FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、プレデターズ映画について記述しています。その他のプレデターズについては「プレデターズ (曖昧さ回避)」をご覧ください。
プレデターズ
Predators
監督 ニムロッド・アーントル
脚本 マイケル・フィンチ
アレックス・リトヴァク
製作 ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アヴェラン
ジョン・デイヴィス
製作総指揮 アレックス・ヤング
出演者 エイドリアン・ブロディ
トファー・グレイス
ローレンス・フィッシュバーン
ダニー・トレホ
アリシー・ブラガ
ブライアン・スティール
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ギュラ・パドス
編集 ダン・ジマーマン
製作会社 トラブルメーカー・スタジオズ
Davis Entertainment
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年7月9日
日本の旗 2010年7月10日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000
前作 プレデター2
  

プレデターズ』(Predators)は、2010年公開のSFアクション映画。『プレデター』シリーズの第3作目に当たる映画である。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 傭兵のロイスは突如閃光に包まれ、気がつくとどこかの上空を落下していた。なんとかパラシュートを開き、着陸するがそこは得体の知れないジャングル。その後、すぐに同じように落下してきたエドウィン、クッチーロ、イサベル、ニコライ、ハンゾー、スタンズ、モンバサと合流し 、軍人や殺し屋など「殺人」のプロフェッショナルであるという共通点を持っていることが判明する。8名はジャングルを脱出するため行動を共にし、やがて開けた場所に到着するが、空を見ると幾つかの大きな衛星が浮かんでおり、ここが地球でないことを理解する。さらに謎の狩猟動物の襲撃に遭い、ついには、大木にくくりつけられた生きたプレデターを発見する。イサベルによるとそれは、かつてアメリカの特殊部隊員を襲った生命体の特徴に酷似しているという。その後、10年もの間この惑星で生き抜いてきたというノーランドと合流し、彼の隠れ家で敵の正体や特徴を知り、地球に帰還するために「彼ら」の宇宙船を奪うことを決意する。

キャスト 編集

役名俳優日本語吹き替え役柄
ロイス エイドリアン・ブロディ 井上和彦 元アメリカ軍人の傭兵
イザベル アリシー・ブラガ 皆川純子 イスラエル諜報特務局の女性スナイパー
エドウィン トファー・グレイス 置鮎龍太郎 医師
クッチーロ ダニー・トレホ 廣田行生 メキシコの麻薬カルテル暗殺集団「ロス・セタス」メンバー
ニコライ オレッグ・タクタロフ 谷昌樹 ロシアアルファ部隊隊員
ハンゾー ルイス・オザワ・チャンチェン 中西としはる 日本人ヤクザの用心棒
スタンズ ウォルトン・ゴギンズ 高木渉 強姦殺人犯の死刑囚
モンバサ マハーシャラルハズバズ・アリ 江川央生 シエラレオネRUFの兵士
ノーランド ローレンス・フィッシュバーン 玄田哲章 10年間[1]プレデターと闘い続けているアメリカ軍人

プレデター 編集

詳しくはプレデターを参照。本作では、設定だけであったプレデター同士の対立と争いが演出された。

ミスター・ブラック
バーサーカーと呼ばれる大柄のプレデター種族のリーダー。プレデターの顎骨と思われる物をマスクに飾っている。
ファルコナー
に似た小型の偵察機を装備している。ハンゾーと一騎打ちで対決する。
ドック・ハンドラー
プレデター猟犬を操る。マスクに2本の牙が付いている。
クラシック
プレデター達の野営地に囚われているプレデター。第一作に登場したプレデターと似ている。日本では「小型」という分類がされている場合があるが、公式サイトやアメリカでの情報ではそのような記述は見受けられない。

スタッフ 編集

製作 編集

プレデターズの製作総指揮であるロバート・ロドリゲスは1994年頃にプレデターズと言う原題で、『プレデター3』の脚本(スクリプト)を2つ書いている。一つは17世紀スペインガレオン船プレデターに襲われ船員が闘うと言う内容。もう一つはプレデター3用に書かれたもので、『プレデター』の主人公ダッチ・シェイファー(アーノルド・シュワルツェネッガー)と『プレデター2』の主人公マイク・ハリガン(ダニー・グローヴァー)の2人が捕らえられ、プレデターの惑星で狩りの獲物とされプレデター達と対決すると言う内容である。また、映画脚本家サム・F・パーク2003年当時、シリーズ3作目の続編となる『プレデター3』の脚本(スクリプト)を書いている。ニューヨークでプレデターに捕まった、ダッチ・シェイファーがプレデターの惑星で闘うと言う内容のもので、ロドリゲスの書いたスクリプトはパークのとは違ったものだった[2]。ロドリゲスは2004年1月29日にインタビューで、『プレデターズ』の製作に1億5,000万ドルの大きな予算が掛かる上、20世紀フォックスが予算不足な為、拒絶されたと語っている。その結果、映画の企画は製作されずに終わってしまった[3](サム・パークのスクリプトの『プレデター3』の企画もダッチ・シェイファー役のシュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事となった他、中止されている)。

2009年4月29日ロドリゲスは再び『プレデターズ』の映画化に乗り出した。脚本はマイケル・フィンチとアレックス・リトヴァクの3人の共同で書き、以前書いた『プレデター3』用の脚本内容の一部は修正したりして取り入れたりなどをした。監督はニムロッド・アーントルが担当し、ハワイ島のジャングルとテキサス州オースティンのスタジオで撮影された。

プレデター役にはミスター・ブラック役にブライアン・スティールデレク・ミアーズなどもプレデター役で出演した。またアーノルド・シュワルツェネッガーがカメオで出演するとの噂もあった[4]。また他にも『プレデター2』に出演していたヘンリー・キンジがダッチ・シェイファー役、トーマス・ロザレス・Jr.がカール・ディロン役で、そして、ケーン・ホッダーがダニー・ハリガン役、スティーブン・ハーがゲイリー・キース役で出演するのではないか?などの噂もされていた[5]

2010年3月12日から3月16日にテキサス州オースティンで開催されるSXSW映画祭でロバート・ロドリゲスとニムロッド・アーントル監督がプレデターズのプレゼンテーションを行う事が決まり、『プレデターズ』の映画の予告編を最初に見ることが出来る[6]

なお、ロイス役のブロディは今作のシリーズ化に意欲があり、それをうながすことに努めると語っており[7]、作品のラストも含みのある終わり方となっている。

DVD・Blu-Ray編集

日本では2010年11月17日に、トリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定)、ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) 、コレクターズエディションDVDが同時発売される。トリロジー ブルーレイBOX、ブルーレイ&DVDセットは予約特典として映画のその後を描いた英語表記のコミックが封入されてる。 また、いずれのパッケージに関してもファルコナーが題材となっている。

コミック編集

2010年の6月9日から映画本編以前の出来事を描く『プレデターズ』全4号が毎週に渡って販売。2010年7月14日には映画を漫画化した『プレデターズ』と、物語のその後を描く『プレデターズ:プリザーブ・ザ・ゲーム』がダークホースコミックスから発売された。日本未発売。ライターはMarc Andreyko、Paul Tobin、David Lapham。ペンシラーはGuilherme Balbi、Gabriel Guzman、Allan Jefferson、Victor Drujiniuが担当した。

関連事項 編集

  • 日本では元大相撲横綱・朝青龍が宣伝横綱に就任。PRイベントではスーパープレデタースーツを着て宣伝をしている[8]

脚注 編集

  1. 当初の設定では、ノーランドはアブダクションされてから20年ほど生き延びているというものであったが、フィッシュバーンが、その設定では長すぎると意見を出して、最終的に10年=10シーズンに決まった。
  2. NGN MOVIES 「Several Scripts for Predator 3 Making the Rounds」2003年7月10日
  3. MovieHole 「Rodriguez directing Predator 3」2009年4月23日
  4. MovieHole 「http://www.moviehole.net/200919363-exclusive-dutch-asked-back-for-predators Exclusive : Arnie asked back for Predators]」2009年6月2日
  5. Freebase 「Predators facts - Freebase
  6. SXSW.comh 「First Look at "Predators" Footage at SXSW Film 2010」 2010年3月3日
  7. パンフレットのインタビューより
  8. 朝青龍が「プレデターズ」宣伝横綱就任デイリースポーツ 2010年6月23日

外部リンク 編集


テンプレート:エイリアン&プレデター

執筆の途中です 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はプレデターズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki