FANDOM


ビバリーヒルズ・コップ3
Beverly Hills Cop III
監督 ジョン・ランディス
脚本 スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
製作総指揮 マーク・リプスキー
出演者 エディ・マーフィー
音楽 ナイル・ロジャース
撮影 マック・アールバーグ
編集 デール・ベルディン
配給 Flag of the United States パラマウント映画
Flag of Japan UIP
公開 1994年5月25日 Flag of the United States
1994年9月24日 Flag of Japan
上映時間 103分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $42,614,912[1] Flag of the United States
$119,208,989[1] Newworldmap
前作 ビバリーヒルズ・コップ2
次作 ビバリーヒルズ・コップ4
  

ビバリーヒルズ・コップ3』 (Beverly Hills Cop III) は、1994年アメリカ映画

概要 編集

アクション映画ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの3作目。劇中のテーマパーク「ワンダーワールド」では、ジョージ・ルーカスカメオ出演している。

ストーリー 編集

アクセルと彼の上司のトッド警部は自動車盗難・部品故買事件を追っていたが、犯人のアジトへ突入した際にデウォルドを中心とした別の一団もいたため、トッドは発砲を受けて殉職してしまう。その上、アクセルは犯人の顔をはっきりと確認していたにもかかわらず、シークレットサービスに割り込まれ、捜査から外されてしまった。

現場には、ビバリーヒルズにあるテーマパーク「ワンダーワールド」のタオルが落ちていた。全ての謎を解く鍵はワンダーワールドにあると確信したアクセルは三度ビバリーヒルズへ飛び、連合特捜部隊の隊長に大出世して個室勤務の待遇となったビリーの支援を受け、捜査を始める。ワンダーワールドで行われていたこととは…。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版 テレビ朝日版
アクセル・フォーリー エディ・マーフィ 江原正士 下條アトム 山寺宏一
ビリー ジャッジ・ラインホルド 原康義 牛山茂 井上和彦
ジョン・フリント ヘクター・エリゾンド 寺島幹夫 富田耕生 羽佐間道夫
レヴィン ジョン・テニー
サージ(セルジュ) ブロンソン・ピンチョット 堀内賢雄 田原アルノ
エリス・デウォルド ティモシー・カーハート 大塚芳忠 山路和弘
ジャニス テレサ・ランドル 種田文子 沢海陽子 土井美加
フルブライト スティーブン・マクハティ 千田光男
ダグラス・トッド警部 ギル・ヒル

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Beverly Hills Cop III (1994) (英語). Box Office Mojo. 2010年2月18日閲覧。

関連項目 編集


テンプレート:ビバリーヒルズ・コップ シリーズ テンプレート:ジョン・ランディス監督作品

IMDb logo 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はビバリーヒルズ・コップ3にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki