FANDOM


Disambig gray この項目では、アメリカの実写映画について記述しています。本作の原作となった、英題が同名の日本のアニメ作品については「マッハGoGoGo」をご覧ください。
スピード・レーサー
Speed Racer
監督 アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
脚本 アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
製作 ジョエル・シルバー
グラント・ヒル
アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
製作総指揮 デヴィッド・レイン・セルツァー
マイケル・ランバート
ブルース・バーマン
音楽 マイケル・ジアッチーノ
主題歌 「Go Speed Racer Go」
Ali Dee and The Deekompressors
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ロジャー・バートン
ザック・ステンバーグ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 Flag of the United States 2008年5月9日
Flag of Japan 2008年7月5日
上映時間 135分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
Flag of Germany ドイツ
Flag of Australia オーストラリア
言語 英語
製作費 1億2000万ドル[1]
興行収入 9394万5766ドル[1]
  
ファイル:Mach5 Comic-Con2007.jpg

スピード・レーサー』(Speed Racer)は、2008年公開のアメリカ映画

あらすじ 編集

父はレーシングカーデザイナー、兄は天才レーサーというレーシング一家育ちのスピード・レーサー(人名)は、レース事故死した兄の跡を追ってレーサーになり、レース大会で優勝する。スピードの才能に目をつけたロイヤルトン・インダストリーズ社は高額な契約金を用意して契約をオファーするが、スピードは断る。するとロイヤルトン社はスピードに対してさまざまな妨害工作を始める。そして、ロイヤルトン社の陰謀を知ってしまったスピードは父がデザインしたレーシングカー「マッハ号(マッハ5)」に乗り込み、兄が事故死したレース大会に出場する。

概要 編集

日本テレビアニメマッハGoGoGo』が原作。ウォシャウスキー兄弟にとって『マトリックス・レボリューションズ』以来、5年振りの監督作品となった。アメリカでは2008年5月9日、日本では2008年7月5日に、いずれもワーナー・ブラザーズ配給で封切られた。製作はワーナー・ブラザーズとシルヴァー・ピクチャーズヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが共同製作した。視覚効果はデジタル・ドメインが担当した。

映像はCGを多用。原作のイメージをほぼそのまま映像化しており、日本のアニメ版の主題歌やオートジャッキでジャンプした際の効果音にアニメと同じものを使用するなど、原作のエッセンスをふんだんに盛り込んでいる。

ワールドプレミアは2008年4月26日にロサンゼルスノキア・シアターで開催され、日本ではスーパープレミアを開催、6月29日東京ドームで3万5000人を招待し、世界最大級のスクリーンで試写会が行われた。同会場で試写会が行われるのは『パール・ハーバー』以来のことである。

2009年の第29回ゴールデンラズベリー賞の「最低リメイク及び続編賞部門」にエントリーされたが、受賞はしなかった。

キャスト 編集

ファイル:Emile Hirsch and Christina Ricci by David Shankbone.jpg

役名:配役(劇場公開・DVD版吹き替え)

スタッフ 編集

キャッチコピー 編集

  • マトリックス」の監督が描く革新のスピード世界
  • GO! 7・5
  • あなたは0.01秒を目撃する
  • この夏、人類が初めて目撃する可視速度の限界―劇場を出た時、きっと世界は止まって見える。

評価 編集

興行収入編集

北米では3606館と極めて大きな規模で公開されたが、週末3日間の初週興行収入成績は、速報値で2021万ドル。公開2週目の『アイアンマン』の半分以下となり、初登場2位として世界に報じられた。更にその後の確定値では1856万ドルに下方修正されたため、『ベガスの恋に勝つルール』をも下回る3位が確定した[2]。日本での初週興行成績も1億0500万円の初登場5位にとどまり、最終的な全世界興行収入も IMDbPro の集計で1億ドルに満たない、配給元の期待を裏切る興行成績となった。

その他 編集

アメーバニュースによれば、テジョ・トゴカーン役のピは撮影の際に「俺は韓国人だし、韓国人が日本人を演じるのはおかしい。つまり、俺の役の国籍を日本から韓国に変更してほしい」と監督に直談判したという[3]。これには監督のウォシャウスキー兄弟も苦悩したらしいが、あまりのピの熱意に負け、ピの演じる役の設定を韓国人に変更したとされる[3]。さらに、ピは監督にハングルの格好良さを語ったとされ、韓国を誇示するために、元々文字を入れる予定のなかったレーシングスーツやヘルメットにハングル文字を入れさせた[3]

関連商品 編集

オリジナル・サウンドトラック 編集

詳細はスピード・レーサー (サウンドトラック)を参照

2008年6月25日、『スピード・レーサー オリジナル・サウンドトラック』がジェネオン エンタテインメントより発売された。2,625円(税込)。

映像ソフト 編集

2008年11月19日、DVDビデオ版とブルーレイビデオ版のセル販売及びレンタル販売が開始された。ワーナー・ホーム・ビデオより、DVD2枚組みの「特別版」が3,980円、ブルーレイ版は4,980円(いずれも税込)。

メディアミックス展開 編集

2008年6月18日、ノベライズ版が扶桑社から発売された。文庫本サイズで580円(税込)。

2008年7月24日、家庭用ゲームソフトとしてWiiニンテンドーDSに対応した同名ソフトがアクティビジョンから発売された。ジャンルはレースゲームで、Wii版は6,090円、ニンテンドーDS版は5,040円(いずれも税込)。Wii版はWiiハンドルに対応している。

そのほか、映画公開と同時期にマテルタカラトミーからそれぞれマッハ号の玩具が発売された。

関連項目 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

外部リンク 編集


テンプレート:ウォシャウスキー兄弟cs:Speed Racer (film) de:Speed Racer (Film)es:Speed Racer (película) fi:Speed Racer (elokuva) fr:Speed Racer (film) id:Speed Racer (film) it:Speed Racer ko:스피드 레이서 ms:Speed Racer (filem) no:Speed Racer (film) pl:Speed Racer pt:Speed Racer (filme) ru:Спиди-гонщик (фильм) simple:Speed Racer (movie) sv:Speed Racer zh:駭速快手

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki