Fandom

IMDb Wiki

ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's Diary
Burijitto.jpg
監督 シャロン・マグアイア
脚本 ヘレン・フィールディング
アンドリュー・デイヴィス
リチャード・カーティス
製作 ティム・ビーヴァン
ジョナサン・カヴェンディッシュ
エリック・フェルナー
製作総指揮 ヘレン・フィールディング
出演者 レニー・ゼルウィガー
コリン・ファース
音楽 パトリック・ドイル
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 マーティン・ウォルシュ
配給 ユニバーサル映画
公開 2001年4月4日 イギリスの旗
2001年9月22日 日本の旗
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $281,929,795[1]
次作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
  

ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary)は、2001年ロマンティック・コメディ映画。イギリスの女流作家ヘレン・フィールディング同名小説の映画化。

当初、アメリカ人のレネー・ゼルウィガーがブリジットを演じることに批判もあったが、ゼルウィガーは大幅に体重を増やしてブリジット役に取り組み、高い評価(アカデミー主演女優賞候補など)を得た。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ

キャスト 編集

役名 俳優 DVD版吹替
ブリジット・ジョーンズ レネー・ゼルウィガー 松本梨香
ダニエル・クリーバー ヒュー・グラント 森田順平
マーク・ダーシー コリン・ファース 井上倫宏
ブリジットの父親 ジム・ブロードベント 川久保潔
ブリジットの母親 ジェマ・ジョーンズ 斉藤昌
シャザー サリー・フィリップス
ジュード シャーリー・ヘンダーソン
トム ジェームズ・キャリス
ナターシャ エンベス・デイヴィッツ
本人役 ジェフリー・アーチャー(カメオ出演)
本人役 サルマン・ラシュディ(カメオ出演)
  • DVD版吹替:後に発売されたBlu-rayには収録されていない。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Bridget Jones's Diary (2001). Box Office Mojo. 2009年12月11日閲覧。


執筆の途中です 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki