FANDOM


テンプレート:For テンプレート:ドラマ

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』(Terminator: The Sarah Connor Chronicles、TSCC)は、ワーナー・ブラザーズ・テレビジョン制作のアメリカ合衆国テレビドラマ。アメリカではFOX系列で第1シーズンは2008年1月より全9話が放送され、同8月にDVDとBlu-rayが発売された。第2シーズンは2008年9月から2009年4月まで全22話が放送され、同9月にDVDとBlu-rayが発売された[1]。その後、全31話がSyfy局で2011年4月より放送されることが決定した[1]

日本では、2009年6月17日からスーパー!ドラマTVで、同年10月17日からはフジテレビ土曜ドラマ枠で放映を開始した。なお、フジテレビ・土曜ドラマ枠では、CMを除くと本編が実質36分程度であるため、一話につき10分ほどカットされての放映となった。日本でのDVDの発売は、シーズン1が2009年1月、シーズン2が同年6月。シーズン1は1週目の売上が約4.1万枚で、ドラマ部門での初動売上で歴代1位を記録した[2]

概要 編集

本作のストーリーは、1999年(『ターミネーター2』の5年後)に始まるが、主な舞台はタイムスリップ後の2007年[3]。前作のT-800は登場せず、骨格が酷似したT-888が複数登場する。また、コナー親子を守るため新型の少女型ターミネーター(TOK715)も登場する。

本作は「2007–2008 全米脚本家組合ストライキの恩恵を最大限に受けたドラマ」と評される。FOX系列の2008年1月の目玉ドラマは『24 -TWENTY FOUR- シーズン7』と本作であったが、ストの影響で『24』が放送延期となったことから、FOXは『24』のための宣伝枠を使って本作をバックアップした。また、映画のプレミアを行う劇場でイベントを開催するなど、映画並みの一大プロモーションを展開した。こういった宣伝の効果もあり、2夜連続放送のどちらとも高い視聴者数をマークした[4]

2008年はちょうど、第42回スーパーボウルの中継担当がFOX系列だったこともあり、プレイのスロー再生の前後などに、ターミネーターのCGを重ねるなどして本作を後押しした。

シーズン1では平均1100万人の視聴者を獲得する好成績を残したものの、シーズン2では放送曜日が月曜日から金曜日に変更されたこともあって視聴者数が500万人前後まで低下したため、同シーズン終了をもって打ち切られた。つまり、本作品は完結しないまま製作終了となった[5]

しかし、シーズン3のストーリーは存在しており、製作側も継続のために動いていることが報道されているが、『ターミネーター4』が興行的に失敗したことに連なって「ターミネーター」の商標権が宙に浮いた状態となっているため(2011年3月現在)、TSCCのみならず、「ターミネーター」という言葉を冠した作品すべてが製作できない状況となっている。

アメリカ合衆国第34回サターン賞TVシリーズ部門を受賞。

あらすじ 編集

サイバーダイン社が開発することになる軍事システム「スカイネット」の研究データを破壊して5年、1997年に起こるはずだった「審判の日」は阻止された。

サイバーダイン社の技術者であったダイソンを殺害した容疑でFBIに追われながらも穏やかな日々を送っていたジョンとサラの前に、彼らを抹殺するために新たなターミネーターが現れた。しかし、反乱軍からも親子を守るために女性型ターミネーター・キャメロンが送り込まれる。

キャメロンから新たな「審判の日」が2011年に迫っていることを知らされたコナー親子は、再び立ち上がる。

本作品では、『ターミネーター』と『ターミネーター2』で描かれていたスカイネット(機械、サイボーグ)対ヒューマン・レジスタンス(人類)という図式に加え、新たにサイボーグ・レジスタンスも登場している。

テンプレート:ネタバレ

登場人物 編集

テンプレート:Seealso

サラ・コナー:レナ・ヘディ(吹替え:五十嵐麗
ジョン・コナーの母親であり、ジョンのティーチャー、プロテクターでもある。『ターミネーター2』にてサラたちに協力して絶命したダイソン殺害の冤罪により、FBIに追われる日々を送っていた。しかし再び現れたターミネーターにより、まだ闘いは終わっていないことを知る。タイムスリップした2007年で、自分が2005年に癌(『ターミネーター3』では白血病)で死ぬことを教えられる。迫りくる病魔とターミネーター、FBIという3つの敵と闘っていく。
ジョン・コナー:トーマス・デッカー武藤正史
未来からやって来た抵抗軍の兵士カイル・リースとサラとの間に生を受けた運命の少年。日々未来から来るターミネーターに命を狙われ続けており、自らがスカイネットと死闘を繰り広げる人類抵抗軍のリーダーとなる未来に苦悩する。
セカンドシーズン最終話にて、T-1001と共に未来へ跳び、アリソンとカイルおよび未来から現代に跳ぶ前のデレクと出会う。
キャメロン・フィリップス(TOK715):サマー・グロー小林沙苗
少女の姿をしたリプログラムド(再プログラム)・ターミネーター、TOK715。2027年の未来からコナー親子を守るため、未来のジョンにより送り込まれた。女子高生として登場し、後にジョンの妹として振舞う。彼女なりに「人間らしさ」について研究しており、バレエを踊るなど繊細な面も持っている。未来では常にジョンの側にいて重要なパートナーであった。ジョンに対しては愛していると言っている。
ファーストシーズン第9話のラストで車の爆発に巻き込まれ、その時のショックでリプログラム前のプログラムが再起動し、セカンドシーズンのスタートからジョン達を襲うようになってしまう。この後に元に戻るが嫉妬のような人間的な感情もみせるようになる。
最終話にて、自分のチップをジョン・ヘンリーへ渡した。地下室の画面には「I'M SORRY JOHN」というメッセージが表示されていた。
なお、本作の放送開始後、サマー・グローの眉部分の痣(ほくろ)に関して「ターミネーターなのに不自然」とのツッコミが局への電話やインターネットの書き込みに増え始めた。制作サイドは矛盾を解消するため、アリソン・ヤングなる人物を登場させ、「キャメロンの外見はアリソンの容姿を忠実に再現して作られた」とするバックストーリー(第2シーズン第4話)を盛り込み、キャメロンに「髪を再現するのに苦労した」と言わせることによって、ターミネーターに痣(ほくろ)がある理由を示唆している[6]
ジェームズ・エリソン:リチャード・T・ジョーンズ乃村健次
サラを殺人犯として追うFBI捜査官。聖書を読み信仰に深く傾倒している。サラたちの戦闘の遺留品を見て自分の知らない“何か”があると不審を抱き始め、殺されかけたところを間一髪でサラに救われ、スカイネットの人類抹殺に抵抗する戦士たちが死闘を繰り広げる衝撃の未来を聞かされ戸惑いながらも少しずつ信じ始める。シーズン1のラストでT-888がケスターという名の捜査官を名乗り、チャーリーの許を訪れたことを知る。また同話でケスターに襲撃をかけるものの彼以外を全滅させられるが、恐怖で立尽くしていたため殺す意味なしと判断されたのか殺害されずにすんだ。(クロマティはその後、エリソンを「ジョン・コナーへの手がかり」と言いほかのターミネーターから助けていることから、理由があっての見逃しとも考えられる)
シーズン2でFBIを離れ、ジョン・ヘンリーの教育係としてゼイラ社に勤めながら独自の調査を進める。
メキシコにてクロマティに追われるジョン・コナー一行と合流、味方になる形でクロマティの最期に立ち会った。その後、埋められたクロマティのボディを密かに掘り起しキャサリンに引き渡した。
デレク・リース:ブライアン・オースティン・グリーン奥田啓人) / 子供時代 ライアン・ケリー
カイル・リースの8つ上の兄で、ジョンの伯父。未来のジョンにより送り込まれた抵抗軍の兵士であり指揮官でもある。人類を救う救世主となる存在であり、弟の忘れ形見である甥ジョンを守るために命を賭ける。生粋の兵士であり、必要ならば人を殺すことも厭わぬ強硬派で、当初はサラ達と衝突が相次いだ。胸に平仮名で「みどり」と意味不明なタトゥーを入れている。(ブライアンが個人的に入れているタトゥーである)未来世界にジェシーという名の中国系の恋人がいる。
ジョンたちはカイルについて亡くなったこと以外黙っていたが、シーズン1のラストでジョンの容姿などから彼がカイルの息子だと気づいたことを明かす。
シーズン2第27話にて敵のT-888型により抹殺された。彼の時間軸ではその時に死んだが、最終話にて未来へ跳んだジョンと出会う。
チャーリー・ディクソン:ディーン・ウィンタース咲野俊介
サラの元婚約者。シーズン1の第1話(1999年)では独身だったが、第2話(2007年)からは妻子を儲けており、おそらく1999年から2007年の間に結婚したと思われる。サラやジョンへの想いは捨てておらず、情報の提供や瀕死のデレクの救命などの協力をする。
セカンドシーズン第21話にて、サラにより死亡が確認された。
ピーター・シルバーマン医師:ブルース・デイヴィソン
『1』『2』『3』にも登場していたサラを精神鑑定した医師。現在は引退し田舎で余生を過ごしていたが、サラを追うエリソンの訪問を受ける。
ライリー・ドーソン:レヴェン・ランビン林真里花
ジョンの高校の同級生で、ジョンの恋人になる。
未来からジェシーと一諸に、未来のジョンには内緒で送られた。ジェシーの命令によりジョンと交際するようになる。ジョンからキャメロンを引き離すためであったが、ライリーはキャメロンがマシンであることも知らなかった。
クロマティ(T-888):オーウェン・イオマン / 整形後 ギャレット・ディラハント桐本琢也
スカイネットが送ってきた刺客。教師として学校に現れジョンを襲うも、キャメロンに阻まれる。その後、サラ達と共に1999年から2007年にタイムスリップする。その際のサラの攻撃で爆発四散し人工皮膚も全て失ってしまうが、無傷の頭部が再起動し自動修復機能でボディを取り戻す。その後現地の研究者や医師を利用した人工皮膚再生と美容整形手術により顔を変え、ラズロの顔でFBI捜査官ケスターと名乗り、しつこくサラ達を追い続ける。
セカンドシーズンの中盤でデレク、キャメロンらの手により破壊され、一度は地中に埋められたが、後で密かにエリソンが掘り起こしキャサリンに引き渡してしまう。受け取ったキャサリンはゼイラ社でT-888のボディを修理し、その修復された本体に、コンピュータの意識「ジョン・ヘンリー」を搭載する。
ジョージ・ラズロ:ギャレット・ディラハント
クロマティが整形手術で顔を変える際、T-888に近い骨格に目をつけられ外見モデルに選ばれた不運な人物。売れない俳優をやっていたがクロマティに身分を奪われ殺害される。また後にクロマティが捜査員20名を血祭りにあげた事により、その惨状がラズロの犯行としてニュースで報道された。
ジョン・ヘンリー:T-888 ギャレット・ディラハント
「ターク」を元にしてゼイラ社で開発されたAIマシン「バビロン」の高度なコンピュータ意識プログラム。機械に打ち勝ったジョン・ヘンリーに因んで命名された。後にバビロンに端末としてT-888を接続することになる。知識を増やし学習や経験を重ねるに連れ、やがて第3勢力(サイボーグレジスタンス)の中核を担う存在となる。
キャサリン・ウィーバー(T-1001):シャーリー・マンソン(ガービッジ)(日野由利加
ゼイラ社の社長、キャサリン・ウィーバーに成り代わっている女性型の液体金属ターミネーター。幼い一人娘のサバンナがいる(勿論、本物のキャサリン・ウィーバーの娘である)。ジョン・ヘンリーを開発する。サイボーグレジスタンスの中心的存在。
シーズン2のスタート冒頭の歌は、このシャーリー・マンソンが歌っている。
サバンナ・ウィーバー:マッケンジー・ブルック・スミス
本物のキャサリンの娘。人間味のなくなった母(T-1001)を怖がっている。エリソンと共にジョン・ヘンリーの話相手になる。
アリソン・ヤング:サマー・グロー
2007年7月22日生まれ。パームデール出身。キャメロンの外見モデルとなった人物。父は建築技師、母クレアは音楽教師。両親と妹と四人で平穏に暮らしていたある日、「審判の日」が訪れて家族は死亡、アリソンだけが生き残った。家族を奪われた痛みから、後に抵抗軍に加わるが、敵に捕獲され抵抗軍の内部情報を吐かされた後、再プログラム前のキャメロンにより殺害された。2007年の母親クレア・ヤングが登場するシーンではアリソンはまだ母親の胎内にいる。尚、抵抗軍への潜入作戦のためアリソン自身の人格と記憶もキャメロンにインプットされていて、チップのトラブルでキャメロンがアリソンとして起動したことがある。
カイル・リース:ジョナサン・ジャクソン内田夕夜) / 子供時代 スカイラー・ギソンド
2029年ではジョンが指揮する抵抗軍の兵士でありデレクの弟。『1』でサラを守る任務で1984年にタイムスリップ、T-800との激戦の中力尽きて死亡したが、その間にサラと愛し合いジョンの父親となった。
エンリケ・サルセダ:トニー・アメンドーラ
『2』に登場。2007年では裏稼業を既に引退しており、甥のカルロスが跡を継いでいる。
タリッサ・ダイソン:シャーレイン・ウッダード
『2』で死亡したスカイネットの開発者マイルズ・ダイソンの妻。
ダニー・ダイソン:ショーン・プリンス
マイルズ・ダイソンの息子。行方不明になる。
アンディ・グード:ブレンダン・ハインズ
携帯電話のセールスマン。サラと親密になる。かつてマイルズ・ダイソンの下に研修に来ており、自宅で画期的なAIマシン「ターク」を開発していた。デレクが経験した未来では彼がスカイネットの開発者の一人と語っており、ビリー・ウィッシャーという偽名を使っていた。
ケイシー・コービン:ビジー・フィリップス
コナー家の隣人で妊婦。
マーティン・べデル
未来のジョンの抵抗軍で活躍することになる少年。そのため彼の抹殺を目的とするターミネーターが未来から送られてきた。
ジェシー・フローレス:ステファニー・ジェイコブセン
未来から来た抵抗軍の兵士でデレクの恋人。
チャールズ・フィッシャー:リチャード・シフ / 現代 アダム・ブッシュ
スカイネット側に組する人間で未来から来た。現代に居る若いフィッシャーは耐震補強の仕事をしている。ジェシーが経験した未来では捕らわれたデレクを拷問したという。
ジョン・ヘンリーの兄弟
ジョン・ヘンリーに対してハッキングを仕掛けた人工知能。マイルズ・ダイソンが生前に開発したコードが含まれていて、ジョンヘンリーにとって兄弟のような存在。カリバグループに指示を出している。

テンプレート:ネタバレ終了

スタッフ 編集

  • 製作総指揮:マリオ・F・カサール/ジョシュ・フリードマン/ジョン・ワース
  • 音楽:ベア・マクリアリー

放映リスト 編集

フジテレビ・土曜ドラマ枠での放映時は邦題サブタイトルがない。代わりに新聞のテレビ番組欄等には、あらすじ的な長々とした独自のサブタイトルが掲載される。また、フジテレビ・土曜ドラマ枠での放送は、全31話中、3話分カットされ28話放送となった。

ファースト・シーズン 編集

No. タイトル 放映日
米国
初回放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
フジテレビ
視聴率
(フジテレビ)
1 "Pilot"
「序章」
2008年1月13日 2009年6月17日 2009年10月17日 9.8%
2 "Gnothi Seauton"
「汝自身を知れ」
2008年1月14日 2009年6月24日 2009年10月24日 5.6%
3 "The Turk"
「ターク」
2008年1月21日 2009年7月1日 2009年10月31日 7.7%
4 "Heavy Metal"
「ヘヴィメタル」
2008年2月4日 2009年7月8日 2009年11月7日 9.7%
5 "Queen's Gambit"
「チェス大会」
2008年2月11日 2009年7月15日 2009年11月14日 8.4%
6 "Dungeons & Dragons"
「ダンジョン&ドラゴン」
2008年2月18日 2009年7月22日 2009年11月21日 6.6%
7 "The Demon Hand"
「神の手」
2008年2月25日 2009年7月29日 2009年11月28日 7.5%
8 "Vick's Chip"
「チップの記憶」
2008年3月3日 2009年8月5日 2009年12月5日 7.5%
9 "What He Beheld"
「誕生日」
2008年3月3日 2009年8月12日 2009年12月12日 6.6%

セカンド・シーズン 編集

No. タイトル 放映日
米国
初回放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
フジテレビ
視聴率
(フジテレビ)
1 (10) "Samson and Delilah"
「ジョン抹殺」
2008年9月8日 2009年10月21日 2009年12月19日 7.3%
2 (11) "Automatic for the People"
「原子力発電所」
2008年9月15日 2009年10月28日 2010年1月9日 8.4%
3 (12) "The Mousetrap"
「マウストラップ」
2008年9月22日 2009年11月4日 2010年1月16日 6.5%
4 (13) "Allison from Palmdale"
「アリソン」
2008年9月29日 2009年11月11日 2010年1月23日 6.6%
5 (14) "Goodbye to All That"
「永久に別れを」
2008年10月6日 2009年11月18日 2010年1月30日 7.1%
6 (15) "The Tower Is Tall
But The Fall Is Short"
「時は得難く失い易し」
2008年10月20日 2009年11月25日 2010年2月6日 4.9%
7 (16) "Brothers of Nablus"
「ナブルスの兄弟」
2008年11月3日 2009年12月2日 2010年2月13日 5.7%
8 (17) "Mr Ferguson is Ill Today"
「銃撃戦」
2008年11月10日 2009年12月9日 2010年2月20日 6.8%
9 (18) "Complications"
「フィッシャー」
2008年11月17日 2009年12月16日 2010年2月27日 6.7%
10 (19) "Strange Things Happen
at the One Two Point"
「3つの点」
2008年11月24日 2009年12月23日 2010年3月6日8.3%
11 (20) "Self Made Man"
「ピコ・タワー」
2008年12月1日 2010年1月6日
12 (21) "Alpine Fields"
「フィールズ一家」
2008年12月8日 2010年1月13日
13 (22) "Earthlings Welcome Here"
「エイブラハムのブログ」
2008年12月15日 2010年1月20日2010年3月13日5.4%
14 (23) "Good Wound"
「大いなる存在」
2009年2月13日 2010年1月27日 2010年3月20日5.1%
15 (24) "Desert Cantos"
「出現」
2009年2月20日 2010年2月3日 2010年3月27日6.2%
16 (25) "Some Must Watch,
While Some Must Sleep"
「ドリームキャッチャー」
2009年2月27日 2010年2月10日
17 (26) "Ourselves Alone"
「それぞれの思い」
2009年3月6日 2010年2月17日 2010年4月3日4.3%
18 (27) "Today is the Day (Part 1)"
「疑惑」
2009年3月13日 2010年2月24日 2010年4月10日6.4%
19 (28) "Today is the Day (Part 2)"
「運命の時」
2009年3月20日 2010年3月3日 2010年4月17日6.3%
20 (29) "To The Lighthouse"
「燈台」
2009年3月27日 2010年3月10日 2010年4月24日4.5%
21 (30) "Adam Raised a Cain"
「救出」
2009年4月3日 2010年3月17日 2010年5月1日6.1%
22 (31) "Born to Run"
「終わりなき旅」
2009年4月10日 2010年3月24日 2010年5月8日6.8%

リリース(DVD・Blu-ray・CD) 編集

DVD 編集

ファースト・シーズン 編集

  • 2009年1月7日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ vol.1(第1話・第2話収録)
  • 2009年1月21日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ コレクターズ・ボックス (4枚組 第3話~第9話収録)
  • 2009年11月18日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ <ファースト> (5枚組 第1話~第9話収録)

セカンド・シーズン 編集

  • 2009年6月10日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ vol.1(第1話~第3話収録)
  • 2009年6月24日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ コレクターズ・ボックス1(5枚組 第4話~第13話収録)
  • 2009年9月30日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ コレクターズ・ボックス2(5枚組 第14話~第22話収録)

Blu-ray 編集

ファースト・シーズン 編集

  • 2009年1月21日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ コレクターズ・ボックス(3枚組 第1話~第9話収録)

セカンド・シーズン 編集

  • 2009年9月30日 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ コレクターズ・ボックス(5枚組 第1話~第22話収録)

サウンドトラック盤CD 編集

  • 2008年12月16日 LLLCD 1081(アメリカ盤1枚組、24曲、64分4秒) - La-La Land Records

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ
  1. 両シーズンとも、ベスト・バイ限定でメタルケース入りのDVDも発売された。
  2. サンケイスポーツ - ターミネータードラマ版、フジ系土曜夜に登場、2009年8月11日。
  3. 主な舞台をテレビ放送と同じ年代に設定したのは、時代考証の整合性にまつわる煩雑さを回避するためである。ちなみに、本作は2007年秋の放送開始を想定して製作が始まっていたが、番組編成の都合でミッドシーズンに回され、2008年1月に放送開始となった。
  4. 2008年4月号『日経エンタテインメント!』内「海外ドラマはやめられない!vol.23」より。Scripted shows get marketing priority - Fox concentrating on 'Terminator' (VTV News)も参照。
  5. 『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』の打ち切り決定 2009年6月2日 海外ドラマNAVI
  6. サマー・グローが本作終了後に出演した『Dollhouse』などでは痣(ほくろ)は見られないが、手術で除去したのか、あるいはメイクかCG処理で見えないようにしているのかは不明。

外部リンク 編集

テンプレート:前後番組 テンプレート:ターミネーター テンプレート:フジテレビ系土曜ドラマbg:Терминатор: Хрониките на Сара Конър ca:Terminator: The Sarah Connor Chronicles cs:Terminátor: Příběh Sáry Connorové da:Terminator: The Sarah Connor Chronicles de:Terminator: The Sarah Connor Chronicleses:Terminator: The Sarah Connor Chronicles fi:Terminator: Sarah Connorin aikakirjat fr:Terminator : Les Chroniques de Sarah Connor he:טרמינייטור hu:Terminátor – Sarah Connor krónikái id:Terminator: The Sarah Connor Chronicles it:Terminator: The Sarah Connor Chronicles ko:터미네이터 : 사라 코너 연대기 nl:Terminator: The Sarah Connor Chronicles no:Terminator: The Sarah Connor Chronicles pl:Terminator: Kroniki Sary Connor pt:Terminator: The Sarah Connor Chronicles ro:Terminatorul: Războiul continuă ru:Терминатор: Битва за будущее simple:Terminator: The Sarah Connor Chronicles sr:Terminator: The Sarah Connor Chronicles sv:Terminator: The Sarah Connor Chronicles tr:Terminator: The Sarah Connor Chronicles uk:Термінатор: Хроніки Сари Коннор zh:終結者外傳

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki