FANDOM


フォーエヴァー・ヤング
時を越えた告白
Forever Young
監督 スティーブ・マイナー
脚本 ジェフリー・エイブラムス
製作 ブルース・デイヴィ
製作総指揮 ジェフリー・エイブラムス
エドワード・S・フェルドマン
出演者 メル・ギブソン
ジェイミー・リー・カーティス
イライジャ・ウッド
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ラッセル・ボイド
編集 ジョン・ポール
製作会社 アイコン・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1992年12月16日 Flag of the United States
1993年3月13日 Flag of Japan
上映時間 102分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $127,956,187[1]
  

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』(Forever Young)は1992年アメリカ映画ワーナー・ブラザーズ配給。

解説 編集

婚約するはずだった恋人が事故で植物人間化し、ショックを受けたパイロットが冷凍睡眠の実験台となって数十年の時を経て現代に目覚め、恋人がまだ生きていることを知り、愛を告白しようとする姿を描く。

まだ幼いイライジャ・ウッドをスターにのし上げた作品でもある。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 1939年アメリカ陸軍航空隊のテストパイロットのダニエルは未だ恋人のヘレンに結婚を切り出せないままでいた。そんな彼が電話している背後でヘレンが交通事故に遭ってしまい、目覚める筈もない昏睡状態となってしまった。あまりに大きなショックを受けたダニエルは友人の科学者ハリーが発明した冷凍睡眠装置の実験台に志願し、ヘレンが既に片付いているであろう(亡くなっている筈の)1年後に向けて旅立った。万が一、ヘレンに意識が戻ったら直ぐに起こしてくれるようハリーに託して・・。

それから凡そ50年後の1992年、少年・ナットの手によって冷凍睡眠装置から目覚めたダニエルはナットと母親・クレアと共に友人ハリーを探し出そうとするが何故かハリーはどこにも居なかった。一方軍では冷凍睡眠の研究をしていたフェリックスらがハリーの出現によって冷凍睡眠装置を見つけ出し、自分達の研究が50年もの遅れがある事を知った事で当事者の一人である彼を探し始めていた。 ダニエルはやっと見つけたハリーの娘から、ハリーが冷凍睡眠装置にからんだ事故で53年前に死んだことを知らされる。そこでヘレンとハリーの娘(ヘレンの事故後生まれた)が一緒に写った写真を偶然見つけた。ヘレンは昏睡から目覚めていたのだ。ハリーの娘からヘレンがまだ生存していることを知らされ彼女の家(かつてヘレンが憧れていた海に面した丘の上の家)へと、ハリーの娘が軍にワザとページの一部を破いた研究資料と引き換えに拝借した往年のプロペラ機を操縦して向かうダニエルだったが、ハリーが発明した冷凍睡眠の為の処置(装置そのものの欠陥ではなくやり方に問題があり、ハリーの死もその解決に向けての発明の最中だった)は老化という重大な欠陥を持っていた。彼の体は異常なスピードで老化が進み、ヘレンのもとに着く頃には、もはや85歳の老人となっていた。

50年以上の年月を超えて求婚するダニエルと静かに頷くヘレン…待ちわびた幸福な日々が二人のもとにやっと訪れたのだ。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 テレビ朝日 日本テレビ
ダニエル メル・ギブソン 小川真司 山寺宏一 磯部勉
クレア ジェイミー・リー・カーティス 弥永和子 高島雅羅
ナット イライジャ・ウッド 久我未来 矢島晶子
ヘレン イザベル・グラッサー 相沢恵子
ハリー ジョージ・ウェント 藤本譲
フィリックス ロバート・ハイ・ゴーマン 広田貴宣

出典 編集

  1. Forever Young (1992). Box Office Mojo. 2010年7月29日閲覧。


テンプレート:J・J・エイブラムステンプレート:Movie-stub

de:Forever Young (Film)fi:Ikuisesti nuori fr:Forever Young (film) hu:Halhatatlan szerelem it:Amore per sempre nl:Forever Young (film) pt:Eternamente Jovem ru:Вечно молодой (фильм) sr:Заувек млад sv:Evigt ung tr:Daima Genç

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki