Fandom

IMDb Wiki

プリティ・プリンセス

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
プリティ・プリンセス
The Princess Diaries
Prety.jpg
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 ジーナ・ウェンドコス
製作 ホイットニー・ヒューストン
デブラ・マーティン・チェイス
マリオ・イスコヴィッチ
出演者 アン・ハサウェイ
ジュリー・アンドリュース
音楽 ジョン・デブニー
編集 ブルース・グリーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年8月3日
日本の旗 2002年1月26日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $165,335,153[1]
次作 プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング
  

プリティ・プリンセス』(原題: The Princess Diaries)は、2001年に公開されたディズニー映画メグ・キャボットの『プリンセス・ダイアリー』を原作とする。プリティシリーズではない。ある日突然、自分が高貴な身分の出自であることを明かされた、ごく普通の女子高生を主人公にしたシンデレラストーリー。また2004年には、続編である『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』も製作された。

スタッフ 編集

キャスト 編集


皇太子:エドワルド・クリストフ・フィリップ・ジェラルド・レナルディ

プリンセス:アミーリア・ミニョネット・サーモポリス・レナルディ

物語の舞台について 編集

原作の小説はニューヨークを舞台にしているが、映画はサンフランシスコの設定に変えられた。この変更の理由は監督ゲイリー・マーシャルの孫がサンフランシスコに住んでいたからであった。映画の中ではアルカトラズ島ゴールデンゲートブリッジが何度も登場し、当時の市長ウィリー・ブラウンも登場する。西海岸のラジオパーソナリティ、マーク&ブライアンも自身役で登場する(ただし彼らはロサンゼルスで活動している)。

プロデューサー陣には歌手のホイットニー・ヒューストンも名前を連ねた。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 The Princess Diaries (2001). Box Office Mojo. 2009年12月9日閲覧。

外部リンク 編集


テンプレート:ゲイリー・マーシャル監督作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki