FANDOM


ヒトラー 〜最期の12日間〜
Der Untergang
Hitler.jpg
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本 ベルント・アイヒンガー
製作 ベルント・アイヒンガー
出演者 ブルーノ・ガンツ
アレクサンドラ・マリア・ララ
音楽 ステファン・ツァハリアス
撮影 ライナー・クラウスマン
編集 ハンス・ファンク
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 2004年9月16日 ドイツの旗
2005年7月9日 日本の旗
上映時間 156分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
テンプレート:AUT
言語 ドイツ語ロシア語
製作費 €13,500,000
  

ヒトラー 〜最期の12日間〜』(ひとらー さいごのじゅうににちかん、原題:Der Untergang、英題:Downfall)は、2004年公開のドイツオーストリアイタリア共同制作による戦争映画。原題はドイツ語で「失脚」「没落」の意。旧約聖書、新約聖書に展開される最後の審判を指す。

概要 編集

アドルフ・ヒトラーの秘書を3年間務めた女性トラウドゥル・ユンゲの証言と映画と同名の研究書を下敷きに、1945年4月のベルリン陥落直前の総統官邸の人々、ベルリン市民やドイツ国防軍の軍人や、主に老人や子供で編成されたベルリン守備隊、そして独裁者アドルフ・ヒトラーを、総統地下壕を中心に生々しく描写したドキュメンタリータッチの作品である。内容は敗戦間際のヒトラーとその部下の動向、市内の混乱、そしてヒトラー自決後に総統官邸を脱出した人々が自決や逃げ惑うさまを描いている。

ドイツ圏の俳優が、本格的にヒトラーを演じるのはこの作品が初めてである。イギリスの大衆紙デイリー・テレグラフは、「ドイツはついに戦後のタブーを壊した」と伝え、世界中に賛否両論を巻き起こしヒット作となった。主演のブルーノ・ガンツスイス人なので、国籍的には「ドイツ人がヒトラーを演じた」というのは正確ではないが、そもそもヒトラー自身がオーストリア人であり、はからずもドイツ人とはどこまでを指すのかという問題に触れることにもなった。

映画の終わりに、最晩年のユンゲ本人が登場して「ヒトラーが怪物だった」ことを後で知ったと語っている[1]。そして彼女は、2002年に彼女へのインタビュー映画『Im toten Winkel - Hitlers Sekretärin』が初公開された翌日に死去した。その映画の中で彼女は「(映画、最後の~の描かれ方が)大げさ過ぎる」と語っている。

市街戦などのロケ地はドイツ国内では協力を得られなかったことから、当時のベルリンに近い雰囲気を持つサンクトペテルブルクが選択された。サンクトペテルブルクはソ連時代レニングラードと呼ばれ、第二次世界大戦中に激戦が繰り広げられた場所である(レニングラード包囲戦)。サンクトペテルブルクでのロケーションに出演したドイツ人役エキストラは現地のロシア人で占められている。

スタッフ 編集

原作文献 編集

キャスト 編集

日本語吹替はエクステンデッド・エディションでは未収録。

参考文献 編集

  • エレーナ・ルジェフスカヤ『ヒトラーの最期』小林一郎(訳)、合同出版、1965年
  • コーネリアス・ライアン『ヒトラー最期の戦闘』木村忠雄(訳)、朝日新聞社、1967年
  • 福島克之『ヒトラーのいちばん長かった日』光人社、1972年
  • 衣奈多喜男『敗北のヨーロッパ特電』朝日ソノラマ、1973年
  • ゲハルト・ボルト『ヒトラーの最期の十日間』松谷健二(訳)、TBS出版会、1974年
  • 新関欽哉『ベルリン最期の日』日本放送出版教会、1988年
  • 藤山楢一『一青年外交官の太平洋戦争』新潮社、1989年
  • 邦正美『ベルリン戦争』朝日新聞社、1993年
  • 20世紀の人物シリーズ編集委員会(編)『ヒトラー最期の真実』光文社、2001年

関連作品 編集

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 後に発売されたDVD版ではこの「怪物」発言のシーンが終わりではなく最初に挿入されている。また、特典映像として収録されている予告編やTVCMには、ユダヤ人から批判された作品であることもテロップで表される。
  2. ヒトラーの菜食主義を鼻で笑いヒムラーを扇動するシーンがあるが、史実では上司のヒムラーも菜食主義者だったばかりか、彼は農学に造詣の深い人物であった
  3. この映画について自伝の中で「大袈裟に誇張されている」と批判的である。ミシュは最近、「ゲッベルスの6人の子供たちもナチズムの犠牲者」と主張して、子供らのための慰霊碑を建設すべきと述べ、ドイツ国内で論議を呼んだ
  4. 本作にて人道的な人物として描かれているが、実際には強制収容所のハーブ農園建設のため100人以上の囚人を死に追いやったとされる。また親衛隊のために栄養食を開発しているが、300人の人間を人体実験で殺したともいわれている「DVD ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション」付属のブックレットより。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki