FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、1993年のアメリカ映画について記述しています。その他の用法については「パーフェクトワールド」をご覧ください。
パーフェクト・ワールド
A PERFECT WORLD
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ジョン・リー・ハンコック
製作 マーク・ジョンソン
デビット・バルデス
製作総指揮 バリー・レヴィンソン
出演者 ケヴィン・コスナー
クリント・イーストウッド
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ジャック・N・グリーン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年11月
日本の旗 1993年12月11日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 1億3510万ドル
アメリカ合衆国の旗3110万ドル
日本の旗1700百万円
  

パーフェクト・ワールド』(原題:A Perfect World)は、1993年アメリカ映画クリント・イーストウッドが監督、さらにケヴィン・コスナーと共に主演を務める。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD TV
ブッチ・ヘインズ ケヴィン・コスナー 津嘉山正種
レッド・ガーネット クリント・イーストウッド 山田康雄 黒沢年雄
フィリップ・ペリー T・J・ローサー 湯澤真伍 大谷育江
サリー・ガーバー ローラ・ダーン 一条みゆ希 深見梨加
テリー・ピュー キース・ザラバッカ 荒川太朗 立木文彦
トム・アドラー レオ・バーメスター 筈見純
グラディス・ペリー ジェニファー・グリフィン 野沢由香里

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

1963年秋のアメリカ合衆国テキサス州刑務所から脱獄したテリーとブッチは、逃走途中に民家へ押し入る。彼らは8歳の少年フィリップを人質に逃亡するが、ブッチはフィリップに危害を加えようとしたテリーを射殺し、2人で逃避行を続ける。

ブッチを追跡する警察署長のレッドは、少年時代のブッチを少年院に送った元保安官であり、それを契機に常習犯となったブッチに対して責任を感じ、己が手で彼を逮捕しようと思っていた。レッドの捜査には犯罪心理学者のサリーが同行、2人は反発しつつも徐々に打ち解けていく。

一方、宗教的に厳格な母子家庭で育ったフィリップと、彼に対して父親のように接するブッチとの間には友情が芽生えていく。自らの父がかつて1度だけよこしたアラスカからの絵ハガキを大事に携行していたブッチは、フィリップを連れてアラスカ(パーフェクト・ワールド)を目指す。

補足 編集

  • 山田康雄が吹き替えを担当したイーストウッド出演作は、山田の逝去により本作が最後となった。
  • 雑誌『SCREEN』での読者投票企画「ゴールデン・グランプリ」では『ジュラシック・パーク』を抑えて1993年度の作品部門第1位を獲得した。

テンプレート:クリント・イーストウッド監督作品bn:আ পারফেক্ট ওয়ার্ল্ড de:Perfect Worldes:Un mundo perfecto (película) fa:دنیای کامل fi:Täydellinen maailma (elokuva) fr:Un monde parfait (film) hr:Savršeni svijet it:Un mondo perfetto (film) nl:A Perfect World pl:Doskonały świat pt:Um Mundo Perfeito ru:Идеальный мир sh:A Perfect World sr:Савршен свет sv:A Perfect World zh:完美的世界

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki