FANDOM


ハリー・ポッターシリーズ > ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

テンプレート:ウィキプロジェクト ハリーポッターシリーズハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(ハリー・ポッターとふしちょうのきしだん、原題: Harry Potter and the Order of the Phoenix)は、J・K・ローリング2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第5巻である。

概要 編集

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生となったハリー・ポッターが、真実を受け入れようとしない魔法省と対立しながら、ヴォルデモートの謀略を阻止するまでの1年間を描く。

あらすじ 編集

夏休み、路地を歩いていたハリーとダドリー・ダーズリーは、突如として現れた吸魂鬼に襲われる。ハリーは魔法を使って窮地を脱するが、魔法省は、未成年の魔法使いは、自衛以外の魔法の使用を禁じられているとして、ハリーをホグワーツ魔法魔術学校から退学させようとする。だが、魔法省とアルバス・ダンブルドアの話し合いの結果、退学処分の是非については後日、魔法省で行われる懲戒尋問によって決定されることとなった。

その後ハリーは、ハリーを迎えに来た不死鳥の騎士団のメンバーと共にダーズリー家を発つ。向かった先は騎士団の本部、ブラック邸であった。そこにはシリウス・ブラックやウィーズリー一家、ハーマイオニー・グレンジャーといった面々がいた。そして到着した夜、ハリーは騎士団のメンバーから、ヴォルデモートが「極秘にしか手に入らないもの」を探していることを聞かされる。

8月12日、ハリーの尋問が行われる。尋問官として、魔法大臣コーネリウス・ファッジ、魔法法執行部部長アメリア・ボーンズ、上級次官ドローレス・アンブリッジが、被告側の証人としてダンブルドアとアラベラ・フィッグが出席。尋問の結果、ハリーが自衛の為に魔法を使ったことが証明され、ハリーは無罪放免となる。

夏休み終盤、ロン・ウィーズリーとハーマイオニーがグリフィンドール寮の監督生に選ばれる。これによりホグワーツ特急では2人とコンパートメントが別になるが、ハリーは新たにルーナ・ラブグッドと出会う。ホグワーツに到着すると、そこにはルビウス・ハグリッドの姿はなく、更に「闇の魔術に対する防衛術」の教授にアンブリッジが就任していた。

アンブリッジの授業は「防衛術の理論」という本を読ませ、実技を全く扱わないというものだった。これについてハリー、ロン、ハーマイオニーは、シリウスから「魔法省は、ダンブルドアが学生を率いて私設軍団を組織するのを阻止する為、アンブリッジを派遣して学生に闘う訓練をさせないようにしている」という話を聞く。これを受けてハーマイオニーは、学生たちで「闇の魔術に対する防衛術」の実技を学ぶこと、その教師役をハリーが務めることを提案、ダンブルドア軍団(通称DA)が結成される。

一方でアンブリッジはホグワーツ高等尋問官に就任し、シビル・トレローニーを停職にするなど、魔法省の力を背景に権力を振るう。

また寮対抗クィディッチ試合では、3巻を最後にオリバー・ウッドがホグワーツを卒業した為、彼の後任としてロンがグリフィンドール代表チームのキーパーになる(キャプテンにはアンジェリーナ・ジョンソンが就任)。しかしグリフィンドール対スリザリン戦の終了後、ドラコ・マルフォイがウィーズリー一家やハリーの母親を侮辱、これに反応してドラコに殴りかかったハリーとフレッドとジョージ・ウィーズリーは、アンブリッジによって終身クィディッチ禁止令を出されてしまう。

そしてその日の午後、ついにハグリッドが戻って来たことを知り、早速彼のもとを訪れる。

切り傷だらけなハグリッドの姿を見て、ハリー達は愕然とする。巨人への友好を求めに行っていたハグリッドはその理由を話した。途中で巨人の長が変わったため、はっきりとした良い成果が出たわけではないという。だがどうしてそこまで惨めな姿に…?半人間を憎むアンブリッジはハグリッドを首にしようと目論んでいるため、ハーマイオニーは心配する。

後日、アズカバンから死喰い人が10人脱獄したという恐ろしいニュースが入り、DAにも活が入る。その中には、ネビル・ロングボトムの両親を廃人にしたとされるベラトリックス・レストレンジも含まれていた。そしてハリーは、先学期死んでしまったセドリック・ディゴリーの恋人、チョウ・チャンと付き合うこととなる。

o.w.lの試験(通称ふくろう、普通レベル魔法試験)の途中、ハリーはシリウスが拷問される夢を見て、ハリー、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニー・ウィーズリー、ルーナと共に夢に出てきた魔法省の神秘部へと向かう。12個の回る部屋、謎の石のアーチの部屋、時計の部屋などいろいろな場所があり、ついにハリーは、「武器」である「予言」を見つける。だが同じく予言を手に入れるため、そこには死喰い人も現れた。戦いになるが敵は多く、六人の力では歯が立たない。しかし、そこに不死鳥の騎士団のメンバーが助けに来る。だが交戦中、予言は砕かれてしまった。そしてその直後、シリウスの胸にベラトリックスの放った呪文が当たり、アーチのベールの彼方に行ってしまう。帰ってこないシリウス。怒りと悲しみで見境のなくなっていたハリーは、ベラトリックスを殺そうとする。その後、ダンブルドアが現れ、死喰い人を捕らえて神秘部の戦いはダンブルドアのおかげで勝利する。だが、トンクス、シリウス、キングズリーを倒していたベラトリックスを逃がしてしまう。

その後、ハリーはアトリウムでベラトリックスを追い詰めるが、ヴォルデモート本人が現れ、ハリーを殺そうとする。だが現れたダンブルドアとヴォルデモートが決闘をするが、ダンブルドアの腕には及ばず、ヴォルデモートは負け、ベラトリックスと共に逃亡する。その後、ハリーは校長室で予言の内容を知る。ヴォルデモートが復活した事を自分の目で見たコーネリウス・ファッジが公に発表する。

教育令 編集

この巻では、魔法省からホグワーツに対して「教育令」が何度か公布・施行された。

教育令第22号
ホグワーツ魔法魔術学校の校長が空席の教授職に候補者を用意することができなかった場合、魔法省がその人選を行う。
この教育令により、アンブリッジは「闇の魔術に対する防衛術」の教授に就任した。
教育令第23号
ホグワーツ高等尋問官を新たに設ける。
ホグワーツ高等尋問官は、同僚の教師を査察する権利を有し、教師たちが魔法省の要求する基準を満たしているかどうかを判断する。基準を満たしていないと判断された場合、ホグワーツ高等尋問官はその教師を停職・解雇することができる。
ホグワーツ高等尋問官に就任したアンブリッジは、作中でシビル・トレローニールビウス・ハグリッドセブルス・スネイプを停職とし、トレローニーについては解雇している(ホグワーツ城から追い出そうとしたが、それはダンブルドアに阻止される)。ただしスネイプの停職については彼がアンブリッジの指示に従わなかったがゆえの処置であり、このことからも分かるように非常に恣意的な省令である。
教育令第24号
これに則って告示された「ホグワーツ高等尋問官令」によって、ホグワーツにおける各種団体、チーム、クラブなどは一旦解散させられ、ホグワーツ高等尋問官から再結成の許可を受けなければならなくなった。なお、この省令に違反した場合は退学処分となる。
この法令が公布される2日前、魔法省が嫌う「闇の魔術に対する防衛術」の実技訓練を目的とした秘密組織が結成されており、その報告を受けたアンブリッジと魔法省が組織の解散を狙って急遽制定を図ったと思われる。
また、寮対抗クィディッチ試合の代表チームもこの省令に該当したが、この時、スリザリン代表チームは再結成申請直後に許可が下りたのに対し、グリフィンドール代表チームはなかなか許可が下りなかった。
教育令第25号
ホグワーツ高等尋問官は、ホグワーツの生徒に関する処罰、制裁、特権の剥奪に最高の権限を持つ。
この省令によりアンブリッジは、他の教職員が命じた処罰、制裁、特権の剥奪を変更することができるようになった。

テンプレート:ネタバレ終了

映画 編集

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter And The Order Of The Phoenix
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 マイケル・ゴールデンバーグ
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ロビー・コルトレーン
レイフ・ファインズ
マイケル・ガンボン
ブレンダン・グリーソン
リチャード・グリフィス
ジェイソン・アイザックス
ゲイリー・オールドマン
アラン・リックマン
フィオナ・ショウ
マギー・スミス
イメルダ・スタウントン
デヴィッド・シューリス
エマ・トンプソン
デイビッド・ブラッドリー
ワーウィック・デイヴィス
トム・フェルトン
ロバート・ハーディー
ジョージ・ハリス
ナタリア・テナ
ジュリー・ウォルターズ
マーク・ウィリアムズ
音楽 ニコラス・フーパー
撮影 スワヴォミール・イジャック
編集 マーク・デイ
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2007年7月13日
日本の旗 2007年7月20日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $938,212,738[1]
前作 ハリー・ポッターと
炎のゴブレット
次作 ハリー・ポッターと
謎のプリンス
  

日本では2007年7月20日に公開された。

ワールド・プレミア及び世界最速上映は6月28日に東京・六本木ヒルズ内にて行われ、それに際して、ダニエル・ラドクリフが2度目の来日をした。一部のシーン(約20分間)を3次元映像化したIMAX 3D版も制作された。

原作の長さはシリーズ最長だが、サブストーリーが極端に削り落とされた為、映画の長さは短い。

スタッフ 編集

キャスト 編集

原作との相違点編集

  • ハリーとチョウ・チャンが決裂する場面が削除
  • ダンブルドア軍団の存在が発覚して部屋がアンブリッジに見つかる理由が変更
  • ロンのクィディッチが削除

日本におけるキャッチコピー編集

  • ハリーの本当の秘密、解禁。

邦題について 編集

出版元の静山社は、最初、『ハリー・ポッターと不死鳥の勲章』との仮題を発表していたが、後に『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と改めた。

変更の原因となったorderについては多数の訳語があるため、無難な「不死鳥の勲章」として仮題を発表した。orderは「騎士団」のほか、同時にその構成員である事を示す「記章(勲章)」の意であり、「騎士団勲章」の意で使われる事も多い(例:ガーター勲章/The Order of the Garter)。ハリー・ポッターシリーズにおける「マーリン勲章」も原文では「Order of Merlin」である。

その後、原書第5巻が発売され、4章でハーマイオニーがsecret society(邦訳:秘密同盟)の意であると説明している等、作品内での意味が判明すると、邦題も変更された。

ゲーム 編集

テンプレート:節stub エレクトロニック・アーツより5機種で発売されている。

ニンテンドーDS版、プレイステーション2版、プレイステーション3版、Xbox 360版は2007年11月22日発売。Wii版は2007年8月2日に発売された。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Harry Potter And The Order Of The Phoenix (2007). Box Office Mojo. 2009年11月29日閲覧。
  2. ヘレン・マックロリーが演じる予定だったが、妊娠のため降板

テンプレート:ハリー・ポッターシリーズ テンプレート:2007年日本週末興行収入1位の映画テンプレート:Link GA

ar:هاري بوتر وجماعة العنقاء az:Harri Potter və Simurq Ordeni (kitab) bg:Хари Потър и Орденът на феникса bn:হ্যারি পটার অ্যান্ড দ্য অর্ডার অফ দ্য ফিনিক্স bs:Harry Potter i Red feniksa ca:Harry Potter i l'orde del Fènix cs:Harry Potter a Fénixův řád da:Harry Potter og Fønixordenen de:Harry Potter und der Orden des Phönix el:Ο Χάρι Πότερ και το Τάγμα του Φοίνικαeo:Hari Poter kaj la Ordeno de la Fenikso es:Harry Potter y la Orden del Fénix et:Harry Potter ja Fööniksi ordu eu:Harry Potter eta Fenixaren Ordena fa:هری پاتر و محفل ققنوس fi:Harry Potter ja Feeniksin kilta fr:Harry Potter et l'Ordre du phénix fy:Harry Potter and the Order of the Phoenix gl:Harry Potter e a Orde do Fénix he:הארי פוטר ומסדר עוף החול hi:हैरी पॉटर और मायापंछी का समूह hr:Harry Potter i Red feniksa hu:Harry Potter és a Főnix Rendje id:Harry Potter dan Orde Phoenix it:Harry Potter e l'Ordine della Fenice ka:ჰარი პოტერი და ფენიქსის ორდენი kn:ಹ್ಯಾರಿ ಪಾಟರ್ ಅಂಡ್ ದಿ ಆರ್ಡರ್ ಆಫ್ ದಿ ಫೀನಿಕ್ಸ್ ko:해리 포터와 불사조 기사단 lt:Haris Poteris ir Fenikso brolija lv:Harijs Poters un Fēniksa Ordenis mk:Хари Потер и Редот на фениксот ml:ഹാരി പോട്ടർ ആന്റ് ദി ഓർഡർ ഓഫ് ദ ഫീനിക്സ് mn:Харри Поттэр ба Фениксийн бүлгэм mr:हॅरी पॉटर अँड ऑर्डर ऑफ फिनिक्स ms:Harry Potter dalam Kumpulan Phoenix nl:Harry Potter en de Orde van de Feniks (boek) no:Harry Potter og Føniksordenen pl:Harry Potter i Zakon Feniksa pt:Harry Potter e a Ordem da Fênix qu:Harry Potter phinikspa ñiqinwan ro:Harry Potter și Ordinul Phoenix ru:Гарри Поттер и Орден Феникса sh:Harry Potter i Red feniksa simple:Harry Potter and the Order of the Phoenix sk:Harry Potter a Fénixov rád (kniha) sl:Harry Potter in Feniksov red sq:Harry Potter dhe urdhri i Feniksit sr:Хари Потер и Ред феникса sv:Harry Potter och Fenixorden ta:ஹரி பொட்டர் அன்ட் த ஆடர் ஆப் த ஃபீனிக்ஸ் (நாவல்) te:హ్యారీ పాటర్ అండ్ ది ఆర్డర్ ఆఫ్ ది ఫినిక్స్ th:แฮร์รี่ พอตเตอร์กับภาคีนกฟีนิกซ์ tl:Harry Potter and the Order of the Phoenix tr:Harry Potter ve Zümrüdüanka Yoldaşlığı tt:Гарри Поттер һәм Феникс ордены uk:Гаррі Поттер і Орден Фенікса vi:Harry Potter và Hội Phượng Hoàng zh:哈利·波特与凤凰社

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki