Fandom

IMDb Wiki

ダーティハリー3

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ダーティハリー3
The Enforcer
監督 ジェームズ・ファーゴ
脚本 (原案)ゲイル・モーガン・ヒックマン
(原案)S.W.シュアー
スターリング・シリファント
ディーン・リーズナー
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 チャールズ・W・ショート
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1976年12月22日 アメリカ合衆国の旗
上映時間 96分
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $46,236,000[1]
前作 ダーティハリー2
次作 ダーティハリー4
  
ダーティハリー3』(原題 The Enforcer)は、1976年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの3作目。ワーナー・ブラザーズ提供。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

ある女性がガス会社のトラックをヒッチハイクした。女はとある崖の所へ車を誘導し、社員2人を残して小屋に入る。女が戻ってくるのを待つ社員であったが、見知らぬ男が突然背後からやってきて1人を刺殺。もう1人を散弾銃で射殺した。

一方、酒屋に押し入った強盗を例のごとく.44マグナムで片付けた、サンフランシスコ市警のダーティハリーことハリー・キャラハン刑事は、1万ドルを越す損害を出したことにより人事課へと移動を命ぜられる。警察官の刑事昇任試験で面接を担当したハリーは面接会場でケイト・ムーアという頼り無さそうな女性警官と出会う。

出演 編集

日本語吹替 編集

1983年 テレビ朝日日曜洋画劇場

シリーズ作品 編集

脚注 編集

関連項目 編集

テンプレート:ダーティハリー

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はダーティハリー3にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki