FANDOM


Disambig gray この項目では、映画について記述しています。その他の用法については「ブラックダイヤモンド」をご覧ください。
ブラック・ダイヤモンド
Cradle 2 the Grave
監督 アンジェイ・バートコウィアク
脚本 ジョン・オブライエン
チャニング・ギブソン
製作 ジョエル・シルバー
製作総指揮 レイ・コープランド
ハーブ・ゲインズ
音楽 デイモン・グリース・ブラックマン
ジョン・フリッツェル
撮影 ダリン・オカダ
編集 デレク・ブレシン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2003年2月28日 Flag of the United States
2003年3月29日 Flag of Japan
上映時間 101分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $56,489,558[1]
  

ブラック・ダイヤモンド』(原題:Cradle 2 the Grave)は、2003年アメリカ映画アンジェイ・バートコウィアク監督が手がけるDMX三部作の1作である。他の2作は『DENGEKI 電撃』、『ロミオ・マスト・ダイ』。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 強盗グループのカリスマ的なリーダー、アンソニー(トニー)・フェイトはロスの宝石商の金庫破りを計画していた。そんな時、その計画を密かに追跡していた男ダンカン・スーから“ブラック・ダイヤモンド”だけは置いていけ、と警告される。だが、トニーたちはそれを無視してブラック・ダイヤモンドを含めたほとんどの宝石を持ち逃げした。しかし、ブラック・ダイヤモンドはスー以外にも狙われていた。それは組織犯罪のボスのリンという男であった。トニーがブラック・ダイヤモンドを持っていると知ったリンはトニーの娘を誘拐しトニーに娘と引き替えにブラック・ダイヤモンドを引き渡す事を要求してきたのだ。動揺するトニー、そんな彼に接触してきたスーはある提案を持ちかける…。 テンプレート:ネタバレ終了

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ビデオ・DVD テレビ朝日
ダンカン・スー ジェット・リー 飛田展男 楠大典
アンソニー・“トニー”・フェイト DMX 大川透 山路和弘
ダリア ガブリエル・ユニオン 斎賀みつき 深見梨加
ヤオ・リン マーク・ダカスコス 松本保典 森田順平
ソナ ケリー・ヒュー 湯屋敦子 魏涼子
ブラッド・エンフォーサー ウォン・ヤング・パーク 稲田徹 立木文彦
マイルズ w:Drag-On 三宅健太
トミー アンソニー・アンダーソン 桜井敏治 後藤哲夫
アーチー トム・アーノルド 稲葉実 石田圭祐
ヴァネッサ・フェイト ペイジー・ハード
オーディオン マイケル・ジェイス 大黒和広 石塚運昇
ジャンプ・チェンバーズ シャイ・マクブライド 手塚秀彰 池田勝

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Cradle 2 the Grave (2003) (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。

テンプレート:Movie-stub テンプレート:Substubcs:Od kolébky do hrobu de:Born 2 Diees:Nacer para morir (película) fi:Kehdosta hautaan fr:En sursis hu:Bölcsőd lesz a koporsód it:Amici per la morte pl:Od kołyski aż po grób pt:Cradle 2 the Grave ru:От колыбели до могилы simple:Cradle 2 the Grave sv:Cradle 2 the Grave tr:Beşikten Mezara zh:致命摇篮

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki