Fandom

IMDb Wiki

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

テンプレート:未検証 テンプレート:公開前の映画

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Transformers: Dark of the Moon
監督 マイケル・ベイ
脚本 アーレン・クルーガー
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
トム・デサント
ドン・マーフィ
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
マイケル・ベイ
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー
撮影 アミール・モクリ
編集 ロジャー・バートン
ウィリアム・ゴールデンバーグ
ジョエル・ネグロン
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
世界の旗 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年7月1日
日本の旗 2011年7月29日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 トランスフォーマー/リベンジ
  

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(原題: Transformers: Dark of the Moon)は、2011年7月に公開されるマイケル・ベイ監督による実写版「トランスフォーマー」シリーズの第3作。シリーズで初の3D映画

概要 編集

前作、前々作にあったコメディ要素は封印されるという[1]。これまでヒロインのミカエラを演じたミーガン・フォックスは降板。ロージー・ハンティントン=ホワイトリーがミカエラに代わるヒロインとしてカーリーを演じる。

ディセプティコン側として、セイバートロンの実質的な統治を任されていたショックウェーブが登場。『ザ・ムービー』以来25年振りに主要参謀格(航空・情報・防衛)が登場する事となる[2]

プレミス(基礎案) 編集

前作にてトランスフォーマーの存在が公となり数年、オートボット及びNESTとディセプティコンとの戦いの激化に伴う被害によりオートボットの非難運動が起こり始め、オートボットとNESTの面々は苦境に立たされる。

物語はパート1より時間を遡り、アポロ11号による月面到着から始まる。

登場人物 編集

人間 編集

トランスフォーマー 編集

オートボット 編集

オプティマス・プライム(ピータービルト・379・トレーラートラック)
声 - ピーター・カレン
本作ではG1のようにコンテナを牽引する。シカゴ、フロリダロケより。
バンブルビー(シボレー・カマロ5th・カスタムモデル)
前2作に続き、本作でもリニューアルしている。ワシントンロケにて撮影用車両の1台が撮影中に事故に遭った(carviewニュースより ) 。
アイアンハイド(GMCトップキック・C4500)
ラチェット(ハマーH2レスキュー車)
本作ではカラーリングを全面的に変更された。シカゴ、フロリダロケより。
サイドスワイプ(シボレー・コルベット・スティングレイコンセプト・コンパーチブル)
本作ではコンパーチブル仕様(オープンカー)になっている。
ザ・ツインズ(スキッズ&マッドフラップ)(シボレー・スパーク)
本作ではツインズは同じ車両の色違いとなっている(黒のボディでスキッズが緑、マッドフラップが橙のストライプ)。フロリダロケより。
センチネル・プライム(ローゼンバウアー パンサー・6x6 化学消防車)
声 - レナード・ニモイ
オプティマスと同じくプライムの生き残りでオートボットとディセプティコンの双方にその名が知られる伝説的戦士(バイオカードの記述より、ちなみに古代プライムの記述はなし)。
レッカーズ(ロードバスター・トップスピン・リードフット)(シボレー・インパラ ナスカー仕様)
緑のロードバスター、青のトップスピン、赤のリードフットの3体からなる。重武装化された車の形態をとっている。シカゴロケより。
ミラージュ(フェラーリ・458・イタリア)
名前は玩具スピードスターズより判明
?(メルセデスベンツ・E550)
アインシュタイン博士に似た顔立ちのオートボット(シカゴロケではQと呼称されていた)
シルバーボルト(?)

ディセプティコン 編集

メガトロン(マックトラック タンカートラック)
本作にて地球のタンカートラックをスキャン。
スタースクリーム(ロッキード・マーティン F-22ラプター)
声 - チャーリー・アドラー
サウンドウェーブ(メルセデスベンツ・SLS)
声 - フランク・ウェルカー
本作では地球上に降下、車をスキャン。ヴィークル形態はゲーム版のPVより判明。
ショックウェーブ(エイリアンタンク)
セイバトロン星にいるディセプティコンの本隊をメガトロンに代わって統治していた。
バリケード(サリーンS281エクストリーム パトカー
新たな武器を装備して登場しているが、同型の別の個体である可能性もあり。
クランクケース(シボレー・サバーバン)
ディセプティコン・ウォリアー。複数体登場する。(ロケのオートボットとのチェイスシーンで複数のシボレー・サバーバンが確認されていた)
バザード
G1のレイザービーク(コンドル)を思わせる鳥型を模したディセプティコン。名前は玩具の見本より判明。
ロングハウルと同型のディセプティコン。PVにて判明。
サイドウェイズと同型のディセプティコン。PVにて判明。
ブロウルと同型のディセプティコンで色が茶色い。予告PVにて判明。
スコルポノックと同型のディセプティコン。予告PVにて判明。
ディセプティコン・プロトフォーム
スキャンデータを反映していない素の形態。 本作においても、この状態のディセプティコン・ウォリアーが登場する。予告PVにて判明。

参考文献 編集

  1. 「トランスフォーマー3」は3Dに! 新悪役はショックウェーブ. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2010年6月15日). 2010年10月18日閲覧。
  2. アニメイテッドにも同名のキャラクターが登場するが、スタースクリームを除き肩書きが参謀ではなく、サウンドウェーブは音波工作兵、ショックウェーブは潜入謀報兵となっている。

外部リンク 編集

テンプレート:トランスフォーマーシリーズ テンプレート:マイケル・ベイ監督作品 テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はトランスフォーマー/ダークサイド・ムーンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki