FANDOM


プリティ・ウーマン
Pretty Woman
Prettyw.jpg
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 J・F・ロートン
製作 アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮 ローラ・ジスキン
出演者 リチャード・ギア
ジュリア・ロバーツ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 チャールズ・ミンスキー
編集 ラジャ・ゴズネル
パトリシア・ネッド
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 Flag of the United States 1990年3月23日
Flag of Japan 1990年12月14日
上映時間 119分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $463,406,268[1]
  

プリティ・ウーマン』(原題:Pretty Woman)は、1990年公開のアメリカ映画である。リチャード・ギアジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ

ゲイリー・マーシャル監督。また、ロイ・オービソンの『オー・プリティ・ウーマン』が主題歌に起用され、リバイバルヒットとなった。『マイ・フェア・レディ』を下敷きにした、現代版ストーリーである。

1990年度全米興行収入第1位。ロバーツは、この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

劇中で見事なボディを披露しているロバーツだが、実際はボディダブルが多用されている。この映画は、ボディダブルの重要性や必要性を再認識させた映画でもある。

ストーリー 編集

ウブな実業家とコールガールが出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。

出演 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD・BD フジテレビ TBS テレビ朝日
エドワード・ルイス リチャード・ギア 小川真司 あおい輝彦 石田純一 山寺宏一
ビビアン・ワード ジュリア・ロバーツ 戸田恵子 高島雅羅 浅野ゆう子 深見梨加
ジェームズ・モース ラルフ・ベラミー 村松康雄 富田耕生 久米明
フィリップ・スタッキー ジェイソン・アレクサンダー 山下啓介 西村知道 牛山茂
キット・デ・ルカ ローラ・サン・ジャコモ 松本梨香 岡村明美
デヴィッド・モース アレックス・ハイド=ホワイト 星野充昭 真地勇志
エリザベス・スタッキー エイミー・ヤスベック 金野恵子
ブリジット エリノア・ドナヒュー 寺内よりえ
バーニー・トンプソン支配人 ヘクター・エリゾンド 吉水慶 阪脩 久米明 麦人
  • フジテレビ版吹き替え:初回放送1994年4月9日「ゴールデン洋画劇場
  • TBS版吹き替え:初回放送1995年12月29日
  • テレビ朝日版吹き替え:初回放送1997年5月18日「日曜洋画劇場

ポスターに関する逸話 編集

リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが背中合わせに立つ国際版ポスターの写真は、いったん撮影されたがリチャードよりジュリアの方が背が高かったため、ボディダブルを使用し再撮影を行ったうえで、頭部のみをふたりの俳優にすげ替えた。ジュリアがリチャードのネクタイを水平に引っ張っているのは、写真の継ぎ目を隠すための苦肉の策である。この修正前のポスターがコレクターの間に出回る話が松岡圭祐のミステリー小説『万能鑑定士Qの事件簿IV』の冒頭に描かれている。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Pretty Woman (1990). Box Office Mojo. 2009年12月9日閲覧。

外部リンク 編集


テンプレート:ゲイリー・マーシャル監督作品

IMDb logo 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki