FANDOM


フレディVSジェイソン
Freddy vs. Jason
監督 ロニー・ユー
脚本 マーク・スウィフト
ダミアン・シャノン
製作 ショーン・S・カニンガム
製作総指揮 ロバート・シェイ
ダグラス・カーティス
音楽 グレーム・レヴェル
編集 マーク・スティーヴンス
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 2003年8月15日 アメリカ合衆国の旗
2003年10月18日 日本の旗
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $114,908,830[1] 世界の旗
$82,622,655[1] アメリカ合衆国の旗
前作 ジェイソンX 13日の金曜日
エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア
次作 13日の金曜日 (2009年の映画)
エルム街の悪夢 (2010年の映画)
  

フレディVSジェイソン』( - バーサス - 、Freddy vs. Jason)は、2003年に公開されたアメリカ映画である。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ

殺人鬼フレディ・クルーガーの惨劇からすでに10年の月日が経ち、エルム街の住民たちは殆ど彼の存在を忘れ去っていた。

忘れ去られてしまった事で思うような活動が出来なくなり、危機を感じたフレディは、現実の世界の殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズを操り、エルム街に再び恐怖を蘇らせ、復活しようと画策する。

しかし、フレディの制御を超えて残忍な殺戮を止めようとしないジェイソンは、易々とフレディの手から離れてしまう。ジェイソンによって、エルム街が恐怖一色に染まった真っ最中、フレディは彼と凄まじい死闘をしなければならない羽目となるのだが……。

背景 編集

元々両作は配給元が違っていたのだが、『13日の金曜日』の配給元であったパラマウント社が、本シリーズ8作目『ジェイソンN.Y.へ』で見切りをつけ、ニューラインに権利を売却したことによって、企画が可能になった。

それを反映するかのように、ニューライン初の13日の本シリーズ9作目『ジェイソンの命日』のラストシーンで、フレディの爪がジェイソンのマスクを持っていくシーンがある。

しかし、企画することは可能になったものの、実際問題として「夢の世界の殺人鬼」と「現実の世界の殺人鬼」という、全く正反対な存在を対決させることは容易な話では無く、何度も脚本の書き換えがなされたという。

今作はどちらかといえばフレディがメインでありジェイソンは少々影が薄い印象である。

フレディの性格は前作(リアルナイトメア)から一転、再び陽気な性格に戻されている。

ちなみに、フレディ役のロバート・イングランドは、本作を最後にフレディ役を引退した。

キャッチコピー 編集

恐・夢・激・突!

夢でも現実でも襲われる。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD TV
フレディ・クルーガー ロバート・イングランド 江原正士 青野武
ジェイソン・ボーヒーズ ケン・カージンガー セリフなし セリフなし
ローリー モニカ・キーナ 岡寛恵 甲斐田裕子
ウィル ジェイソン・リッター 内田夕夜 竹若拓磨
キーア ケリー・ローランド 田野聖子 大坂史子
ギブ キャサリン・イザベル 弓場沙織
マーク ブレンダン・フレッチャー 宮内敦士
パメラ・ボーヒーズ ポーラ・ショー 来宮良子

スタッフ 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Freddy vs. Jason (2003) (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

IMDb favicon.png フレディVSジェイソン at the IMDb Wikia (日本語)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフレディVSジェイソンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki