Fandom

IMDb Wiki

ベルリン、僕らの革命

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ベルリン、僕らの革命
Die Fetten Jahre sind vorbei
Educaters.jpg
監督 ハンス・ワインガルトナー
脚本 ハンス・ワインガルトナー
製作 アントニン・スヴォボダ
ハンス・ワインガルトナー
出演者 ダニエル・ブリュール
音楽 アンドレアス・ヴォドラシュケ
撮影 ダニーラ・ナップ
マティアス・シェレンベルク
公開 2004年11月15日 ドイツの旗
2005年4月29日 日本の旗
上映時間 126分
製作国 ドイツ・オーストリア
言語 ドイツ語
  

ベルリン、僕らの革命」(Die Fetten Jahre sind vorbei)は2004年製作のドイツ・オーストリア合作映画である。ハンス・ワインガルトナー監督。

ストーリー 編集

リベラル革命を夢見るヤンとペーター。彼らが社会へ意思表示をする流儀は一風変わっていた。豪邸に忍び込むと家財道具をでたらめに並べ替え、「ぜいたくな日々は終わりだ」「あんたは金持ち過ぎだ」といったメッセージを残して姿を消す。そして決して盗みを働かないのだ。 そんなある日、彼らはペーターのガールフレンドのユーレとともに、あるビジネスマンを誘拐する破目に陥る。3人はビジネスマンを連れてチロル地方の山小屋に身を隠す。そこで彼らはビジネスマンの意外な素性を知る。どう見てもブルジョワの彼は、かつてSDS (社会主義ドイツ学生連盟) の代表を務め、有名な学生活動家ルディ・ドゥチュケの知り合いでもあったのだ...

キャスト 編集



執筆の途中です 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki