戦』(1939年)を監督するのはこの後の話である。

トーキー設備をもつマキノトーキー撮影所は、「甲陽映画」から独立した今井理輔の「今井映画製作所」となり22本を製作した[4]が、同社も翌1938年(昭和13年)春には解散した。同撮影所はのちに松竹京都撮影所となった[1]。新興キネマに行ったはずの広瀬五郎は今井映画で4本撮っており、東宝京都撮影所に行った中川信夫も1本シナリオを書いている。

おもなフィルモグラフィ 編集

製作と録音は68作すべてマキノ正博である[5]

関連事項 編集

編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 マキノ雅裕『映画渡世 天の巻 - マキノ雅弘自伝』(平凡社、1977年 / 新装版、2002年 ISBN 4582282016)、初版 p.246、p.280、p.338-374の記述を参照。
  2. Wikipedia甲陽映画の項の記述を参照。
  3. 立命館大学衣笠キャンパスの「マキノ・プロジェクト」サイト内の「マキノ映画活動史」の記述を参照。
  4. 日本映画データベースの「今井理輔」を参照。
  5. 日本映画データベースの「マキノ雅弘」の「製作」と「録音」のリストを参照。同リストの「マキノトーキー」と明記された68本が、すなわち同社の全作品リストである。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki