FANDOM


バタフライ・エフェクト
The Butterfly Effect
Butterfly.jpg
監督 エリック・ブレス
J・マッキー・グラバー
脚本 エリック・ブレス
J・マッキー・グラバー
製作 クリス・ベンダー
A・J・ディックス 他
出演者 アシュトン・カッチャー
音楽 マイケル・サビー
編集 ピーター・アマンドソン
配給 Flag of the United States ニュー・ライン・シネマ
Flag of Japan アートポート
公開 2004年1月23日 Flag of the United States
2005年5月14日 Flag of Japan
上映時間 114分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 $57,940,000[1] Flag of the United States
$96,060,858[1] (全世界)
次作 バタフライ・エフェクト2
  

バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。日本では2005年5月に公開された。カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。2006年には続編『バタフライ・エフェクト2』が公開された。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
エヴァン アシュトン・カッチャー 渋谷茂
ケイリー エイミー・スマート 大坂史子
トミー ウィリアム・リー・スコット 勝杏里
レニー エルデン・ヘンソン 鶴岡聡
アンドレア メローラ・ウォルターズ 玉川砂記子
ジョージ エリック・ストルツ 成田剣

あらすじ 編集

時折、記憶を喪失する少年だったエヴァン。成長してからはその症状も無くなったのだが、ある日、その治療のために小さい頃から書いていた日記を読むと過去に戻れる能力がある事を知る。自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまった事を悔やみ、過去に戻り運命を変える事を決意する。しかし、過去に戻り、選択肢を変えることにより新たに始まる人生は、ことごとく、彼を含め彼の愛する人の誰かが、幸せではなかった。エヴァンは、自分とその周りの人々が、全員幸せになる人生を求め、戻るべき過去の時点と、その選択肢を模索する。

別エンディングについて 編集

公開版とは異なるエンディングが3通り存在する。レンタルDVDにはラストカットのみ異なる2つのバージョン、セルDVDには全く別のエンディングで終わるディレクターズカット版が封入されている。

スタッフ 編集

  • 監督・脚本:エリック・ブレス/J・マッキー・グラバー
  • 製作:クリス・ベンダー 他
  • 製作総指揮:トビー・エメリッヒ/リチャード・ブレナー/アシュトン・カッチャー 他
  • 音楽:oasis
  • 撮影:マシュー・F・レオネッティ
  • 編集:ピーター・アマンドソン
  • 日本語版演出:鍛治谷功

脚注 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki