FANDOM


Disambig gray この項目では、1992年に公開されたゴジラシリーズ第19作目の作品について記述しています。1964年に公開されたシリーズ第4作目の作品については「モスラ対ゴジラ」をご覧ください。
ゴジラvsモスラ
Godzilla and Mothra : The Battle for Earth
監督 大河原孝夫(本編)
川北紘一(特撮)
脚本 大森一樹
製作 林芳信
西野一夫
製作総指揮 田中友幸
出演者 別所哲也
小林聡美
小高恵美
村田雄浩
今村恵子
大沢さやか
田中好子
上田耕一
大竹まこと
篠田三郎
小林昭二
宝田明
音楽 伊福部昭
編集 米田美保
配給 東宝
公開 Flag of Japan1992年12月12日
上映時間 102分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
前作 ゴジラvsキングギドラ
次作 ゴジラvsメカゴジラ
  

ゴジラvsモスラ』(ゴジラたいモスラ、または、ゴジラ ブイエス モスラ)は1992年に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第19作である。1992年12月12日公開。観客動員数は420万人、配給収入は22億2千万円を記録、平成ゴジラシリーズの中で最高の動員数を記録した。キャッチコピーは「極彩色の大決戦」。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

登場する怪獣は、ゴジラモスラ(幼虫、成虫)、バトラ(幼虫、成虫)。

主要襲撃地点は、名古屋市市街地、丹沢山地横浜みなとみらい21。なお、公開当時の開業直前の横浜ランドマークタワーが破壊されるシーンがあった。

ゴジラが丹沢でのゴジラ迎撃戦ではメーサー戦闘機が初参戦、大規模な戦闘が繰り広げられる。

ファミリー層向けの対策として、人間ドラマは拓也と雅子の夫婦の復縁の物語を軸に展開し、観客の反応も良好であった。別所の主演も話題になり、女性向け雑誌で特集が組まれたほどである。また、平成ゴジラシリーズで初めて自然破壊を題材に取り上げた作品で「環境破壊」と「家族愛」がテーマ。

作品にはモスラと常にセットで登場してきた小美人も登場。本作ではコスモスという名で、演じるのは今村恵子(第3回東宝シンデレラコンテスト・グランプリ)と大沢さやか(同・審査員特別賞)。なお、映画出演後の一時期、今村・大沢の2人はアイドルユニット「コスモス」としても活動している。


オープニングの嵐のシーンは一部『モスラ対ゴジラ』の映像を流用している。このオープニングの特撮の撮影日(7月2日)に、ティム・バートン監督が川北組を表敬訪問している。

アメリカでは長い間『モスラ対ゴジラ』が「Godzilla vs. Mothra」のタイトルだったため、差別化を図るため本作のタイトルは「Godzilla and Mothra: The Battle for Earth」となった。

前作に引き続き土橋竜三が登場した他、三枝美希も登場。ただし、他の登場作品に比べて三枝の出番は少ない。また自衛隊の各幕僚長らも前作に引き続き黒部進らが演じている。

作曲家の本多俊之が自衛隊員役で特別出演している。大河原監督によると、本多が伊福部昭とゴジラ映画の大ファンだったことから依頼されてのことだという。また、ラストのモスラ着陸シーンの舞台は大黒埠頭、横浜スタジアムなど検討されたが、脚本では羽田空港になった。結局許可が下りず、立川空港で撮影は行われた。(これは一作目の「モスラ」と同じ場所である)インファント島のロケは奄美大島で行われ、地主の好意で地滑りのカットなどが撮影できたという。吊り橋のカットは、福島県の飯坂で撮影された。

解説 編集

ゴジラVSシリーズ第3弾。当初の企画案は『モスラ対バガン』というモスラが主役の映画だった。この企画は1990年を公開予定とし、大森一樹によって脚本が準備された。しかし『ビオランテ』の評判を見て、次企画はゴジラ主役の映画『ゴジラVSキングギドラ』となり、その次回作として先の『モスラ対バガン』を原案に、敵怪獣をバガンではなくゴジラに変更し、「ゴジラVSモスラ」に落ち着いた。

ストーリー 編集

太平洋小笠原沖に巨大隕石が落下した。海底で眠りについていたゴジラが目覚め、南洋では巨大な嵐が発生。大きな被害を受けたフィリピン近海にある開発中のインファント島に、巨大な謎の物体が現れた事が衛星写真から判明した。

トレジャーハンターの藤戸拓也はアユタヤでの窃盗と遺跡破壊行為が無罪になるのと引き換えに、元妻の手塚雅子、インファント島開発を行なっている丸友商事の社員・安藤健二と共にインファント島へ調査へ向かう。そして、彼らがそこで目にしたものはモスラの卵だった。丸友商事の社長である友兼は、モスラの卵を日本へ輸送することに決定する。

しかし、コスモスと名乗る島の2人組の小美人は、バトラの復活による危機を警告する。そんな中、北の海の氷河からバトラが目覚め日本に進入。バトラは名古屋に現れ街を破壊、地中へと消える。一方、太平洋を航行中の卵の輸送船をゴジラが襲撃。卵からはモスラの幼虫が孵化し、口から糸を吐いて応戦する。そこにバトラも現れ、三つ巴の戦いがはじまった。ゴジラとバトラが海中に沈んで戦いを続けるさなかに海底火山が爆発。両者はマグマの中に消える。

コスモスは拓也たちと同行していたが、安藤によって日本に拉致された。コスモスを社のイメージキャラクターに画策する友兼。一方、モスラはコスモスを追って東京に上陸。国会議事堂に繭を張り、やがて成虫へと変化を遂げる。時を同じくして、富士山が噴火。噴出する溶岩の中からゴジラが出現した。

飛び立つモスラの前に成虫となったバトラも出現。両者が横浜みなとみらいで激突しているところにゴジラも現れ、再び三つ巴の戦いが始まる。

登場人物 編集

藤戸拓也
本作の主人公。トレジャーハンター。元東都大学・考古学教授助手でもあり、その知識を活かして世界中の遺跡で盗掘を行っていた。その際に、タイ警察に逮捕され収監されていたところを、国家環境計画局からの依頼で釈放を交換条件に、インファント島への巨大な物体を調査へ向かい、一連の事件に関わる。盗掘だけでなく、丸友観光から保護したコスモスを外国の研究機関に売り渡そうとする悪人的な性格に見えるが、それらで得た大金で別れた元妻の雅子や愛娘のみどりとやり直そうと考えたり、ゴジラに戦いを挑むモスラやバトラに強い声援を送る家族想いで熱い心を持つ男でもある。
手塚雅子
国家環境計画局職員。拓也の元妻で、娘のみどりを引き取っていた。インファント島の調査で、拓也達と同行する事となり、口喧嘩ばかり繰り広げたが、お互いに未練があった為少しずつ関係を深め直していく。
安東健二
丸友観光社長秘書。インファント島が自らの会社の土地である為、調査に赴く拓也と雅子に同行した。社長・友兼の命令で、インファント島から大金をつぎ込んでモスラの卵を運び出す手続きを行ったり、それに失敗すると代わりにコスモスを誘拐し友兼の下へと差し出す等、職務に忠実なサラリーマンだが、拓也たちやコスモスとの交流を経て、会社や自分の行為について疑問も抱いていった。最終的に、手段も犠牲も問わずに丸友の利益ばかりを上げようとする友兼と決裂、友兼に「どうせこの会社はつぶれます」と言い残し退職する。ラストシーンでは拓也達と共に宇宙に旅立つモスラを見送っていた。
三枝未希
超能力者。今回は国家環境計画局内に新設されたGルームへと出向している。超能力を使って、行方不明になったコスモスを雅子やみどりと共に探しあてた。
手塚みどり
拓也と雅子の幼い娘で、雅子と共に暮らしていた。雅子からは拓也が国際警察の警察官だと伝えられていたが、実はトレジャーハンターである事を知っていた。涙を流しながらも、コスモスにモスラを説得するように頼む健気な少女である。
大前実
丸友観光常務。富士山の開発を担当していた。友兼の前で非常に低姿勢な常務。
船長
モスラの卵を運搬したありあけ丸の最高責任者。航行中のフィリピン沖にゴジラが出現した際も決して取り乱すことなく、船の安全を確保しようとした。
陸上 海上 航空幕僚長
前作に引き続いて登場した幕僚長たちで、国家環境計画局に出向する。
ディクソン
クローン生物研究所のエージェント。保護したコスモスを売り渡そうとする拓也と交渉する。
友兼剛志
丸友観光社長。日本政府御用達の観光会社社長である事をいい事に、地球環境への負担を考えず、富士山の樹海やインファント島に乱開発を執り行う。安東が連れて来たコスモスを、会社のイメージガールにしようとしたり、モスラに破壊される東京を前に「オレが新しく造り直す!」と絶叫するなど野心に満ちているが、その報いが来たように全てが台無しになる。
深沢真由美
雅子の姉で、深沢の妻。雅子がインファント島へモスラの卵を調査するため日本を離れていた際、みどりを預かっていた。ラストでも、宇宙へ旅立つモスラとコスモスを見送った。
土橋竜三
内閣安全保障室室長。今回は未希と同様に国家環境計画局へ出向している。拓也にインファント島調査を、自ら依頼した。冷静に対ゴジラ作戦を執り行っていた前作とは別人のように、うろたえたり声を荒げることが多い。
コスモス
かつて太古の時代に地球を支配していた先住者の生き残りである2人の小美人。インファント島にやって来た拓也達を信じて共に現代人類へ、地球環境に対する警告を発する為日本へ向かうが、丸友に利用されそうになり、『モスラの歌』を歌いモスラを呼ぶ。雅子達に保護され、モスラがゴジラに勝利した後、バトラとの約束を果たす為モスラと共に宇宙へ旅立つ。
深沢重樹
東都大学地質学教授。雅子の義理の兄でもある。国家環境計画局にゴジラ研究と環境破壊の両面で協力する。理知的で物静かな第一印象だが、噴火を始めた富士山の山麓に倒れていた親子を自衛隊員と共に救う勇敢さも持ち合わせる。
南野丈二
国家環境計画局局長。本業の環境問題と、今回の対ゴジラ作戦の責任を同時に請け負う高級官僚で、雅子の上司。温厚且つ冷静な人物である。

登場怪獣編集

ゴジラ 編集

詳細はゴジラ (架空の怪獣)を参照

この作品のために新調された。造形者は小林知巳、演技者は薩摩剣八郎安丸信行が「ゴジラ(1984年版)」で作った胴体の型を使用して作られた。上空のモスラを見上げる演技のため、圧縮空気によって首が上下する仕掛けが仕込まれ、このため首が太くなった。ゴジラの熱線の放射効果音が、他作品と異なり、「キーン」というジェットエンジンに似た音が追加されている。鳴き声も本作から甲高くなった。背びれは「VSビオランテ」以後の手法として透明のポリエステル樹脂のものとの差し替えで撮影され、ストロボ電球による閃光を表現している。

富士山・海中のシーンのゴジラは、「VSビオランテ」、「VSキングギドラ」で使われた縫いぐるみを使用している。傷みが激しく、補修が大変だったそうで、スタッフからは「ボロゴジラ」と呼ばれたという。また1993年には盗難に遭って話題となった。

「VSビオランテ」で作られた、ワイヤー仕掛けで各所が動く上半身のみのロボットゴジラも、首の上下動を加えて再使用されている。また、映画宣伝用に展示専用の全身ロボットゴジラも作られた。頭、手が動くもので、各地を巡業して宣伝に一役買った。

本作でゴジラが太平洋海底からマントルの中を進み、富士山から現れるという驚異の移動を成し遂げた。

モスラ 編集

詳細はモスラ (架空の怪獣)を参照

モスラ(成虫) 編集

生頼範義のイラストを基に三面図が作られ、造形デザインとした。造形は「ツェニー」(村瀬継蔵)。村瀬は一作目の「モスラ」でもモスラの造形を行っている。

村瀬が成虫・幼虫合わせ、東宝特殊美術部から発注を受けたのはクランク・インのわずか一か月前だった。村瀬は年明けから見込みで準備をしたおかげで、なんとかこれに間に合わせたと語っている。

ラジコンで各部が動く、翼長が10尺(3.5メートル)あるものと、3尺(1メートル)の大小二種作られた。アクションシーンのほとんどは小サイズのものを使用している。モスラの鱗粉には、金粉が使われた。成虫の羽化シーンにはCG画像も制作されたが、これは未使用となった。OPの隕石、ゴジラのシミュレーション画像のCG制作はナムコ社による。

モスラ(幼虫) 編集

自走式の車輪メカニックを内蔵した8尺(2.4メートル)と5尺(1.6メートル)の大小二種作られた。造形は「ツェニー」(村瀬継蔵)。川北監督はこのメカニックに大きな車輪が入手できず、小さな車輪を使用せざるを得なかったため、芋虫らしい節運動が表現できなかったことを悔やみ、「やり直したい部分」と述べており、後の『モスラ (1996年の映画)』にてリベンジを果たしている。

幼虫が噴き出す糸は、発泡スチロールの細かい粉を吹かせる手法で表現した。村瀬継蔵は幼虫の体表のテカリを表現するため、1961年の一作目「モスラ」で使用した、「ビニールゾル(ソフトビニール)」による表面塗膜を本作でも再使用している。

バトラ(幼虫) 編集

詳細はモスラ (架空の怪獣)#バトラを参照

バトラ(幼虫) 編集

生頼範義のイラストを基に作られた。造形は「レプリカ」による。本社から「派手にするように」と指示があり、成虫ともども大変に色彩の派手な怪獣となっている。演技者は破李拳竜。川北監督は「操演では動きが単調になるため、バトラは縫いぐるみにした」と語っている。

このバトラの縫いぐるみは一体だけ制作され、場面によって切り離したり接合し直して使っていて、また足元の鉤爪が歩行の邪魔になるため、これを切除して撮影したカットもある。長い尾の部分には台車を内蔵して動きを助けており、海上を進むシーンでは演技者は入らず、メカニックを仕込んで撮影した。

バトラ(成虫) 編集

造形は「レプリカ」による。ラジコンで各部が動く、翼長が10尺(3.5メートル)あるものと、3尺(1メートル)の大小二種作られた。アクションシーンのほとんどは小サイズのものを使用している。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視覚効果 編集

キャスト 編集

映像ソフト化編集

  • DVDは2002年3月21日発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
  • 2008年5月23日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションV」に収録されており、単品版も同時発売。
  • BDは2010年1月22日発売。

挿入歌 編集

作中でコスモスが唄う曲は、恒例の「モスラの歌」に加え「マハラ・モスラ」。「モスラの歌」はコスモス名義でCDも発売された。また、スキャットによる「聖なる泉」もBGMに用いられている。

コミカライズ 編集

出典・参考文献 編集

  • 「GODZILLA怪獣博物誌」(講談社刊)
  • 「スーパージオラマシアター・ゴジラ」(小学館刊)

主な賞 編集

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:モスラ映画作品 テンプレート:ゴジラ テンプレート:モスラ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴジラvsモスラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki