FANDOM


ビートルジュース
Beetlejuice
監督 ティム・バートン
脚本 マイケル・マクダウェル
ウォーレン・スカーレン
製作 マイケル・ベンダー
ラリー・ウィルソン
リチャード・ハシモト
出演者 マイケル・キートン
アレック・ボールドウィン
ジーナ・デイヴィス
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 トーマス・エーカーマン
編集 ジェーン・カーソン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 1988年3月30日 アメリカ合衆国の旗
1988年12月10日 日本の旗
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $73,707,461[1] アメリカ合衆国の旗
  

ビートルジュース』 (Beetlejuice) は1988年アメリカ映画ティム・バートン監督によるコメディ映画である。また、この映画の登場人物の名前でもある。

概要編集

アメリカでは1988年3月29日にプレミア上映されたのち、3月30日に公開され、週末興行成績で初登場から4週連続で1位になり、11週間トップ10内にとどまる大ヒットとなった。

第61回(1988年度)アカデミー賞にてメイクアップ賞を受賞した。

尚、ビートルジュース、という名前はベテルギウスの英語読みの発音にbeetle(カブトムシ)とjuice(ジュース)を当てはめたものであり、それ以上の意味はない。当然、ビートルズとは無関係である。

キャスティングにおいて、当初リディアの母親役には『アダムス・ファミリー』のモーティシア役で知られるアンジェリカ・ヒューストンが演じる予定だったが、病気のためにキャサリン・オハラが同役を演じた。尚、オハラは同作品の美術を担当したボー・ウェルチと出会い結婚した。リディア役には数々の若手女優が候補に挙がり、ジェニファー・コネリーサラ・ジェシカ・パーカージュリエット・ルイスブルック・シールズダイアン・レインらがいた。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
ビートルジュース マイケル・キートン 西川のりお
アダム アレック・ボールドウィン 安原義人
バーバラ ジーナ・デイヴィス あべ静江
リディア ウィノナ・ライダー 勝生真沙子
デリア キャサリン・オハラ 藤田淑子
オーソ グレン・シャディックス
チャールズ ジェフリー・ジョーンズ 佐古雅誉
ジュノ シルヴィア・シドニー 京田尚子
マクシー・ディーン ロバート・グーレ
伝道師 トニー・コックス
伝道師の声 ジャック・エンジェル

ストーリー編集

ある日、車での買い物帰りに事故で死んでしまった夫婦は、幽霊となり自分たちの家から外に出られなくなる。やがて、その家に新しく一家が越してきて、住み慣れた家を好き勝手にリフォームしていく。何とか家から彼らを追い出そうとするが、幽霊は生きた人間の目に映らないので一向に効果なし。困り果てた幽霊夫婦は自称"バイオ・エクソシスト"であるビートルジュースという男に助けを求めるのだが…。

アニメ(カートゥーン)版 編集

実写映画を元に製作されたアニメビートルジュース(Beetlejuice cartoon)は映画公開の翌年(1989年−91年)に、TVシリーズとしてアメリカカナダの合作でアニメ化された。全4シーズン、109話。アメリカ合衆国では第3ジーズンまでABC放送で放送。第4シーズンはフォックス放送内のFox Kidsにて放送された。

また、他国ではカートゥーンネットワークなどでも放送されたりもした。

なお、日本ではワーナー・ブラザーズよりビートルジュース20周年記念 特別版としてDVDブルーレイで特典として一部だけ見る事ができる。

  • 名探偵ビートルジュース(12分)
  • クローゼットの中のガイコツたち(12分)
  • 恐怖のブティック(12分)

声の出演 編集

  • ビートルジュース - スティーブン・ウィメッテ
  • リディア - アリソン・コート
  • デリア - エリザベス・ハンナ

ユニバーサルリゾートとUSJの場合 編集

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて上演されているアトラクション、ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックン・ロール・ショー(USJ開園後暫くは"ロッキン・ミッドナイト・モンスター・フェスト"というタイトルだった)およびユニバーサル・オーランド・リゾートで上演されているショー(en:Beetlejuice's Rock and Roll Graveyard Revue)の司会進行を勤めている。オーランドの内容は長らく日本のそれのほぼ逆輸入の内容だったが(設立自体は1992年とオーランドの方が早いが、USJオープン後に日本とほぼ同内容への変更があった)、2006年に再び変更があり、日本とはまた違った内容になっている。かつてはハリウッドにもオーランドと同名のショーがあったが、99年に閉鎖された。陽気な墓場のDJというキャラクターが人気を博し日本ではパークのほかのキャラクターと共にUSJスペシャルショーにも出演。ユニバーサル・オーランド・リゾートにおけるショーではビートルジュースの声はウォーリー・ウィンガートが演じている。

ショー内容は映画のシナリオとはさほど関係が無く、特に日本版のビートルジュースの挙動は映画のキャラクターとはやや離れているため、USJ版を先に見慣れている人が映画版を見るとやや違和感を覚えることもある。映画版の原型を垣間見ることが出来るのはショー冒頭で客に自分の名前を三回呼ばせるところであろうか(映画ではこれがビートルジュースとの契約の意思表明である)。

ちなみに、映画自体はワーナー映画製作のため、USJのガイドマップ等の著作権クレジットにはその旨が書いてある。

なお、2009年10月では『ハロウィーン・スペシャル・ナイト〜ビートルジュースのスペシャルショー』で、特別にお笑いタレントであるマイコーりょうが出演し、マイケル・ジャクソンにちょっとちなんだネタでメンバー達と絡むショーを行った。

脚注 編集

外部リンク 編集


テンプレート:ティム・バートン監督作品テンプレート:Link GA

ar:بيتلجوس (فيلم) bg:Бийтълджус ca:Beetlejuice cs:Beetlejuice cy:Beetlejuice de:Beetlejuice el:Ο Σκαθαροζούμηςes:Beetlejuice fa:بیتل جویس fi:Beetlejuice fr:Beetlejuice gl:Beetlejuice he:ביטלג'וס id:Beetlejuice it:Beetlejuice - Spiritello porcello mk:Битлџус nl:Beetlejuice no:Beetlejuice pl:Sok z Żuka pt:Beetlejuice ru:Битлджус simple:Beetlejuice (TV series) sk:Beetlejuice sv:Beetlejuice tr:Beterböcek uk:Бітлджус

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki