FANDOM


スター・トレック
Star Trek
監督 J・J・エイブラムス
脚本 ジーン・ロッデンベリー(原作)
アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
製作 J・J・エイブラムス
デイモン・リンデロフ
製作総指揮 ブライアン・バーク
ジェフリー・チャーノフ
ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン
出演者 クリス・パイン
ザカリー・クイント
エリック・バナ
音楽 マイケル・ジアッチーノ
編集 メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
バッド・ロボット
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗2009年5月8日
日本の旗2009年5月29日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $385,459,120[2]
前作 ネメシス/S.T.X
次作 Star Trek 2 (仮)
  

スター・トレック』(原題:Star Trek)は、2009年アメリカ映画。劇場版『スタートレック』シリーズの第11作目であり『宇宙大作戦』より少し前の時代が舞台の映画である。

概要 編集

新スタートレック』シリーズ最終作の前作公開後から第11作目の噂は存在しており、出演者の一人であるブレント・スパイナーは「興行しだいでは、(『新スタートレック』の)新作が作られるかもしれない」と語っていた。

非公式ではあるが、初めて次回作の情報がアナウンスされたのは2005年8月である。仮題は「STAR TREK: THE BEGINNING」で、舞台は同年打ち切りになっていた『スタートレック:エンタープライズ』シリーズの2~3年後(シリーズ史でのロミュラン戦争にあたる)、公開は2007年夏が予定されていた[3]。しかしエリック・ジェンドレセンによる脚本が没となり[4]、公開はお蔵入りとなる。

その後、2006年4月に公式にJ・J・エイブラムス監督による劇場版が2008年夏に公開予定であることが明らかにされ、カークとスポックが登場することが公式にアナウンスされた[5](その後、全米脚本家ストライキにより公開が2009年に延期)。

エイブラムスはもともと『スタートレック』のファンではなく(「僕はどちらかというと『スタートレック』よりも『スターウォーズ』ファンなんだ」と公言している)、脚本を担当したロベルト・オーチーは本作の大ファンであるのに対し、もう一人のアレックス・カーツマンもファンではなかったという。エイブラムスは本作を「ファンじゃなくても楽しめる作品にした」と語った。一方で、『スタートレックVI 未知の世界』から『新スタートレック』のエピソード「潜入!ロミュラン帝国 パートI/II」("Unification I/II")の流れを引き継いだ物語でもある。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 巨大な謎の宇宙艦により宇宙艦隊士官だった父を幼い頃に亡くしたジェームズ・T・カークは酒とケンカに溺れる荒れた日々を送っていた。ある時、バーで騒ぎを起こしたカークに、パイク大佐は、父親は12分だけ艦長だったが 800 名の命を救ったと語り、宇宙艦隊アカデミーへの入隊を勧める。

アカデミー在学中、ヴァルカン星からの緊急救助要請が発生し、カークの同期生らも急きょヴァルカンに向かう艦隊に召集される。カークはコバヤシマルテストの不正により謹慎が言い渡されていたが、マッコイの機転によりパイク指揮するU.S.S.エンタープライズに乗り込むことに成功する。同期のウフーラの他、スールーチェコフらも乗り込んでいた。

ところが、艦隊の目前に現れたのはかつてカークの父を殉職させた巨大宇宙艦であった。カークはこの宇宙艦がロミュラン人のものであることを突き止める。ロミュラン宇宙艦は搭載された未来兵器を駆使して圧倒的に高度な戦闘力を発揮し、エンタープライズを含む艦隊は壊滅的な被害を受ける。また、宇宙艦の攻撃により、ヴァルカン星は地上のほとんどの住民を道連れに崩壊してしまった。艦長代理をつとめるスポックの父サレクと長老たちの多くはエンタープライズに救助されたが、母は数秒差で命を落としてしまう。

パイク艦長を敵に奪われたエンタープライズのブリッジでは敵の出方をめぐってカークとスポックが対立。立場の弱いカークの方は氷に閉ざされた近くの惑星デルタ・ベガに放り出されてしまう。ところが、ここにカークの知るスポックより129年ほど年をとったもう一人のスポックが居り、カークを助ける。年老いたスポックは、自分の力不足で未来のロミュランが崩壊に至ったこと、この時代に姿を現した巨大宇宙艦の艦長ネロは、ヴァルカンや地球を含む惑星連邦を母星の敵とみなし、過去にタイムシフトして歴史を改変し、連邦を滅亡させてより強大なロミュラン帝国確立を目論んでいること、カークの父の殉職をもたらした最初の攻撃により歴史はすでに書き換えられていることなどをカークに明かす。

デルタ・ベガの研究室に左遷させられていた技術者スコットとともにエンタープライズに戻ったカークは故意にスポックを激昂させて指揮官不適格の状況へ追い込んで指揮権を掌握し、スポックと協力して地球を攻撃していたネロの宇宙艦へと潜入し、誘拐されていたパイク艦長を救出してネロを倒す。

功績を認められたカークは正式にパイクの後継のエンタープライズ艦長に就任する。老スポックは若き日の自分の前に姿を現し、カークとの信頼関係が二人の未来に大きな意味を持つことを説く。若いスポックはエンタープライズの科学士官としてカークとともに働くことを決意する。 テンプレート:ネタバレ終了

Star Trek: Countdown 編集

映画の前日談として、オーチーとカーツマンが脚本を担当する『Star Trek: Countdown』というコミックが発売された。物語はロミュランの崩壊からネロとスポックがタイムトラベルするまでが描かれており、ピカードデータ(B-4)、ウォーフなどの『新スタートレック』のキャラクターも登場する。

  • ネロ
ロミュラン人男性。ロミュラン鉱山組合の代表。スポックの「恒星の新星爆発で危機的状況にあるロミュラスをバルカンの技術で救う」という提案を陰謀ではないかと疑っていたロミュラン議会を説得した。スポックとは個人的に強い信頼関係を築くが、対策は間に合わずロミュラスは新星爆発に巻き込まれ消滅、その際に身重の妻を失った事から絶望し、スポックとバルカン、そして惑星連邦を憎悪するようになる。
  • スポック
バルカン人男性。惑星連邦大使。ロミュラン滅亡の危機はバルカン・ロミュランの関係を改善する絶好の機会と、ネロと共に対策に尽力するが最悪の結果に終わる。
地球人男性。惑星連邦大使。スポックとネロをサポートした。
男性型アンドロイド惑星連邦宇宙艦隊大佐、エンタープライズEの艦長。レムス人のウォーバードに襲われていたネロのナラーダ号(改造前)を助けた。
地球人男性。新型ワープ船のプロトタイプ「ジェリーフィッシュ」のテストパイロット。赤色物質を輸送するミッションのため「ジェリーフィッシュ」をスポックに提供した。
クリンゴン人男性。クリンゴン帝国防衛軍の将軍。艦隊を率いてネロの逮捕を試みるがナラーダ号(改造後)によって返り討ちにされ、自らも重傷を負った。
  • ディスパル
ロミュラン人女性。ロミュランの宇宙基地司令官。ネロのナラーダ号を改造した。

過去の作品との関連 編集

これまでの映像作品で語られていた正史といくつか設定上の矛盾点が見受けられるが、そのうちいくつかはオーチーとカーツマンによって「ネロの時間改変の結果」として説明されている(ただし、公式設定ではないので注意が必要)。2009年10月、Star Trek Onlineの公式サイトにおいて「STO and Ablams(Star Trek XI)」と題する、これまでのスタートレックの歴史内における本作の位置付けを解説するコラムが掲載された。このコラムには非常に分かり易いタイムラインの図式が添えられており、この中で本作はこれまでの映像作品の直接の過去の出来事ではなく、並行世界での出来事である事が明かされた[6]。従って本作に登場する若いカークやスポックは旧シリーズに登場したカークやスポックと完全に同一の人物という訳ではなく、異なる量子現実に存在するもう一人の彼らである。

トリビア 編集

キャスト 編集

これまでの劇場版がTVシリーズの映画化であり、キャストも同一であったのに対し、本作は『宇宙大作戦』を元に「リ・イマジネーション」する形となった。そのため、キャストを一新することになり、不確かな情報が飛び交うことになった。

カーク役にはベン・アフレック[7]マット・デイモン[8]がオファーされるのではないかという噂が流れ、一部メディアでは出演決定とまで報道された。

なお、公開直前になって、実際にデイモンにオファーされていたが、断られていたことが報道された[9]

ほか、未来から来た老年期のスポックを『宇宙大作戦』および劇場版で同役を演じたレナード・ニモイが、艦隊アカデミーでのコンピュータヴォイスを『スタートレック』各シリーズで同役を演じたメイジェル・バレットが演じた。

日本語吹替 編集

日本語吹き替えでの登場人物の名称・呼称は、『宇宙大作戦』の日本語吹き替え版と同じものになっている。

スタートレック#オリジナル・シリーズの吹き替え」も参照

スタッフ 編集

宇宙船 編集

  • U.S.S.ケルヴィン
ロバウ船長が指揮する惑星連邦宇宙艦隊所属船。艦隊登録番号NCC-0514。旧シリーズの改アポロ級に似たデザイン。
  • U.S.S.エンタープライズ
クリストファー・パイク船長が指揮する惑星連邦宇宙艦隊所属船。艦隊登録番号NCC-1701。旧シリーズの改コンスティテューション級に似たデザイン。
  • ナラーダ
ネロ船長が指揮するロミュランの巨大採掘船。単独で23世紀の惑星連邦艦隊を圧倒するスペックを持つ。

関連 編集

  • ウフーラ役を演じるゾーイ・サルダナは映画『ターミナル』でスタートレックファンの空港員ドロレス・トーレスを演じた。
  • 2009年新型インフルエンザの影響により、メキシコでの公開は無期限延期となっている。
  • スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターR2-D2が劇中に登場しており、配給元のパラマウント・ピクチャーズによって「R2-D2を探せ!」なるコンテストが実施された。
  • 日本でのDVD発売は2009年11月6日だが、それに先行して10月30日WOWOWにてオンエアされた。

Blu-ray/DVD 編集

2009年11月6日にパラマウント ジャパンよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

  • Blu-ray
    • スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション ※2枚組/通常版
※Blu-ray版のみインタラクティブ機能やBD-LIVE機能の特典を収録。
  • DVD
    • スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション ※2枚組/通常版
    • スター・トレック エンタープライズ号BOX ※2枚組/7,000セット限定発売
※エンタープライズ号BOXは、劇中に登場するエンタープライズ号の模型が同梱される。

脚注 編集

外部リンク 編集

テンプレート:スタートレック テンプレート:J・J・エイブラムス

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスター・トレック (2009年の映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki