FANDOM


バッファロー'66
Buffalo '66
Buffalo.jpg
監督 ヴィンセント・ギャロ
脚本 ヴィンセント・ギャロ
アリソン・バグノール
クリス・ハンレイ
製作 クリス・ハンレイ
出演者 ヴィンセント・ギャロ
クリスティーナ・リッチ
音楽 ヴィンセント・ギャロ
撮影 ランス・アコード
配給 ライオンズゲート
公開 1998年6月26日 アメリカ合衆国の旗
1999年7月3日 日本の旗
上映時間 110分
製作国 アメリカ
言語 英語
製作費 $1,500,000
  

バッファロー'66』(バッファロー シックスティ シックス、Buffalo '66)は1998年製作のアメリカ映画である。ヴィンセント・ギャロ監督、脚本、主演。

俳優ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・音楽・主演の4役をこなしたオフビートな人間ドラマ。最初はミニシアターで公開され、独特の色彩感覚やカメラワークで一部の映画ファンにカルト的な人気を誇っている。

ストーリー 編集

5年の刑期を終え、刑務所から釈放されたビリー(ギャロ)は、ニューヨーク州バッファローの実家に戻ろうするが、両親には刑務所にいたことは話しておらず、電話で「政府の仕事で遠くまで行っていた」と偽り、さらに勢いで「女房を連れて帰る」と嘘を並べてしまう。

女房どころかガールフレンドもいないビリーは、トイレを借りた建物の中のダンス教室でレッスン中だった少女レイラ(リッチ)を拉致し、自分の妻のふりをするよう強要する。最初は反抗していたレイラも、共に過ごすうちにビリーの純粋さを理解し、次第に愛情を抱くようになる。しかしビリーには実家に戻るだけでなく、バッファローで他に真の目的があった。

キャスト 編集

サウンドトラックに使用されたアーティスト 編集


執筆の途中です 「この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみてくれ!画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になるぞ。」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki