Fandom

IMDb Wiki

ピアース・ブロスナン

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ピアース・ブロスナン
Pierce Brosnan
Pierce Brosnan.jpg
本名 Pierce Brendan Brosnan
生年月日 1953年5月16日(64歳)
出生地 アイルランドの旗 アイルランド ナヴァン
職業 俳優
ジャンル 俳優、映画プロデューサー
活動内容 1995年:『007 ゴールデンアイ
配偶者 カサンドラ・ハリス(1980年-1991年)死別 キーリー・シェイ・スミス(2001年-現在)
主な作品
007』シリーズ
『探偵レミントン・スティール』
備考
5代目ジェームズ・ボンド

ピアース・ブレンダン・ブロスナン OBEPierce Brendan Brosnan OBE1953年5月16日 - )は、アイルランド出身の俳優、映画プロデューサーである。身長187cm。

バイオグラフィー 編集

アイルランド共和国ミース州ナヴァンで生まれ、10代でイギリスに渡った。1982年から1987年までアメリカNBCで放映されたテレビドラマ『探偵レミントン・スティール』で主役を演じ、有名俳優になった[1]

1995年にボンド映画第17作『007 ゴールデンアイ』にジェームズ・ボンド役で主演。1980年代後半の4代目ボンド役者ティモシー・ダルトン主演の第2作『007 消されたライセンス』が興行的に失敗し、ボンド映画の興行成績は一時衰えていたが、ブロスナンがその人気を復活させた。

1997年の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では、サターン賞主演男優賞を受賞した。同年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を獲得した[2]

2003年7月、英国への優れた貢献を認められ、エリザベス2世から名誉大英勲章第四位を与えられる[3]。ブロスナンはアイルランド国民なので、英国民にだけ与えられる「full honour」を受ける資格はない[4]

日本では『ゴールデンアイ』でボンドを演じる以前に、ボンド風のキャラクターでタバコ「LARK」のCMに出演していたことでも知られる。LARKのCMにはブロスナンより前に先代のロジャー・ムーアティモシー・ダルトン等も出演していた。この他1996年から1998年までエルセラーン化粧品のCMにも出演したり、また金融業のニッシンのイメージキャラクターとして登場したりしたこともある。

出演作のひとつである『ダイヤモンド・イン・パラダイス』は、『007』シリーズに入るものではないが、この映画の予告編では「あの007が今度は大泥棒に!?」とのいささか紛らわしいナレーションがある。

2008年の映画『マンマ・ミーア!』では、ゴールデン・ラズベリー賞最低助演男優賞に選ばれた[5][6]

ボンド俳優としてのブロスナン 編集

3代目ボンド俳優ロジャー・ムーアがボンド役を引退したあとの1986年に、『探偵レミントン・スティール』を終えたばかりだったブロスナンはボンド役のオファーを受けるが、『探偵レミントン・スティール』の再開が決まり、ボンド役を辞退しなければならなかった[7]。ブロスナンをボンド役としてプロデューサーのアルバート・ブロッコリに推薦したのは、当時の妻のカサンドラ・ハリスである[8]。結局ボンド役はティモシー・ダルトンのものになった。ダルトン主演で2つの作品が作られたが、2作目の『007 消されたライセンス』は、批評家からの高い評価にも関わらず興行的には期待外れの結果に終わった。1991年にボンド映画の著作権を巡って法的な争いとなり、シリーズは一時中断した。この間、ダルトンはボンド役への興味がなくなったことを発表し、ブロスナンが1994年にボンド役を手に入れる道を開いた[9]

テンプレート:要出典範囲

テンプレート:要出典範囲

007 ダイ・アナザー・デイ』出演後もボンド役を続けることを切望していたが[10][11][12][13]テンプレート:要出典範囲)、『007 カジノ・ロワイヤル』に登場するボンドの年齢設定が若く、ブロスナンでは無理があると判断され[14][15]ダニエル・クレイグが6代目ボンドに起用された。

映画以外にも『マペット放送局』に本人役でゲスト出演し、マペットキャラを相手に乱闘めいた寸劇を繰り広げるなどしてコミカルな一面を披露したことがあった。

ブロスナンが主演した007シリーズ 編集

私生活 編集

1980年に最初の妻カサンドラ・ハリス(『007 ユア・アイズ・オンリー』のボンドガール)と結婚、1991年に死別[16]2001年キーリー・シェイ・スミスと再婚[17][18][19]2004年9月23日にアメリカの市民権を取得。3人のアメリカ国籍の息子を持ち、20年以上アメリカに在住。

子供は、義理の子供(カサンドラの連れ子)シャルロットとクリストファー、カサンドラとの間に生まれた実子ショーン、キーリーとの間に生まれた実子トーマスとパリスがいる[20]。シャルロットは俳優[21]、クリストファーは助監督や俳優として活動[22][23]。クリストファーはカサンドラの死によってアルコールに浸り、イギリスで飲酒運転により逮捕され、奉仕活動を科せられた。また、2001年8月に薬物依存でリハビリ・センターに入ったが、その後も薬物摂取によりロンドンの路上で昏倒し、2002年3月に再入院した[24]。2004年には、盗品の携帯電話を所持していた容疑で逮捕され[25]、2005年にはヘロイン所持の容疑で逮捕された[26]。ここに到って、ブロスナンはクリストファーを絶縁した[27]。また、シャルロットもコカイン依存でリハビリ・センターに入ったことがあり、2002年の9月には間に4歳の娘までいた同棲相手と別れた気鬱から3度目の入院をした[24]

16歳の頃、自分をゲイだと思っていたことを告白している[28]

2001年から、ユニセフのアイルランド国内大使を努めている[29][30][31]。また、エコテロリスト集団シーシェパードを支持している[32]

作品リスト 編集

その他 編集

テンプレート:出典の明記

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; MAN OF STEELE (英語). ピープル. 2009-7-17閲覧。
  2. The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; STAR POWER (英語). ピープル. 2009-7-17閲覧。
  3. “James Bond star awarded OBE” (英語). Mail Online.(2003-7-16). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-188699/James-Bond-star-awarded-OBE.html 2009-7-17閲覧。 
  4. P・ブロスナンに名誉大英帝国勲章. シネマトゥデイ (2003-7-17). 2009-8-5閲覧。
  5. “最低映画選ぶ「ラジー賞」、M・マイヤーズ主演作とP・ヒルトンが3冠達成”. AFPBB News.(2009-2-22). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2574217/3839904 2009-7-17閲覧。 
  6. “米最悪映画賞で「3冠」パリス・ヒルトンさん”. 産経ニュース.(2009-2-27). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090222/tnr0902221800008-n1.htm 2009-7-17閲覧。 
  7. The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; STAYING STEELE (英語). ピープル. 2009-7-17閲覧。
  8. STAR CHANNEL総合プログラムガイド 2009年12月号56ページ「横森文のスター大捜査線」
  9. “Timothy Dalton” (英語). BBC.(2003-1). http://www.bbc.co.uk/derby/features/famous_derby/timothy_dalton.shtml 2009-8-5閲覧。 
  10. “ピアース・ブロスナン、「007」の思い出と、ボンドを離れる心境を語る”. シネマトゥデイ.(2005-4-26). http://www.cinematoday.jp/page/N0006391 2009-8-5閲覧。 
  11. “ピアース・ブロスナン、電話1本でボンド役を降ろされる”. シネマ・トゥデイ.(2005-8-19). http://www.cinematoday.jp/page/N0006951 2009-8-5閲覧。 
  12. “Brosnan: 'licensed for the sack'” (英語). Mail Online.(2004-3-26). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-227949/Brosnan-licensed-sack.html 2009-8-5閲覧。 
  13. “Brosnan waits for Bond call” (英語). Mail Online.(2004-4-23). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-259104/Brosnan-waits-Bond-call.html 2009-8-5閲覧。 
  14. “Is Brosnan too old to be 007?” (英語). Mail Online.(2004-2-5). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-207653/Is-Brosnan-old-007.html 2009-8-5閲覧。 
  15. Reynolds, Mark(2004-7-29). “Brosnan's licence to quit” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-312007/Brosnans-licence-quit.html 2009-7-17閲覧。 
  16. “Cassandra Harris, Actress, 39” (英語). ニューヨーク・タイムズ.(1991年12月31日). http://www.nytimes.com/1991/12/31/obituaries/cassandra-harris-actress-39.html 2009-7-17閲覧。 
  17. “P・ブロスナン、アイルランドの大修道院で挙式”. シネマトゥデイ.(2001-8-7). http://www.cinematoday.jp/page/N0000827 2009-8-5閲覧。 
  18. Boshoff, Alison(2001-8-4). “Brosnan's wedding pictures” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-65190/Brosnans-wedding-pictures.html 2009-8-5閲覧。 
  19. The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; WEDDING BELLS (英語). ピープル. 2009-7-17閲覧。
  20. Pierce Brosnan (英語). Hellomagazine.com. 2009-8-2閲覧。
  21. IMDb favicon.png Charlotte Brosnan at the Internet Movie Database (英語)
  22. IMDb favicon.png Christopher Brosnan at the Internet Movie Database (英語)
  23. “Brosnan's son stars in Love Island” (英語). Mail Online.(2006-7-6). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-394213/Brosnans-son-stars-Love-Island.html 2009-8-2閲覧。 
  24. 24.0 24.1 Graham, Carolin; Nicholl, Katie(2002年10月20日). “More pain for Brosnan as daughter checks into clinic” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-143617/More-pain-Brosnan-daughter-checks-clinic.html 2009-8-2閲覧。 
  25. (英語). Mail Online.(2004-7-15). Brosnan's son held over theft 2009-8-2閲覧。 
  26. “ピアース・ブロスナンの息子、ヘロイン所持で逮捕”. シネマトゥデイ.(2005-6-23). http://www.cinematoday.jp/page/N0006672 2009-8-5閲覧。 
  27. “ピアース・ブロスナン、薬物中毒の息子と絶縁”. シネマトゥデイ.(2005年11月16日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007368 2009-8-20閲覧。 
  28. Dougherty, Hugh(2002-8-29). “'I thought I was gay,' says 007” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-135745/I-thought-I-gay-says-007.html 2009-8-2閲覧。 
  29. ユニセフ国内委員会大使. 日本ユニセフ協会. 2009-8-2閲覧。
  30. Pierce Brosnan Becomes Agent for UNICEF Ireland (英語). UNICEF. 2009-8-2閲覧。
  31. UNICEF Ireland Ambassadors (英語). UNICEF Ireland. 2009-8-2閲覧。
  32. Sea Shepherd Advisors - Pierce Brosnan

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアース・ブロスナンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki