FANDOM


タイタンの戦い
Clash of the Titans
監督 ルイ・レテリエ
脚本 トラヴィス・ビーチャム
フィル・ヘイ
マット・マンフレディ
製作 ベイジル・イワンイク
ケヴィン・デラノイ
製作総指揮 リチャード・D・ザナック
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ウィリアム・フェイ
出演者 サム・ワーシントン
リーアム・ニーソン
レイフ・ファインズ ほか
音楽 クレイグ・アームストロング
マッシヴ・アタック
撮影 ピーター・メンジース・Jr
編集 ヴァンサン・タベロン
デイヴィッド・フリーマン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年4月2日
日本の旗 2010年4月23日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $122–$125 million[1][2]
興行収入 $321,685,000[2] 世界の旗
$132,985,000[2] アメリカ合衆国の旗
15.8億円[3]日本の旗
次作 Wrath of the Titans
  

タイタンの戦い』(タイタンのたたかい、原題: Clash of the Titans)は、2010年の映画1981年に製作された同名スペクタクル映画のリメイク作品。監督は『トランスポーター』シリーズなどで知られるフランス出身のルイ・レテリエ

ストーリー 編集

の王であるゼウスを頂点として神々が君臨していた古代ギリシア時代。ゼウスは人間を創り、彼らからの崇拝と愛を糧に不老不死を保っていた。しかし、傲慢の限りを尽くす神々に対し、ついに人間たちは反旗を翻す。怒り狂ったゼウスは、兄であり冥界の王であるハデスを人間界へ解き放ってしまう。かねてより神々を侮辱していたアルゴス国王王妃の前に現れたハデスは、10日後の日蝕の日に海の魔物・クラーケンを放ち都を滅ぼすと宣言。滅ぼされたくなければ、王女・アンドロメダ生贄に捧げろと要求してくる。クラーケン討伐の命を受けたペルセウスは、神の血を引く者として世界の存亡をかけた戦いに挑む。

キャスト 編集

( )内は日本語版吹替キャスト

吹替翻訳:平田勝茂、演出:小山悟

製作 編集

2002年プロデューサーアダム・シュローダー及び脚本家のジョン・グレンとトラヴィス・ライトの指揮下で『タイタンの戦い』リメイク企画が始まった[4]2006年にベイジル・イワンイクがプロジェクトを再始動し、オリジナルのファンを自称するトラヴィス・ビーチャムが脚本を書き直した[5]2007年に脚本家のローレンス・カスダン映画監督スティーヴン・ノリントンが雇われた。カスダンはビーチャムの脚本からさらに書き直しを行った[6]。その後ノリントンは降板し新たにルイ・レテリエが監督に起用され[7]、2008年6月までにプロジェクトに加わった[8]

2008年7月に脚本家のフィル・ヘイマット・マンフレディが脚本を引き継ぎ、ビーチャムの草稿を起点として執筆が開始された[9]

撮影は2009年4月27日ロンドンで始まった。その他、ウェールズスペインカナリア諸島テネリフェ島グラン・カナリア島ランサローテ島エチオピアでも行われた[10]

レテリエは早期から3Dで撮ることを望んでいたが、最新の技術を用いて費用が高額となることから2Dで撮影された[11]。撮影終了後にレテリエがコンピュータ変換による3D化の技術の存在を知ったことで、3ヶ月の作業を経て本作は3D映画となった。

ワールドプレミアは2010年3月29日にロンドンのレスター・スクウェアで行われ、ジャパンプレミアはサム・ワーシントンルイ・ルテリエ監督が来日し、4月7日グランドハイアット東京で行われた。

裏話 編集

  • 神々が輝く鎧を纏っているのは、ルイ・レテリエ監督が『聖闘士星矢』の影響であると語っている[12]
    • 上記のこともあり、車田正美がポスターを書き下ろしている[13]

D-BOX対応上映 編集

名古屋市ワーナー・マイカル・シネマズ大高でのみ、映画のアクションシーンと連動して座席が動く最新システムを導入したD-BOX対応で上映された。

評価 編集

ロッテントマトの支持率は30%[14]で、オリジナル版よりも低評価となった。2D撮影を変換して作られた3D映画であるため奥行きの表現が不自然なものとなり、評論家らによって「偽3Dである」と言われた[15]

一方、興行収入は2010年4月半ばまでに全世界で約3億2100万ドルを稼ぎ、レテリエが監督を務めた映画では最大のヒット作となった[2]

DVD/Blu-ray/3D Blu-ray 編集

2010年8月25日にワーナー・ブラザーズよりDVD/Blu-rayが、2010年10月6日にBlu-ray/3D対応Blu-rayでリリース。DVD・ブルーレイ共に特典映像として劇場版でカットされた未公開シーンが収録されており、更にブルーレイには本編と異なるもう1つのエンディングが収録されている。

ゲームソフト 編集

本作の世界観を基にした同名のアクション・アドベンチャー・ゲームが、ワーナー・ブラザーズゲームリパブリックバンダイナムコゲームスの共同制作により、2010年6月17日にXbox 360プレイステーション3で発売された。映画版のストーリーをベースに、オリジナル・エピソードも追加されている。

続編 編集

テンプレート:節stub

関連項目 編集

出典 編集

  1. Zeitchik, Steve (2010年4月1日). Movie Projector: 3-D 'Clash' will be a titan this weekend. Los Angeles Times. Tribune Company. 2010年4月2日閲覧。 “The new Warner Bros. and Legendary action-adventure story, a $122-million remake of the 1981 film[...]”
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Clash of the Titans (2010). Box Office Mojo. IMDb. 2010年4月17日閲覧。
  3. 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  4. Felming, Michael(2002年6月3日). “Col sends J. Lo to Shrink. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117867955.html?categoryid=3&cs=1 2008年11月8日閲覧。 
  5. McClintock, Pamela(2006年4月30日). “Scribe goes to head of Clash at Warners”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117942286.html?categoryid=13&cs=1 2008年11月8日閲覧。 
  6. Fleming, Michael(2007年12月13日). “Norrington to direct Titans. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117977672.html?categoryid=1238&cs=1 2008年11月8日閲覧。 
  7. Leterrier parle de son Choc des Titans. EcranLarge.com (2008年7月12日). 2008年11月8日閲覧。
  8. Michael Fleming(2008年6月26日). Gods goes to war with Titans. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117988133.html?categoryid=13&cs=1 2008年11月8日閲覧。 
  9. EXCLUSIVE: Phil Hay and Matt Manfredi Prepare Us for Clash of the Titans. movie Web (2010年4月1日). 2010年4月13日閲覧。
  10. Clash of the Titans Commences Production for Warner Bros. Pictures and Legendary Pictures. Business Wire (2009年4月25日). 2009年12月31日閲覧。
  11. Wayland, Sara (2010年3月28日). Director Louis Leterrier Interview CLASH OF THE TITANS (英語). Collider. 2010年4月13日閲覧。
  12. 「タイタンの戦い」は「聖闘士星矢」へのオマージュ
  13. 「タイタンの戦い」ポスター初公開
  14. Clash of the Titans. Rotten Tomatoes. 2010年4月20日閲覧。
  15. 『アバター』以外の大作映画は偽3D!評論家らが警鐘. MovieWalker (2010年4月9日). 2010年4月20日閲覧。

外部リンク 編集

bg:Сблъсъкът на титаните (филм, 2010) bs:Clash of the Titans (2010 film) ca:Clash of the Titans cs:Souboj Titánů (film, 2010) da:Clash of the Titans de:Kampf der Titanen (2010)es:Furia de titanes (2010) fa:برخورد تایتان‌ها (فیلم) fi:Titaanien taistelu (vuoden 2010 elokuva) fr:Le Choc des Titans (film, 2010) gl:Clash of the Titans he:התנגשות הטיטאנים (סרט, 2010) hr:Sudar titana (2010) hu:A titánok harca id:Clash of the Titans (film 2010) it:Scontro tra titani lt:Titanų susidūrimas mn:Титануудын тулаан (2010 оны кино) ms:Clash of the Titans (filem 2010) nl:Clash of the Titans (2010) no:Clash of the Titans pl:Starcie tytanów pt:Clash of the Titans (2010) ru:Битва титанов (фильм, 2010) sr:Борба титана (филм из 2010) sv:Clash of the Titans tl:Clash of the Titans (pelikula 2010) tr:Titanların Savaşı (film, 2010) uk:Битва титанів (фільм, 2010) vi:Cuộc chiến giữa các vị thần (phim 2010) zh:超世紀封神榜

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki