FANDOM


ベッカムに恋して
Bend It Like Beckham
Beckham.jpg
監督 グリンダ・チャーダ
脚本 ポール・マエダ・バージェス
グリンダ・チャーダ
グルジット・ビンドラ
製作 ディーパク・ナーヤル
グリンダ・チャーダ
出演者 パーミンダ・ナーグラ
キーラ・ナイトレイ
ジョナサン・リース=マイヤーズ
音楽 クレイグ・プルース
撮影 ジョン・リン
編集 ジャスティン・クリシュ
配給 アルバトロス・フィルム
公開 2002年4月11日 Flag of the United Kingdom
2003年4月19日 Flag of Japan
上映時間 112分
製作国 Flag of the United Kingdom イギリス
言語 英語
製作費 £3,500,000
  

ベッカムに恋して(原題:Bend It Like Beckham)は2002年公開(日本公開は2003年)のイギリス映画

概要 編集

原題のBend It Like Beckhamは、イングランドのスタープレーヤー、デビッド・ベッカムのような弧を描くキックが蹴りたい、また、そのキックのように人生を変えたいと言う意。ベッカム本人は出演していないが映画は鑑賞している。

主演のパーミンダ・ナーグラにとっては出世作となった。

ロカルノ国際映画祭観客賞、平壌映画祭音楽賞など、様々な国際映画賞や、ESPY賞の映画部門賞を受賞している。

作中には、B21やバリー・サグー等の、イギリスで活躍するインド人アーティスト、いわゆるUKエイジアンの曲が多数フィーチャーされている。音楽シーンにおいても希少な映画である。

本作品は北朝鮮のテレビ局で放映された最初の欧米の映画となった[1]

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ ロンドン郊外のヒースローの近くに、インド系シク教の伝統を守る家庭に生まれた女の子ジェス(パーミンダ・ナーグラ)が主人公。ジェスが公園でストリート・サッカーに興じているところを見つけたジュールズ(キーラ・ナイトレイ)が自分のクラブに誘い、親の反対に合いながらも、チームメイトやコーチのジョー(ジョナサン・リース=マイヤーズ)と共にアメリカ合衆国の大学のスカウトを受けるまでを描く。

キャスト 編集

役名:俳優(ソフト版吹き替え)

スタッフ 編集

受賞歴等 編集

ロカル国際映画祭/観客賞(2002年)、ボルドー映画祭/観客賞・審査員特別賞・最優秀女優賞(2002年)、シドニー映画祭/観客賞(2002年)、マラケシュ映画祭/審査員特別賞(2002年)、ディナール英国映画祭/観客賞(2002年)、FIFA/会長賞(2002年)、サンダンス映画祭出品(2003年)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki