Fandom

IMDb Wiki

ネメシス/S.T.X

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ネメシス/S.T.X
Star Trek Nemesis
監督 スチュアート・ベアード
脚本 原案:
ジョン・ローガン
リック・バーマン
ブレント・スピナー
脚本:
ジョン・ローガン
製作 リック・バーマン
製作総指揮 マーティ・ホーンスタイン
出演者 パトリック・スチュワート
ブレント・スパイナー
ジョナサン・フレイクス
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
編集 ダラス・プエット
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月13日
日本の旗 2003年4月12日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $67,312,826[1]
前作 スタートレック 叛乱
次作 スター・トレック
  

ネメシス/S.T.X』(Star Trek: Nemesis)は、『スタートレック』シリーズの映画2002年12月13日にアメリカ合衆国で公開された。日本での公開は2003年4月12日。

スタートレックシリーズでは第10作目、その中のTNGシリーズとしては第4作目となる。現在のところTNG最終作で、TNGの完結篇となりうるよう作られており[2]、何人かのメインキャラクターとの別れが描かれる。

過激なアクションシーンとCG、STシリーズ初登場のレムス人(惑星レムスはTOSから言及があったが初めて詳細が明かされた)や新型ウォーバード「シミター」(遮蔽装置を使用した状態で攻撃できる)などが見所である(遮蔽装置を使用しながら攻撃できる艦は映画「ST6」の新型クリンゴン戦闘艇があるが、以降は全く触れられていない。この事は遮蔽装置の項に詳しいので参照)。

タイトル編集

ネメシス」とはローマ神話の神罰の女神だが、劇中にネメシスという言葉は表れない。

原題はスタートレックシリーズで伝統的な「Star Trek: ***」の形である。邦題は前作までの慣例なら「スタートレック ネメシス」となるところだが、劇場公開タイトルではスタートレックが省かれ「ネメシス」がメインになっている。ただしDVDのタイトルは「スター・トレック ネメシス」である。

邦題サブタイトルの「S.T.X」(STX) は、前作までのST2ST9にあたる通称である(Xはローマ数字の10)。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 惑星ロミュラスロミュラン帝国でシンゾンによるクーデターが発生したころ、地球では惑星連邦宇宙艦エンタープライズの副長だったライカーと、カウンセラーのトロイとの結婚式が行われていた。

エンタープライズはトロイの故郷の惑星へ向かう途上でロミュランとの中立地帯近くから発せられる陽電子波(ポジトロニックサイン)を感知、データのプロトタイプで兄とも言えるアンドロイド「B-4」を発見する。B-4は修理されデータの記憶を与えられるが、うまく記憶できない。

その直後、エンタープライズにロミュラン帝国との和平交渉の任務が下る。ロミュラスへと到着したピカードはロミュランの新総督シンゾンがピカードのクローンであることを知る。ピカード艦長とシンゾンの交渉は進み、惑星連邦とロミュラン帝国との距離は縮まったかのように見えた。

しかしシンゾンは、B-4を利用して艦隊の機密を盗み、さらに、シンゾンの乗艦シミターを訪れていたピカードとデータを拉致した。ピカードらはなんとか脱出し、B-4は停止させられた。また、シンゾンの目的が、病気の治療のためピカードから骨髄移植を受けることと、シミターに搭載したセラロン放射線発射装置を使って地球の全生物を滅ぼすことだと明らかになる。

エンタープライズが地球防衛のための配備に向かう途中、ピカードを狙うシンゾンがシミターで襲撃してきた。双方とも甚大な被害を受け、シンゾンはピカードの奪取を断念しエンタープライズにセラロン放射線を放とうとする。

ピカードが阻止のため単身シミターに転送されるが、直後に転送装置が故障し帰還が不可能になり、データが宇宙遊泳で後を追う。ピカードはシンゾンを倒すが、武器を失いセラロン発射装置を破壊できない。そこへ駆けつけたデータが緊急転送装置でピカードを強引にエンタープライズへ送り返し、発射装置を破壊してシミターごと爆発させた。

エンタープライズは地球近傍で修理を受け、出航が近づいてきた。ライカーとトロイは新たな任務を受けエンタープライズを去り、データもいない。しかし、データの記憶を受け継いだB-4が乗船していた。

キャスト 編集

演出 編集

削除シーン編集

いくつかの削除シーンがあり、撮影されたが編集でカットされたシーンの一部がDVDの特典映像として収録されている。

  • 脚本段階では、ウェスリーU.S.S.タイタンでの任務を受けエンタープライズを去ることになったと説明されるシーンがあった。(DVD未収録)
  • シンゾンが早い段階で姿を見せるシーンがあったが、シンゾンの容姿が明らかになってしまうためカットされ、ピカードらの前に現れるシーンが初登場となった。(DVD収録)
  • ENT第3シーズンでヘイズ少佐を演じたスティーブン・カルプが、ライカーの後任としてエンタープライズEの副長に任命されたマッデン中佐を演じてエピローグの一部が撮影されたが、公開時にはマッデン中佐の登場シーンは全て削除されてしまった。マッデンはライカーのいたずらに引っ掛かり、初対面でピカード艦長をファーストネームで呼び捨てにしてしまう。(DVD収録)

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Star Trek: Nemesis (2002) (英語). Box Office Mojo. 2010年4月1日閲覧。
  2. DVD特典映像

外部リンク 編集

テンプレート:スタートレック

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はネメシス/S.T.Xにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki