Fandom

IMDb Wiki

ダイ・ハード

928このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ダイ・ハード
Die Hard
監督 ジョン・マクティアナン
脚本 ジェブ・スチュアート
スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
製作総指揮 チャールズ・ゴードン
出演者 ブルース・ウィリス
アラン・リックマン
ボニー・ベデリア
アレクサンダー・ゴドノフ
レジナルド・ヴェルジョンソン
ポール・グリーソン
ウィリアム・アザートン
ハート・ボックナー
ジェームズ繁田
アル・レオン
デヴロー・ホワイト
グランド・L・ブッシュ
ロバート・ダヴィ
音楽 マイケル・ケイメン
編集 フランク・J・ユリオステ
ジョン・F・リンク
製作会社 ゴードン・カンパニー
ローレンス・ゴードン・プロダクションズ
シルバー・ピクチャーズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年7月15日
日本の旗 1989年2月4日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000[1]
興行収入 $140,767,956[1]
次作 ダイ・ハード2
  

ダイ・ハード』(Die Hard)は、アメリカ映画1988年の公開。

概要 編集

テレビ映画『こちらブルームーン探偵社』で得た知名度を武器に映画界へ転進したブルース・ウィリスが「“He's just a guy”と表現される、スーパーマンやタフガイではない、ボロボロに傷つき苦境にボヤきながら闘う等身大の刑事」を演じる。

それまでのメジャー系アクション映画では肉体派俳優が機関銃を持ち正面から巨悪と戦うイメージが強かったのに対し、「劣勢の主人公が頭脳で挑んでいく」という要素を取り入れた。

主人公のキャスティングは順番にアーノルド・シュワルツェネッガーシルヴェスター・スタローンバート・レイノルズリチャード・ギアが候補として挙げられ、中でもリチャード・ギアが最有力とされていた。

あらすじ 編集

クリスマス。夕刻のロサンゼルス空港に降り立ったジョン・マクレーンを出迎えたのは、妻であるホリーではなく黒人運転手のアーガイルだった。

リムジンの中でマクレーンは、自分がニューヨーク市警察の刑事であること、ホリーは西海岸へ進出した日系企業に職を得て子供たちと共に引っ越したこと、成功した妻が竣工中の超高層ビルで開かれるクリスマスパーティーに夫を招待したことを語る。

到着したナカトミ・プラザで、久々に会うホリーと喧嘩をし、落ち込むマクレーン。一方、別のフロアでは10数名の男達がビルに侵入し、警備網を容易く破りビルを占拠、シャッターを下ろし電話線を切断する。

パーティー会場に乱入した男達のリーダーはハンス・グルーバーと名乗り、全社員を人質に取ったと宣言する。幸運にも強盗グループから逃れたマクレーンは、外部との連絡を遮断され応援も望めない中で、携帯していた拳銃1丁と刑事として鍛えた頭脳を武器に死闘を繰り広げる。

登場人物編集

ファイル:Foxyplaza.jpg

テンプレート:ネタバレ

警察・FBI関係者編集

ジョン・マクレーン (ブルース・ウィリス)
ニューヨーク市警の刑事。階級は警部補。最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、最も不運な男。滅多に死なない不死身の男でもある。長年追いかけている犯人がおり、それを捕まえるまでは家族のいるロサンゼルスに引っ越すことは出来ないと話す。左利き。自動拳銃ベレッタM92を使用している。偽の身分証明書を見破るなど、警官としての実力は高い。
妻のホリーに誘われてナカトミプラザにやってくるが、ささいな事から喧嘩になってしまう。ナカトミプラザが占拠されてしまい、閉鎖された極限状態に追い込まれ、1人でに立ち向かうことになる。
アル・パウエル巡査 (レジナルド・ベルジョンソン)
偶然ナカトミプラザの付近に居たために、ビルの偵察を頼まれた警察官。無線を通じてジョンのことを知り、彼に協力する数少ない人物で、本作におけるマクレーンの相棒である。過去に少年を射殺してしまったトラウマから、拳銃を撃てなくなっていたが、ラストではカールからマクレーン夫妻を救う。
ロビンソン市警副本部長 (ポール・グリーソン)
FBI到着まで現場の指揮を取る。パウエルの話を聞かず、マクレーンのことも全く信用していない。SWATに突入を命じるが失敗する。
ジョンソンFBI捜査官(ビッグジョンソン) (ロバート・デヴィ)
FBIの捜査官。白人。ロス市警に代わって指揮を取り、自信満々で対テロリストマニュアルに沿った作戦を展開するが、ハンスにはすべて読まれていた。ベトナム帰還兵。下のジョンソン捜査官と血のつながりはない。
ジョンソンFBI捜査官(リトルジョンソン) (グランド・L・ブッシュ)
部下のFBIの捜査官。黒人。上のジョンソン捜査官と血のつながりはない。

ナカトミ商事社員編集

ホリー・マクレーン (ボニー・ベデリア)
ジョンの妻。ナカトミ商事の中心的役割を担っている。脅迫に屈せずに敢然と立ち向かう。会社では旧姓の“ジェナロ”を名乗っているが、このことがジョンとの喧嘩の原因になり、またハンスとの駆け引きの上での伏線ともなる。
ジョセフ・ヨシノブ・タカギ (ジェームズ・シゲタ)
ナカトミ商事社長兼ナカトミ投資グループ副会長。1937年京都生まれ。5児の父。ハンスの要求を断ったために、ハンスに射殺されてしまう。
ハリー・エリス (ハート・ボックナー)
ナカトミ商事のエリート(?)社員。コカイン常習者。夫がいると知りながら食事に誘うなど、ホリーに気がある。朝飯前に大取引を済ませる男と自称し、マクレーンに対して奪った武器を返すように交渉するが、マクレーンに無視された末にハンスに射殺される。
そのやり取りを一部始終無線で聞いていたロビンソンはマクレーンにエリス殺害予備罪のレッテルを貼る。
ジニー (ダスティン・テイラー)
ホリーの部下。妊娠している。

強盗グループ編集

ハンス・グルーバー (アラン・リックマン)
強盗グループのリーダー。テロリストに見せかけ、まったく関係のないテロリスト服役者の釈放を要求し時間稼ぎをするが、真の目的はナカトミ社の債券であった。債券奪取のためナカトミ商事を占拠するが、マクレーンに妨害され、ビルから落下。
カール (アレクサンダー・ゴドノフ)
強盗グループの1人。主にフリッツとフランコと共に行動をする。マクレーンと肉弾戦も行い、殺された弟トニーの復讐を誓う。マクレーンに首を絞められたが、生きていた。パウエル巡査によって射殺された最後のテロリスト。
エディ (デニス・ヘイデン)
ビルの入り口でガードマンに変装していた強盗グループの1人。マクレーンに額を撃ち抜かれ、死亡。
フリッツ (ハンス・バーリンガー)
カール、フランコと行動を共にする。長髪。
フランコ (ブルーノ・ドヨン)
カール、フリッツと共に行動を共にする。
テオ (クラレンス・ギルヤード・Jr)
金庫室のロックを解除を受け持つ黒人。本人曰く性格が良い。1人で逃亡を図るが、アーガイルに阻止される。
アレクサンダー (ジョーイ・プルーワ)
ロケットランチャーで警察を攻撃する。爆薬によって死亡。
ジェームズ (ウィルヘルム・フォン・ホンブルグ)
アレクサンダーと共にロケットランチャーで攻撃する。ミサイルを運ぶ際、一つ落としてしまったことが仇となってしまう。
マルコ (ロレンツォ・カッチャランツァ)
会議室でマクレーンと銃撃戦を繰り広げる。テーブルの下にマクレーンを追い詰め、「殺せるときはためらうな」の台詞を残す。しかしその台詞で射殺されてしまう。
ハインリッヒ (ゲイリー・ロバーツ)
マルコ、ウリと共に爆弾をセットしていた。彼は爆弾をバッグに入れていた。この爆弾がもとでテロリストはさらに減ることとなる。
ユーリ (アル・レオン)
アジア系のハゲ男。マルコ、ハインリッヒと共に爆弾をセットしていた。チョコバーをくすねる。
クリストフ (ジェラール・ボン)
登場頻度、台詞ともに少ない。
トニー (アンドレアス・ウィスニエフスキー)
カールの弟。ビルの電話回線に細工をする。最初にマクレーンに首を折られ死亡。彼の死体はマクレーンの手でメッセージボトル代わりとされ、フリッツによって発見される。

その他編集

リチャード・ソーンバーグ (ウィリアム・アザートン)
WZDCのTVレポーター。警察無線を傍受し、真っ先に現場に駆けつけ特ダネをものにする。取材姿勢は強引。ラストに、ホリーに殴られ、それが「ダイ・ハード2」の伏線にもなっている。「今の撮った?」が口癖。
アーガイル (デヴロー・ホワイト)
マクレーンをナカトミプラザまで運んだリムジンの運転手。ビルの地下駐車場でマクレーンを待つが、事件のせいで出られなくなる。

キャスト 編集

は吹き替えの声優)
役名 俳優 テレビ朝日 フジテレビ DVD
ジョン・マクレーン ブルース・ウィリス 野沢那智 村野武範 樋浦勉
ホリー・マクレーン ボニー・ベデリア 弥永和子 吉田理保子 駒塚由衣
ジョセフ・ヨシノブ・タカギ ジェームズ・シゲタ 阪脩 藤本譲 宮田光
ハリー・エリス ハート・ボックナー 石丸博也 山野史人 納谷六朗
ジニー ダスティン・テイラー 伊倉一恵 さとうあい
アル・パウエル巡査 レジナルド・ベルジョンソン 坂口芳貞 富田耕生 内海賢二
ロビンソン市警副本部長 ポール・グリーソン 小林修 屋良有作 嶋俊介
ジョンソンFBI捜査官(ビッグジョンソン) ロバート・デヴィ 麦人 広瀬正志
ジョンソンFBI捜査官(リトルジョンソン) グランド・L・ブッシュ 谷口節
ハンス・グルーバー アラン・リックマン 有川博 内海賢二 小林勝彦
カール アレクサンダー・ゴドノフ 玄田哲章 秋元羊介 大塚明夫
エディ デニス・ヘイデン 池田勝 若本規夫
フリッツ ハンス・バーリンガー 曾我部和恭
フランコ ブルーノ・ドヨン 荒川太郎
テオ クラレンス・ギルヤード・Jr 田中亮一 小室正幸
アレクサンダー ジョーイ・プルーワ 田原アルノ
ジェームズ ウィルヘルム・フォン・ホンブルグ 郷里大輔 笹岡繁蔵
マルコ ロレンツォ・カッチャランツァ 喜多川拓郎 広瀬正志
ハインリッヒ ゲイリー・ロバーツ 沢木郁也
ユーリ アル・レオン 広瀬正志
クリストフ ジェラール・ボン
トニー アンドレアス・ウィスニエフスキー 牛山茂 真地勇志 牛山茂
リチャード・ソーンバーグ ウィリアム・アザートン 安原義人 村山明 江原正士
アーガイル デヴロー・ホワイト 江原正士 柴本浩行 島田敏

ロケ地関係 編集

映画の舞台となった「ナカトミ・プラザ」と呼ばれるナカトミコーポレーションの本社ビルは、ロサンゼルス市のセンチュリー・シティーにある20世紀フォックス本社ビル「フォックス・プラザ」を使用したものである。

原作との違い 編集

本作は1979年ロデリック・ソープが発表した小説『Nothing Lasts Forever』を原作としているが、主人公の設定や時代背景、作品全体のテイストなどは大きく脚色されている。

  • 映画は公開と同じ1989年を背景としているが、原作は1970年代である。
  • 映画の主人公はジョン・マクレーンだが、原作ではジョゼフ・リーランドである。また、マクレーンが中年の男でニューヨーク市警の現職警察官であるのに対し、リーランドは第二次世界大戦中西部戦線パイロットとして従軍し、帰国後は定年まで警察官として勤めた60代の老人で、退職後は私立探偵を経て警察の保安顧問を務めている。
  • 映画ではナカトミ商事なる日系企業のビルが主な舞台となるが、原作ではクラクソン石油なる石油会社のビルが舞台となる。またナカトミビルの責任者が日系人の社長タカギであったのに対し、クラクソン石油ビルではテキサス出身の販売担当上席副社長リヴァースが責任者であった。
  • 映画では妻ホリーがナカトミ商事社員でマクレーンをパーティへ招待したが、原作では娘ステファニィ・ジェナロがクラクソン石油社員としてリーランドを招待する。
  • 映画に登場するテロリストのリーダー、ハンス・グルーバーは政治犯を装いつつもナカトミ社の債券強奪を目的としていたが、原作では赤の小トニィの通り名で知られるドイツ人テロリスト、アントン・グルーバーがテロを指揮し、その目的はクラクソン石油がアメリカ政府と結託し秘密裏に行ってきたチリ独裁政権への兵器密売と資金援助の事実を明らかにし、さらにクラクソン石油ビルの金庫を破り、その金を「人民へ還元する」としてビルからばら撒く事であった。
  • ハンス(アントン)とマクレーン(リーランド)が対峙した後の結末が異なる。
  • 登場する銃器も異なる。ジョン・マクレーンがベレッタM92拳銃を愛用したのに対し、リーランドはブローニングハイパワーを使用した。テロリスト達も映画ではMP5などの銃器を使用していたが、原作ではAK-47トンプソンブローニング自動小銃などを使用していた。

映画は娯楽色が強調され、登場人物の性格やナカトミビル(クラクソン石油ビル)到着前の展開、背景の設定などは大きく異なる。しかし、ビルにおけるテロリストの戦い自体はおおむね忠実に映像化されている。

またNothing Lasts Foreverの前作にあたり、リーランドの刑事時代を描くThe Detectiveは、フランク・シナトラ主演で映画化されている。原作ではリーランドやテロリストがThe Detectiveにおける事件に触れる台詞がある。

スタッフ 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 Die Hard (1988). Box Office Mojo. 2009年11月19日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集


テンプレート:ダイ・ハード シリーズ テンプレート:ジョン・マクティアナン監督作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki