FANDOM


トータル・リコール
Total Recall
監督 ポール・バーホーベン
脚本 ロナルド・シュゼット
ダン・オバノン
ゲイリー・ゴールドマン
製作 バズ・フェイシャンズ
ロナルド・シュゼット
製作総指揮 マリオ・カサール
アンドリュー・G・ヴァイナ
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
シャロン・ストーン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヨスト・ヴァカーノ
編集 カルロス・プエンテ
フランク・J・ユリオステ
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
トライスター・ピクチャーズ
配給 Flag of the United States コロンビア映画
Flag of Japan 東宝東和
公開 Flag of the United States 1990年6月1日
Flag of Japan 1990年12月1日
上映時間 113分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 $119,394,840[1] Flag of the United States
$261,299,840[1] Newworldmap
  

トータル・リコール』(原題: Total Recall)は、1990年アメリカ映画フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』(We Can Remember It for You Wholesale)を映画化したSF映画である。

アカデミー賞では視覚効果賞および特別業績賞(視覚効果)を受賞。音響効果賞、録音賞にもノミネート。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 近未来のことである。ダグラス・クエイドはごく普通の建設労働者。美人の妻ローリーとは熱烈な恋愛の後、結婚してすでに8年になる。妻は彼に対して愛情たっぷりである。だがクエイドは毎夜、火星の夢に悩まされていた。行ったことなど無いはずなのに、何かひっかかるものがある。クエイドの「火星に移住したい」という思いは募る。

この時代、多くの人類が火星に居住している。しかし火星は酸素が薄く、マスク無しでは建物の外に出られないという過酷な環境である。「火星植民地では強権的なエネルギー採掘会社と反乱分子との間で紛争が絶えない」とのニュースが連日テレビに流れている。クエイドは妻に火星移住の願望を伝えるが反対されてしまう。列車内で偶然「旅行の記憶を売る」というリコール社(Rekall)の広告を見た彼は、実際に火星に行くかわりに、リコール社で火星旅行の記憶を得ようと思いつく。同僚の労働者ハリーにリコール社を利用する考えを話すが、ここでも反対される。だが、クエイドは同社へ出向く。

旅行の記憶には多数のオプションがあり自由に選べる。彼は『秘密諜報員として火星を旅する』というコースを選び、旅先で出会う女性も、ローリーとは全く異なるタイプに決める。記憶操作装置のイスに座り注射を打たれ、意識が遠のいてゆく。

突然、クエイドは彼らしくない言葉をわめきながら暴れだす。しかし、リコール社の社員はまだ記憶の植えつけ処置を行っていない。何者かによって抑圧・隠蔽されていた記憶がクエイドの内に蘇ってきたのだろうか? だとしたら記憶を隠蔽したのは誰なのか? トラブルに巻き込まれることを恐れるリコール社の社員は咄嗟にクエイドに麻酔をかけ、リコール社に来た記憶自体を消す処置をし、何事も無かったかのようにタクシーに乗せ帰宅させた。

だが、それからはクエイドの身に不可解なことが次々と起こりはじめる。リコール社からの帰宅途中で出会った同僚のハリーに、火星旅行の件について尋ねられ、(記憶を消されたので)「何のことか知らない」と答えると、謎のグループに襲われてしまう。が、一般人であるはずのクエイドが、何故かその全員を倒し、危うく難を逃れる。やっとの思いでたどり着いた自宅で、ローリーに対して「同僚のハリーに襲われたものの撃退した」と告げ、返り血を洗面所で洗い居間に戻ると、部屋は暗く、侵入した何者かが激しく銃撃してくる。クエイドが犯人を取り押さえてみると、それはローリーであった。問い詰められたローリーは「自分がクエイドの妻だというのは彼に植えつけられた偽の記憶。結婚生活の思い出も全てニセモノであり、自分は妻ではなく、クエイドの監視役である」と白状する。混乱するクエイド。

そしてそこにリクターとその部下たちが迫ってくる。彼は、ローリーから銃を奪うとそのまま地下鉄へと逃げ込んだ。だが、銃を持っていたことがあだとなって探知機に引っ掛かり警備員に危うく拘束されそうになる。その後方からは、リクターたちが迫って来ていた。咄嗟にクエイドは探知機の硝子を突き破って警備員を怯ませて逃亡する。しかし、リクターたちを振り切ることは出来ず、人ごみのエスカレーターで追い詰められてしまう。リクターたちは一般人にお構いなしにクエイドを射殺しようと試みるが、ここでもクエイドは巻き添えになった一般人の死体を盾にして攻撃をかわしつつ反撃して、あっという間にリクターの部下を全滅させる。後ろから迫るリクター目がけて死体を投げつけて足止めし、クエイドは発車中の電車に飛び乗り、間一髪リクターを振り切った。その電車で近くの駅で降りたクエイドは謎の男からカバンを受取る。その中のパソコンのモニターに、クエイドと全く同じ顔をしたハウザーと名乗る男性が現れ、「クエイドとは、ハウザーが事情により記憶を消された仮の姿である」と語り、そうなった背景や倒すべき相手について説明する。カバンには金や偽造身分証も入っており、クエイドはそれを使い火星に向かう。

火星では、以前夢で見たことのある黒髪の女性メリーナに出会う。メリーナはクエイドをハウザーと呼ぶが、クエイドはハウザーだった過去を思い出せない。

宿泊しているホテルの部屋に突然見知らぬ男と妻が現れ、「クエイドは現実には火星にはおらず、実はまだリコール社の椅子に座って夢を見ている。全てはリコール社の椅子の上の夢で始まった事であり、夢から覚めるための錠剤を呑め」と言う。クエイドは男を疑い、射殺。すると、妻が本性を現し、直後に妻の部下たちによって捕えられ拉致されかける。だが、突然メリーナが現れてクエイドを救う。妻とその部下達を射殺したクエイドとメリーナは逃亡する。

苦労の末、反乱分子の首領であるミュータントのクワトーと出会い、その超能力により記憶の一部を取り戻す。「火星には50万年前にエイリアンが作ったリアクターがあり、それを使って酸素を作り出せる(テラフォーミング )。だが、酸素ができると採掘業者による支配の邪魔になるため、その事実は伏せられている。」

しかし、裏切り者による罠にはまり、クワトーは殺され、クエイドは採掘会社総督のコーヘイゲンのもとに連行される。コーヘイゲンは「ハウザーは自分の部下であり、クワトーの居所をつかむため、記憶を消しクエイドとして地球へ送りこんだ」と語り、リコール社と同様の装置でクエイドをハウザーに戻そうとする。

反乱分子に共感していたクエイドは装置から脱出し、銃撃戦の末、リアクターを作動させる。火星は酸素に包まれ、火星の民衆は圧制から解放された。クエイドは「これも夢かもしれない」と思いつつも、メリーナとキスをする。

映画全体が夢であったか 編集

映画およびDVD版は上のシーンで終了するが、日本語吹き替えVHSビデオ版では日本語版スタッフの手で「全ては夢(装置による記憶)だった」というカットが加えられる。ピアズ・アンソニイによるノベライズでは、キスの前に「リコール社が提供した夢である」ことを明示するセリフがある。DVDの音声解説によるとこれは破棄された設定ではなく、ホワイトアウトによる映画のラストシーンは「夢であった」という事を示唆している。「夢なのか現実なのか、作品内では明確な答えを出さず、受け手側の想像に委ねる」という形は、映画スタッフの狙いでもある。バーホーベンは明確に「夢であった」としている。

テンプレート:ネタバレ終了

キャスト 編集

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
ダグラス・クエイド/ハウザー アーノルド・シュワルツェネッガー 屋良有作 玄田哲章
メリーナ レイチェル・ティコティン 戸田恵子 弥永和子
ローリー シャロン・ストーン 高島雅羅 小山茉美
コーヘイゲン ロニー・コックス 家弓家正 中村正
リクター マイケル・アイアンサイド 内海賢二 羽佐間道夫
ジョージ/クワトー マーシャル・ベル 池田勝 麦人吉水慶
ベニー メル・ジョンソン・Jr 田中亮一 樋浦勉
エッジマー ロイ・ブロックスミス 筈見純 阪脩
マクレーン レイ・ベイカー 有本欽隆 小川真司
ヘルム マイケル・チャンピオン 稲葉実 大塚芳忠
アーニー デビッド・ネル 島田敏
  • 日本語版1 - ビデオ・DVD
  • 日本語版2 - 初回放送1992年4月5日(日)テレビ朝日『日曜洋画劇場
    制作 - ニュージャパンフィルム 翻訳 - 平田勝茂 演出 - 蕨南勝之 効果 - 佐藤良介 調整 - 蝦名恭範 プロデューサー - 猪谷敬二

エピソード 編集

主演のシュワルツェネッガーが2003年カリフォルニア州知事選挙出馬を決めたのは、当時の州知事であるグレイ・デイヴィス(Gray Davis)がリコールされたことが直接のきっかけであったが、それを報じた現地のタブロイド紙の見出しは “Total Recall” であった。

日本公開直前に小学館の学習雑誌「小学六年生」にダイジェスト版としてコミカライズされている。主に登場するのはクエイド、メリーナ、コーヘイゲンで、リコール社やローリーなどは登場しない。クワトーもセリフはあるが姿は影に包まれたものとなっている。エンディング以外の全編を駆け足で書いた作品になっている。

出典 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Total Recall (1990). Box Office Mojo. 2010年8月23日閲覧。

関連項目 編集

テンプレート:ポール・バーホーベン監督作品

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はトータル・リコールにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki