FANDOM


ダイ・ハード3
Die Hard: With a Vengeance
監督 ジョン・マクティアナン
脚本 ジョナサン・ヘンスレー
製作 ジョン・マクティアナン
マイケル・タッドロス
製作総指揮 アンドリュー・ヴァイナ
バズ・フェイトシャンズ
ロバート・ローレンス
ロバート・レマー
出演者 ブルース・ウィリス
ジェレミー・アイアンズ
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ピーター・メンジーズ・ジュニア
編集 ジョン・ライト
配給 20世紀フォックス
シナージ
公開 Flag of the United States 1995年5月19日
Flag of Japan 1995年7月1日
上映時間 128分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $100,012,499[1] Flag of the United States
$366,101,666[1] (全世界)
前作 ダイ・ハード2
次作 ダイ・ハード4.0
  

ダイ・ハード3』(Die Hard: With a Vengeance)は1995年アメリカ映画で、『ダイ・ハード』シリーズの3作目である。アクション映画

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

原題のウィズ・ア・ヴェンジェンス(With a Vengeance)は「猛烈に」という意味だが、ヴェンジェンス(Vengeance)のみだと「復讐」という意味になり、作品を観ると両方の意味が隠されている事が分かる。

引き続きブルース・ウィリスが刑事ジョン・マクレーンを演じた。監督は第1作と同じジョン・マクティアナンである。第1作『ダイ・ハード』では高層ビル、第2作『ダイ・ハード2』では空港と限られた場所を舞台にしていたが、この第3作ではニューヨーク全体が舞台で、街中を駆け回る内容になっている。特にセントラルパーク内をタクシーで走り回るシーンは圧巻である。また、主人公と一緒に行動する相棒がいる、犯人に脅迫されて行動する、舞台は前2作が冬の夜間であったのに対し今作は真夏の昼間である事、従ってエンディングも「レット・イット・スノウLet It Snow! Let It Snow! Let It Snow!)」ではないなど、シリーズの中では新しい面を見せた作品でもある。

脚本はジョナサン・ヘンスレーの書いた『サイモン曰く』(Simon says)というオリジナルのシナリオを、『ダイ・ハード』用に書き変える事で作られた。当初は船上を舞台とした海洋アクション映画の予定であったが、スティーヴン・セガール主演の映画『沈黙の戦艦』が1992年10月に公開され脚本の変更を余儀なくされた。本作は1994年7月から撮影が開始されている。

前2作ではそれぞれに原作となる小説が存在していたが、本作は映画の為に用意されたオリジナルである。ノベライゼーションでは映画と異なる結末(サイモンはマクレーンとゼウス、そして警察をものの見事にやり込めて逃げおおせるが、後日逃亡先まで追いかけてきたマクレーンに「サイモン曰く」ゲームを仕掛けられ……という展開)が描かれていたが、DVD「アルティメットエディション」において、このノベライゼーション版の結末も撮影されていた事が明らかとなっている。なおノベライゼーションにおいても、サイモンの行方を捜す手がかりとなる品物は映画と同一。

"DIE HARD"のタイトルが小さいのは第1作と同様だが、"WITH A VENGEANCE"はスコープ・サイズの画面一杯に映るように作られた。テレビサイズにトリミングした場合"WITH--"は一部しか映らないため、トリミング版ではテレビ用にロゴを入れ直してある。ノートリミング版と比較すると微かな違いがある。

ストーリー 編集

ニューヨーク市内で突如爆弾テロが発生。「サイモン」と名乗る犯人は警察に電話し、ジョン・マクレーンを指名する。

嫌がらせの様に、黒人達が多く住むハーレムのど真ん中で、「黒ん坊は嫌いだ」というカードを下げさせられたマクレーンは、自身が白人である事も災いし、当然それを見た黒人ギャング達に半殺しにされかける。しかし、その近くで店を経営する黒人の男・ゼウスに助けられ、それを知り、面白くなかったサイモンの指示によって、二人は行動を共にする事になる。

第2、第3のテロを防ぐためマクレーンと巻き添えを食らったゼウスの二人は、犯人の要求にニューヨーク中を奔走させられる。やがて電話の男はマクレーンがかつてナカトミビル事件(1作目)で殺した主犯・ハンスの兄だと判明する。犯人の目的は殺された弟の復讐かと思われたが・・・・。

キャスト 編集

役名:俳優 (吹替え声優 - 左から、テレビ朝日版[2]、フジテレビ版、ビデオ / DVD版)

ジョン・マクレーン警部補ブルース・ウィリス野沢那智村野武範樋浦勉
シリーズの主人公。今回3回目の大規模爆破事件に遭遇する事から、予告編では“世界一運の悪い男”と紹介されている。前作でロサンゼルスに引っ越し、それと共にロス市警転職したはずだが、妻のホリーと再び不仲となり舞い戻って来てニューヨーク市警察に復職、びたりの生活を送っていた。そのため停職となりコッブや同僚達を心配させていた。本作の冒頭でも酒を朝まで大量に飲んだらしく、二日酔いだと言っている。また、停職中のままならば探偵物のドラマを見るつもりだったと愚痴っている(『こちらブルームーン探偵社』の事と思われる)。序盤、サイモンの指示でハーレムで“黒ん坊は嫌いだ”と書いたプラカードをぶら下げ突っ立っているマクレーンの命を案じ注意してきたゼウスと共に事件の調査を行う。
ゼウス・カーバー:サミュエル・L・ジャクソン大塚芳忠屋良有作池田勝
この作品でのマクレーンの相棒。紐付きの眼鏡が特徴の本業はハーレムにある家電修理店の店主。
ハーレムで黒人の悪口を書いた札を下げているマクレーン(サイモンから仕掛けられた「Simon says」ゲームに従っての事)に注意をしようとして事件に巻き込まれた不運な人物。度々「黒人が全員犯罪者だと言いたいのか」等と言い争っていた。序盤では白人を嫌っていたが、マクレーンと行動を共にするうちに打ち解け、結局事件解決まで付き合った。元タクシードライバー。
サイモン・ピーター・グルーバー:ジェレミー・アイアンズ小川真司羽佐間道夫、小川真司)
1作目に登場したハンス・グルーバーの兄。通称「ピーター・クリーク」。元旧東ドイツ陸軍大佐。ドイツ人だが母国語のように英語を話す。
地下鉄などに爆弾を仕掛け、ゲームを押し付けたりしてマクレーンやゼウスを苦しめる。第1作の悪役であった弟のハンスを以前は嫌っていたらしいが、殺されてからはマクレーンに復讐心を抱く。偏頭痛らしく、鎮痛剤アスピリンを携帯。弟のハンスがスーツを着用し、タンクトップのマクレーンと対照的なのに対して、兄のサイモンはマクレーンを意識しているかのようにノースリーブを着用している。
なお、今回の肉弾戦の相手はマシアス・タルゴだが、ジェレミー・アイアンズはこの作品での肉弾戦の相手が自分だと思い、トレーニングをしたという。
オットー:リチャード・カウンシル福田信昭、不明、辻親八
サイモンの部下のブルガリア人。サイモンの命令に逆らい、「仕方が無い」という理由から刑事のリッキーを射殺し、奪ったバッジを着けてマクレーンと接触したが、それが仇となった。
ウォルター・コッブ警部:ラリー・ブリッグマン(池田勝、石田太郎坂口芳貞
ニューヨーク中央警察署(ニューヨーク市警は分署番号で呼んでいるはずで正しくはどこの署かは不明)捜査一課課長。マクレーンの上司に当たる人物。1作目のロビンソンや2作目のロレンゾと違い、判断や指示を適切に行っていた。
カティア・タルゴ:サム・フィリップス(台詞なし)
サイモンの部下の女テロリストイスラエル諜報特務局により仕掛けられた爆発事故で喉を怪我しており、口で話すことができなくなっている。よく見ると喉元に傷がついているのが分かる。サイモンとは愛人関係。
マシアス・タルゴ:ニック・ワイマン稲葉実若本規夫、不明)
カティアの夫。元ハンガリー軍兵士で爆破のプロ。
コニー・コワルスキー:コリーン・キャンプ佐藤しのぶ一城みゆ希小宮和枝
ジョー・ランバート:グラハム・グリーン水野龍司宝亀克寿石塚運昇
ニューヨーク市警のクールな刑事。
リッキー・ウォルシュ:アンソニー・ペック牛山茂、不明、不明)
ニューヨーク市警の刑事。サイモンに爆破された地下鉄駅にいたが、ニューヨーク市の土木課職員に変装したサイモンたちが現れると、サイモンとは知らずに案内し、殺害されてバッジを奪われてしまった。警察バッジのナンバーをいつもロトを買う際に使っていると公言していた。この事がオットーが偽警官だと見破るきっかけになった。
チャーリー:ケビン・チェンバレン後藤哲夫、不明、塩屋浩三
ニューヨーク市警の刑事。明るい性格で新種爆弾の威力を見せるために署内で小さな爆発を起こさせるなどお調子者だが、危機的状況には正義感を見せる。使われている新種の爆弾について詳しく、小学校の爆弾撤去に力戦奮闘する
デクスター、レイモンド:マイケル・アレクサンダー・ジャクソン(不明)、アルディス・ホッジ(不明)
ゼウスの甥。ゼウスの店にラジカセを持って行ったが盗品の疑いをかけられ、新聞で殴られた。学校では、コッブたちが来たときに自分らが原因ではないかと思って隠れ、避難訓練(爆発前に強引に脱出させる作戦)に参加しなかったので、学校や警察に迷惑をかけることとなった。

日本語吹替 編集

  • フジテレビ版 1998年4月4日(土)「ゴールデン洋画劇場
    演出:春日正伸、翻訳:宇津木道子、調整:山田太平、効果:栗林秀年、制作:ムービーテレビジョンスタジオ、担当:山形淳二・小笠原恵美子(フジテレビ)

まぬけのサイモン 編集

「サイモンが言った」という台詞が何度か繰り返される。オリジナル脚本のタイトルだった"simon says"は日本語で「サイモン曰く」あるいは「命令ゲーム」とも訳され、何人かで鬼(サイモン)を決め、鬼が"simon says"と言った時の仕草を繰り返し、"simon says"と言わなかった時にも仕草を真似た場合はアウトとなる、などのルールを持つ「王様ゲーム」にも似たゲームである。以下に映画本編で用いられた引用の例を挙げる。

最初の爆破の後、市警察に電話がかけられる。爆破の実行犯は電話に出たコッブ警部にマザーグースを引用して話し始める。

「まぬけのサイモン祭りに向かうパイ屋に向かってこう言った。"パイをくれなきゃ頭をへこます"」
原典はサイモンにパイをせがまれ「お代を見せろ」とパイ屋が言うと、サイモンは「金は持っていない」と返事をする。変更する事で爆破の犯人"サイモン"の立場が圧倒的優位であると判明する。

街に出て大柄の女性を追い払って公衆電話に出るマクレーンとゼウスに対して、

Birds of a feather flock together, so do pigs and swine. Rats and mice have their chance, as will I have mine.
"Birds of..."自体は「類は友を呼ぶ」ほどの意味だが、原典の"choice"が"chance"に言い換えられる事で意味が多少ブラックになる。
これに対しマクレーンは Nice,it rhymes. と返事をする。岡枝慎二による翻訳字幕は「韻をふんでるな」とうまく返させているが、ビデオとテレビ朝日版吹替版の平田勝茂訳は「なんだそりゃ」とはぐらかした。

その後の引用はなぞなぞである。

「セント・アイブスに行く途中出遭った男に妻7人、妻たちは袋を7つ持ち袋の中には猫7匹ずつ、猫の子供も7匹ずつで、セント・アイブスに行ったのは何人と何匹だ_」
電話番号の下4ケタに答えの数字をプッシュしろという指示。ゼウスは7×7×7×7(=7^4)を暗算で解き「2401」とマクレーンにプッシュさせるが、直後にトリックであると気付くのだった。正解は「1人だけ」だが、マクレーンはゼウスに言われるまで気づかなかった。その上、答えが「1」だと分かった後でも何番をプッシュするか分からずゼウスに助けを求めている。しかしその後、サイモンに「簡単すぎる問題だ」と余裕ぶって見せた。
なお、このなぞなぞはマザーグースの一つであり、「まぬけのサイモン」も"Simple Simon"というマザーグースの一つから取られたものである。

音楽 編集

メイン・タイトルにはラヴィン・スプーンフルの「サマー・イン・ザ・シティ」が流れる一方、マクレーン刑事がサイモンの命令でハーレムに行かされる場面があり、FU-シュニッケンズの「カット・イット・カヴァード」が聴かれる。タルゴの妻カティアを演じるサム・フィリップスは本業は歌手でテレビドラマ『ギルモア・ガールズ』に曲を提供し出演も果たしたが、映画初出演となった本作では曲が使われる事はなく、声も台詞が無かったので殆ど活かされなかった。

第1作目で『第九』と『雨に唄えば』というキューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』を彷彿とさせる選曲を行ったマクティアナン監督とマイケル・ケイメンは、シリーズ第3作にまたもキューブリック監督作品『博士の異常な愛情』を思い出させるように「ジョニーが凱旋するとき」(「ジョニー」はマクレーンの名前「ジョン」の愛称でもある)のメロディを繰り返し[3]、『雨に唄えば』もマクレーン刑事が「導水管内でサーフィンする[4]」シーンで再使用した。これによって音楽にも「ドイツのテロリストが再来」というシチュエーションが反映された。「ジョニーが〜」は前2作の「レット・イット・スノウ」に替わってエンディングでも登場する。

地下鉄での爆発の後、連邦準備銀行の広報担当者フェリックス・リトル氏がサイモンと絡むシーンは音楽的にも視覚的にも、明らかに『博士の〜』へのオマージュである。眼鏡をかけ丁寧に喋る禿頭の広報氏は『博士の〜』の大統領を意識させるし、サイモンはドイツ訛りでサングラスをかけ薄笑いを浮かべているストレンジラヴ博士と重なる。

なお、マクレーンがハーレムから帰って来た後の場面で登場する心理学者フレッド・シラーの名前は『第九』の歌詞に使われた「歓喜に寄せて」の作者フリードリヒ・フォン・シラーをもじったもの。

「ジョニーの〜」の変奏が繰り返されるエンディングの音楽では一瞬ブラームスの『交響曲第1番』の第1楽章の冒頭が顔を出す。作曲当時は「ベートーヴェンの第10交響曲」(=第九の「続篇」)と賞されたこの曲はサウンドトラック盤には第1楽章ではなく映画で使用されなかった第4楽章(カットあり)が収録され、シリーズ第1作で使われたベートーヴェンの『第九』も第4楽章の抜粋が声楽無しで収録されたため、よく似た旋律を持つ2曲が並ぶ事になった。

その他モソロフの「鉄工場」が一部アレンジされて使われ、前2作の音楽も聴かれる[5]。コメディにも強かったケイメンらしく、地下鉄駅で流れる楽曲に「A列車で行こう」をもじった"Take A-nother Train(他の列車で行こう)"と名付けるなどユーモアが発揮され、『禿山の一夜』や『ピーターと狼』を始めとする細かな引用が随所に聴かれる。

本作のBGMがOVA版『ブラックラグーン』で使用されている。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Die Hard: With a Vengeance (1995). Box Office Mojo. 2009年11月19日閲覧。
  2. 日本テレビ版、2007年TBS版は、テレ朝版と同じ。なお、当初の日本テレビ放映予定日には、アメリカ同時多発テロ事件のため放送せず、代わりに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を放送した。
  3. 『博士の〜』ではドラムと男声合唱のハミング。本作でも歌詞は唄われない。
  4. サウンドトラック盤での曲名。
  5. 前2作はクリスマスの映画だったため、3作目ではクリスマスと殆ど関係が無いにもかかわらずスレイベルが聴こえるというミスマッチが発生している。

関連項目 編集


テンプレート:ダイ・ハード シリーズ テンプレート:ジョン・マクティアナン監督作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki