FANDOM


ディープ・ブルー
Deep Blue Sea
監督 レニー・ハーリン
脚本 ダンカン・ケネディ
ウェイン・パワーズ
ドナ・パワーズ
製作 アキヴァ・ゴールズマン
ロバート・コスバーグ
アラン・リッチー
製作総指揮 ブルース・バーマン
ダンカン・ヘンダーソン
出演者 トーマス・ジェーン
サフロン・バロウズ
サミュエル・L・ジャクソン
LL・クール・J
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 スティーヴン・F・ウィンドン
編集 ダラス・プエット
フランク・J・ユリオステ
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1999年7月26日 アメリカ合衆国の旗
1999年10月9日 日本の旗
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $164,648,142[1]
  

ディープ・ブルー』(原題: Deep Blue Sea)は1999年製作の映画である。レニー・ハーリン監督。パニック・アクション。

サメの脳組織から新薬を作る実験をしていた科学者達が、高度な知能を持ったサメに次々と襲われてゆく。主人公らしき動きを見せた登場人物がひたすらサメに食われてしまい、誰が生き残るのか予想がつかない展開になっている。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 太平洋の海上に建設された医学研究施設アクアティカ。そこでアルツハイマー病について研究、薬の開発をしていた科学者スーザンは、飼育されているアオザメがアルツハイマーにかからないのに目をつけた。早速、鮫の脳細胞を詳しく調査しようとするが、鮫の脳は小さすぎて取り出せない。あきらめきれないスーザンは、とうとう、アオザメに遺伝子改造を施す。結果、体長8メートル、人類をも超える頭脳を持った巨大鮫を作り上げてしまった。

その後、3尾のアオザメたちはそれぞれGen1、Gen2、Gen3と名づけられ、アクアティカで飼育されていたが、知恵がついた鮫は脱走の計画を練り始めた。ある夜、海中の実験室で一番巨大なGen3から脳細胞を取り出す手術が始まる。しかし、術式終了後に麻酔が効いていたと思われていた鮫は突然、近くにいたジムの腕を食いちぎる。

ジムを担架に載せ、救助ヘリに引き上げようとするが、担架を吊り上げていたワイヤーが故障。海中に落とされたジムの担架をGen3がくわえ、海中の実験室の壁にたたきつけた。これにより、ワイヤーで引きずられたヘリが制御室に突っ込んでアクアティカは機能が停止。実験室にも浸水が始まり、アクアティカは牢獄と化した。そして、鮫達と人類の壮絶な戦いが始まった。

登場人物 編集

カーター・ブレイク
主人公。アクアティカの"水の番人"の役割を持ち、水中に潜っての飼育中のサメの監視、サメが脱走した際の捕獲を主に任されている。アクアティカで働く以前は密輸の罪で3年の懲役を受けていた。仮釈放の身となった後、ラッセルにアクアティカの所員として雇われる経緯を持つ。水が好きと自ら言うように水泳が得意。また、社会に貢献しようとは思っておらず、仮釈放が消えるという理由で「反論する」といった「波風」を立てないという独自の理念で働いている。事故発生後、リーダーの役割となってアクアティカからの脱出方法を考え出す。潜水時、AGAマスクを着用し、水中で発砲できるショットガン型の麻酔銃を携帯する。学校に通ったことがない。
スーザン・マカリスター
キマイラ製薬の社員でアクアティカの医学研究部部長。アルツハイマー病で亡くなった父の影響で、サメの脳細胞を利用したアルツハイマー治療薬品の研究を行っている。本編冒頭のGen3が脱走してクルージングを楽しんでいた民間人を襲撃した事故による研究中止を懸念し、サメの遺伝子を組み替えてたんぱく質を豊富にさせるという方法を取ってしまう。結果的に、実験でアルツハイマー病患者の脳を蘇生させることに成功するも、直後にジムがGen3に右腕を食いちぎられる事故が発生してしまう。カーターがGen3をショットガンで撃ち殺そうとするも、自らのエゴを優先したことでGen3を海中に逃がしてしまい、カーターから「気は確かか!?」と叱咤されてしまう。事故発生後、ラッセルの問い詰めで遺伝子改造の話を暴露してしまい、仲間から冷たい眼で見られるようになる。仲間が次々と死んでいく中、研究データを取りに冠水した自室でGen2の襲撃に遭うもブレーカーのコードで感電死させることに成功する。しかし、その代償として肝心の研究データを帯電して破壊することとなってしまう。カーター、シャーマンと共に物語終盤まで生き残り、Gen3をおびき寄せる役を自ら引き受けるが、失敗。カーターが救助に向かうも間に合わずそのままGen3に水中で食われ、死亡する。
ラッセル・フランクリン
大富豪でキマイラ製薬の社長。スーザンたちの上司で、カーターの雇い主。AGAマスクで難破船ダイブやアルプスに登山するといった冒険家気質な性格を持つ。アルプスの登山の際、雪崩で一週間雪に生き埋めになるも6人の仲間と共に生還する(途中で2人死亡)過去を持つ。事故発生後、人間と同等の知能を持ったサメの最終目的が何なのかという疑問をなぞなぞでカーターたちに問いかける。
ジャニス・ビギンズ(ジャン)
アクアティカの所員で海洋生物学者。アクアティカに訪れたラッセルのガイドを任された。Gen3から脳細胞を抽出する実験ではGen3の心拍数の計測を担当する。同僚のジムとは恋人同士である。事故発生でジムを見殺しにするしかならなくなったことに激しい憤りを覚え、スーザンを「最低の女」と罵った。以前、カーターとポーカーをやった時、常に強いカードを狙っていたらしく、彼女の自室で見つかったスタミナフードも「パワーバー」という強気な名前のものだった。
トム・スコギンズ(スコッグズ)
アクアティカの所員。アクアティカの建築構造に詳しい。Gen3がクルージングの民間人を襲った事故の件で、スコッグスが柵の門を閉め忘れたことが原因だとカーターに指摘される。本人曰く、「自分は信頼に値する人間」。小心者で事故発生後は半ばパニック状態に陥る、卑猥な言動をとるいった登場人物の中で最も極限状態のストレスに耐えきれないでいる人物として描かれている。Gen3からの脳細胞の抽出実験では各コンピューターのデータリンクを行うオペレーターを担当する。事故発生後、根本的な原因となったスーザンを見限り、「彼女のツケを払わなきゃならないのか?」と愚痴る、スーザンに強く反発する場面がある。
ジム・ウィットロック
アクアティカの所員で医療学者。ジャンからは「優秀で素晴らしい人」と称賛されるも、風上に小便をするジムの姿を見たラッセルからは「本当なのか?」という疑問を抱かれてしまう。サメの脳細胞を抽出する実験ではサメのX線スキャンの操作を担当する。実験が成功した直後に突然麻酔から目覚めたGen3に右腕を食いちぎられてしまう。すぐさま担架に乗せられたまま救助ヘリに運ばれるものの、電動ウィンチの故障でサメのいる海中に落下してしまう。その後、Gen3に実験室の防水ガラスを破壊する道具にされてしまう。ジャンとは恋人同士の関係にある。緊張感に欠けている性格なのか、実験中にタバコを吸おうとしてジャンに叱られる場面がある。
シャーマン・ダドリー(プリーチャー)
アクアティカの専属料理係。オウムのペット・バードと一緒に厨房で調理を行っている。キリスト教徒で首に十字架のペンダントを下げている。事故発生後、危険を察知したバードと離れ離れになり、冠水した通路で屋内に侵入してきたGen1と遭遇する。スコッグスの卑猥な言動に「最低だな」と言い切る素直な性格の持ち主ではあるが、事故発生時に「神のおぼし召し」として禁酒の誓いをあっさりと破る一面がある。また、オーブンに逃げ込んでタイマーがスタートした時「聖書の獅子の穴のダニエルかよ!?オーブンでコックが死ぬなんて冗談がすぎる!」、自分の遺言のビデオを撮る際、「オムレツを作る時は卵は2つ、牛乳を混ぜるのは間違いだ」などの皮肉や冗談をいう場面がある。料理人という立ち位置であるが、実質的にGen1、Gen3を倒すという意外な活躍を見せる。
ブレンダ
アクアティカの所員で、アクアティカの通信係を担当している。陽気な性格でよく通信室で音楽を鳴らしては踊る一面がある。所員のモーニングコールや海上の気候状態の連絡も行っている。事故発生時、救助ヘリがサメの企みで通信室に直撃した際、爆発に巻き込まれて死亡してしまう。

キャスト 編集

役名 俳優 ソフト版吹替 テレビ版吹替
カーター・ブレイク トーマス・ジェーン 大塚芳忠 小杉十郎太
スーザン・マカリスター サフロン・バロウズ 深見梨加 田中敦子
ラッセル・フランクリン サミュエル・L・ジャクソン 池田勝
ジャニス・ビギンズ(ジャン) ジャクリーン・マッケンジー 井上喜久子 小林優子
トム・スコギンズ(スコッグズ) マイケル・ラパポート 大滝寛 青山穣
ジム・ウィットロック ステラン・スカルスガルド 石塚運昇 谷昌樹
シャーマン・ダドリー(プリーチャー) LL・クール・J 茶風林 塩屋浩三
ブレンダ・カーンズ アイダ・タートゥーロ 喜田あゆ美
バード(声) メアリー・ケイ・バーグマン(台詞)
フランク・ウェルカー(鳴き声)
中村千絵
ヘリのパイロット ダニエル・レイ
ヴァレント・ロドリゲス
辻親八
ボートの女 エリン・バートレット
サブリナ・ヘーリンクス
鈴木紀子
浜野ゆうき
ボートの男 イール・ポデル 吉田孝 白熊寛嗣
ケヴィン・クロフォード ダン・ティール 海老原英人 真殿光昭

備考 編集

  • 本作で登場したアオザメは宇宙航空技術を使ったアニマトロニクスのロボットとCG合成によって作られており、サメがズームアップされたり登場人物が直にサメを触れるシーン等ではロボットを、サメが素早く動くシーンなどではCGで再現されている。またその馬力は凄まじく、暴走して接触した場合は時速80kmの4tトラックに激突するほどの衝撃を受けることになると言われていた。
  • アクアティカの海上部の撮影は、「タイタニック」で使用された、世界で最も巨大なプールで撮影された。また、カーターのいる水中ゲート室も同じプールで撮影を行ったが、室内構造とプールの深さの都合でゲート室の室内構造を修正することになった。
  • 元祖アニマルパニック映画の「JAWS」をオマージュしているシーンがある。
  • DVDパッケージ裏のアクアティカ内の登場人物たちと建物の損壊の流れが、本編の内容と一致していない。
  • ラッセル役をしたサミュエルは、元々プリーチャートは別のコックの役として登場するはずだったが、ストーリー上の関係や同じ立場の人物が2人いるとサミュエル本人が見栄えしなくなると言った理由で廃案となり、代わりに大富豪で会社の社長のラッセル役になった。因みに、サミュエルは自身がコック役になった場合のディープ・ブルーの原案ストーリーを見た際、非常に気に入っていた為、廃案になることをとても残念がっていた。逆に大富豪の人物を演じるというサミュエルも経験した事のない役柄だった為、ラッセル役も非常に気に入っていた。
  • アクアティカ水上部の撮影場所の近くにはゴルフコースがあり、サミュエルが本作のオファーを受け入れる理由としてこのゴルフコースの事を上げている。因みにサミュエルは現場に到着してすぐに、そのゴルフコースでゴルフを満喫した。しかし、その翌日に「嵐の中、負傷したジムをずぶ濡れになりながらヘリに搬送する」シーンを撮影し、本人は撮影前にずぶ濡れになる事を聞かされなかった為に「話が違う」と苦笑いしたという。
  • 万が一に備えてという理由で、スコギンス役のマイケルは遺書を綴り、弁護士を雇っていた。因みにマイケル曰く「自分以外のキャスト全員も遺書を綴っていた」との事。
  • カーターがイタチザメの口から車のプレートを外すシーンは、地中海のサメの生息地でカーター役のトーマスが本物のイタチザメに取りつく場面と、アクアティカ海上部セットのプールでイタチザメの背中にしがみつくシーンを上手くつなぎ合わせたものである。因みに、地中海での撮影では監督から「左手をサメに噛ませるように」との指示があり、トーマスは実際にサメに左手を噛みつかせた。しかし、本編でカーターがサメに左手を噛まれるシーンは存在しなかった。
  • 作中でイタチザメが口にくわえていた車のナンバープレートは、初代「JAWS」でイタチサメの胃袋から異物を取り出すシーンで使われた車のナンバープレートを使用している。これは、ディープ・ブルーそのものが、JAWSをリスペクトした作品である事を知らしめるための要素として監督が考え出したものである。

日本語版製作スタッフ 編集

  • DVD・Blu-ray
演出:高橋剛 翻訳:久保喜昭 調整:新井保雄 制作:米屋林太郎(プロセンスタジオ) 製作:ワーナー・ホーム・ビデオ、プロセンスタジオ
  • テレビ
その他出演者 仲野裕乃村健次江川大輔MAI大久保利洋宇乃音亜季
演出:伊達康将 翻訳:久保喜昭 効果:サウンドボックス 調整:金谷和美 制作:東北新社

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Deep Blue Sea (1999). Box Office Mojo. 2009年11月18日閲覧。

テンプレート:レニー・ハーリン監督作品ar:بحر ازرق عميق (فيلم) ca:Deep Blue Sea de:Deep Blue Seaes:Deep Blue Sea fi:Deep Blue Sea fr:Peur bleue (film, 1999) gl:Deep Blue Sea id:Deep Blue Sea it:Blu profondo nl:Deep Blue Sea no:Deep Blue Sea pl:Piekielna głębia pt:Deep Blue Sea ru:Глубокое синее море (фильм) sv:Deep Blue Sea

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki