FANDOM


スタートレック ファーストコンタクト
Star Trek: First Contact
監督 ジョナサン・フレイクス
脚本 ブラノン・ブラーガ
ロナルド・D・ムーア
製作 リック・バーマン
製作総指揮 マーティン・ホーンスタイン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 ジョン・ウィーラー
配給 パラマウント映画
公開 1996年11月22日 アメリカ合衆国の旗
1997年3月15日 日本の旗
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000
興行収入 $146,027,888[1]
前作 スタートレック ジェネレーションズ
次作 スタートレック 叛乱
  

スタートレック ファーストコンタクト』(Star Trek: First Contact1996年パラマウント映画)は、スタートレックの映画第8作。『新スタートレック』の登場人物たちが出演する劇場版としては2作目にあたる。メガホンは副長ウィリアム・ライカー役のジョナサン・フレイクスが取った。日本での公開は1997年3月。

『新スタートレック』において惑星連邦最大の脅威であるボーグとの戦いを描いている。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

かつて惑星連邦宇宙艦隊を苦しめたボーグ・キューブが再び太陽系へ侵攻してきた。U.S.S.エンタープライズEの艦長ピカードは、ボーグに同化された事があるために迎撃任務から外されたが、命令を破って参戦し、キューブを撃破する。

しかし、爆発寸前のキューブから脱出したボーグ・スフィアが時間の渦に飛び込むと同時に地球の姿が一変した。ボーグはタイムトラベルして、過去の地球を同化してしまったのだ。ピカードは歴史を元に戻すため、スフィアを追って時間の渦に突入する。

スフィアとエンタープライズが辿り着いたのは2063年4月4日。ゼフラム・コクレーンが人類初のワープ飛行を行う前日だった。ライカーたちはボーグの攻撃で傷ついた実験船フェニックスの修理を手伝おうとするが、未来世界で自分が英雄扱いされていると知ったコクレーンは動揺し、逃げ出してしまう。一方、エンタープライズ艦内では侵入したボーグ・ドローンとピカードたちの戦闘が始まっていた。

登場人物 編集

備考 編集

  • スタートレック:エンタープライズ』第49話は北極に墜落したボーグ・スフィアの残骸が発掘され、機能停止していたドローンが再起動するという話で、本作の後日談に当たる。ボーグという単語は一切登場しない。

脚注 編集

  1. Star Trek: First Contact (1996). Box Office Mojo. 2010年1月20日閲覧。

外部リンク 編集

テンプレート:スタートレック

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスタートレック ファーストコンタクトにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki