FANDOM


ブルース・ウィリス
Bruce Willis
Bruce Willis
本名 Walter Bruce Willis
生年月日 1955年3月19日(62歳)
出生地 Flag of Germany 西ドイツ・ラインラント=プファルツ州
ビルケンフェルト郡
イーダー・オーバーシュタイン
ジャンル 俳優(映画・テレビドラマ)
活動期間 1980年 -
活動内容 1980年:デビュー
主な作品
ダイ・ハード』『12モンキーズ
パルプ・フィクション
アルマゲドン』『シックス・センス

ウォルター・ブルース・ウィリスWalter Bruce Willis, 1955年3月19日 - )は西ドイツラインラント=プファルツ州ビルケンフェルト郡イーダー・オーバーシュタイン出身の米国の映画俳優。身長182cm。左利き。

来歴 編集

父はアメリカ欧州軍軍人、母はドイツ人の米独ミックス。2年後アメリカに移りニュージャージー州で育つ。

9歳頃から重度の吃音に悩まされる様になったが、高校時代に舞台に出演した際、ステージ上では吃音が出ないことに気づき、大学入学後に本格的に演劇に取り組み、俳優の道を歩み始めた。

テレビシリーズ『こちらブルームーン探偵社』の演技で注目されるようになり、ブレイク・エドワーズ監督の『ブラインド・デート』(1987) で初主演。翌年の『ダイ・ハード』の世界的なヒットにより次々と主演作が製作され、アクションスターとしての名声を確立した。『ダイ・ハード』のオファーを受けた際、『こちらブルームーン探偵社』の撮影に拘束されていたために一旦はオファーを断ったが、同番組の主演女優シビル・シェパードが妊娠し、撮影不可能となったため、幸運を手にすることができた。なお、ダイ・ハードの主演は当初シルヴェスター・スタローンアーノルド・シュワルツェネッガーが有力視されており、実際にはウィリスは4~5番目の候補だったという。

Bruce Willis 1989

ブルース・ウィリス(1989年)

日本ではCMに出演。1991年NTTドコモのムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクターや、三貴の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター、スバル・レガシィの初代イメージキャラクターに起用された。2005年になって同車の累計生産台数300万台突破を機に、4代目のイメージキャラクターに復活。キャッチコピーは「レガシィを祝福するために、ブルースが帰ってきた」。古くは『ダイ・ハード』の屋上ジャンプシーンを連想させるキリンポストウォーターのCM(デミ・ムーアが共演)に出演し、2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒージョージアのCMに半年間出演した。『アルマゲドン』ヒット時にはENEOSのCMにも出演していた。ちなみに2011年現在ではダイハツ・ミライースのCMに出演している。

日本国内では「ブルース・ウィルス」と誤植されるケースが今も頻繁に起こる。「ウィリス」の部分をウイルスにひっかけて覚えてしまうことが原因。発音では「ィ」も大文字にしてしまい、多数のプロアナウンサーがはっきりと「ブルース・ウイルス」と発言している。

私生活 編集

  • 1987年、米人気女優のデミ・ムーアと結婚。3児の父となり、1991年の『愛を殺さないで』では共演を果たした。13年間の結婚生活を経て2000年に離婚。娘と『ホステージ』で共演を果たした。また、デミ・ムーアと結婚する以前にもシェリー・リヴェラというライターと結婚している。2009年3月にはイギリス出身のモデルのエマ・ヘミングと再婚した[1]
  • 政治信条では雑誌に共和党支持者と書かれることが多いが、「自分はノンポリ」と公言している。

出演作品 編集

テレビゲーム

吹き替え 編集

参照 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はブルース・ウィリスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki