FANDOM


Disambig gray この項目では、1993年に公開されたゴジラシリーズ第20作目の作品について説明しています。
ゴジラvsメカゴジラ
Godzilla vs. Mechagodzilla II
監督 大河原孝夫(本編)
川北紘一(特技)
脚本 三村渉
製作 林芳信
西野一夫
製作総指揮 田中友幸
出演者 高嶋政宏
佐野量子
小高恵美
原田大二郎
宮川一朗太
中山忍
ラサール石井
上田耕一
中尾彬
佐原健二
高島忠夫
川津祐介
音楽 伊福部昭
編集 米田美保
配給 東宝
公開 Flag of Japan1993年12月11日
上映時間 108分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
前作 ゴジラvsモスラ
次作 ゴジラvsスペースゴジラ
  

ゴジラvsメカゴジラ』(ゴジラたいメカゴジラ、または、ゴジラ ブイエス メカゴジラ)は1993年12月11日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第20作である。観客動員数は380万人。配給収入は18億7千万円。キャッチコピーは「この戦いで、すべてが終わる。」「世紀末覇王誕生 誰もがこの戦いを待っていた。

1994年がシリーズ第1作の『ゴジラ』公開から40年目に当たることから、「ゴジラ生誕40周年記念作品」と銘打たれた。

登場怪獣はゴジラ、メカゴジララドン、ベビーゴジラ、メカキングギドラ

主要襲撃地点はアドノア島、四日市市鈴鹿市京都市大阪市梅田千葉市幕張

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

1992年、立て続けに受けたゴジラ被害に対応すべく、国連はG対策センター、および対ゴジラ部隊Gフォース筑波に設置した。G対策センターは対ゴジラ戦闘マシンの開発計画として、まず1号機ガルーダを試作。しかしガルーダは攻撃力に問題があり、新たに2号機の開発に取り掛かる。まず、海底からメカキングギドラを引き揚げ、23世紀のテクノロジーを解析。そして、そこから得られた技術を元に究極の対ゴジラ兵器『メカゴジラ』が完成した。

1994年ベーリング海のアドノア島で翼竜化石が見つかり、古生物学者である大前を中心とした調査隊が出向いたところ、そこには孵化した後の卵の殻と孵化していない卵があった。調査隊は卵をヘリコプターに持ち込み分析していたが、巨大な翼竜・ラドンが姿を現す。逃げ惑う調査員たちに追い討ちをかけるかのごとく今度は海からゴジラが姿を現し、ラドンと戦いを始めた。隙を見て島から脱出した調査員たちは持ち帰った卵を京都の生物工学研究所の五条梓の元に持ち込む。

無類の翼竜好きのGフォース隊員・青木一馬は、卵のことを知って梓を訪ね、悪戯心から研究室にあった植物の化石を持ち帰ってしまう。ところが、三枝未希がその植物から奇妙な波動を感じた。更に、そこから再現された音楽を聴いた卵が突如孵化を始めた。ゴジラザウルスの幼獣が生まれたのだ。

そして、ベビーと名付けられた同族を取り返すためか、ゴジラが四日市市に上陸した。Gフォースはメカゴジラの出撃命令を下し、メカゴジラはゴジラに向いて飛び立っていく。しかし、ゴジラはその圧倒的パワーでメカゴジラに勝利する。ゴジラはそのままベビーのいる京都に進撃し生物工学研究所を襲うが、ベビーの共鳴により引き返していく。

ゴジラがベビーを求めていることを察したGフォースは、梓たちの反対を押し切り、ベビーを囮にしてゴジラをおびき出す作戦にでる。だが、空輸コンテナは復活したラドンによって奪取され、千葉の幕張へ降ろされる。そこにゴジラが出現。修理を終えたメカゴジラも出撃し、両者は再び幕張の地で相対する。

登場人物 編集

青木一馬
本作の主人公。28歳。G対策センターのロボット技師。お蔵入りとなってしまった対G戦闘マシン・ガルーダの開発スタッフで、ガルーダへの思い入れが強かった為、本機のドック管理人となってしまっていたが、辞令を受けてGフォースへ出向し、メカゴジラのメンテナンス要員として参加し訓練を受ける事となる。だがアドノア島で発見された卵を見に行くために勝手に休暇をとったため駐車場係に転属されてしまった。無類の翼竜(プテラノドン)好きで、プロフィールにも趣味として書いたり、自作飛行メカのモチーフにもしている。軟弱で、普段は不真面目とも見える調子のいい性格だが、技師としての腕・発想力は本物で、メカゴジラにガルーダを合体させるアイデアを出してロボット部門に復帰する。また、梓とベビーが乗ったコンテナがラドンに捕まったと知ると、正規のパイロットであるジョンソンを押しのけて自らガルーダで出撃する男らしさも見せた。意外にも英語が堪能で、アシモフ博士にメカゴジラとガルーダの合体案を提案するときも英語で話していた。
かつて、スーパーX2の開発にも携わっていた経歴も持つ。
五条梓
本作のヒロイン。京都国立生命科学研究所研究員。大前の助手。アドノア島で大前達と共に発見し持ち帰った卵から孵ったベビーゴジラに母親として慕われる。研究所に無断で入った一馬の頼みを聞かず追い返すなど融通が利かない面もあるが、ベビーに対しては母親の様に接し、ベビーがG対策センターに引き取られた際は世話係として共に出向し、ゴジラを誘き寄せる作戦の際にもベビーと共にコンテナに乗って守ろうとする、母性的で芯が強い女性である。
三枝未希
超能力者。今回から『ゴジラVSデストロイア』まで国連G対策センターに所属する事となる。超能力で大前たちが持ち帰った卵から孵った恐竜がゴジラザウルスだと見抜いた。今回べビーと出会った事で、ゴジラに対する想いが大きく変わり、ゴジラやベビーに対して強い思い入れが出来る。しかしGフォースからの要請で、メカゴジラに搭乗しゴジラの第2の脳をテレパシーで探る役目を担う事となる。ラストでベビーにテレパシーを送り、野生に目覚めさせゴジラの元へ送る等、活躍の場が今までより多かった。
佐々木拓也
Gフォース大尉。メカゴジラ隊隊長で、メカゴジラのメインパイロットを務める。非常に厳しく、入隊してきた一馬を「恐竜坊や」と呼び、容赦なく鍛える等文字通りの鬼隊長であるが、辞令書を紙飛行機に折り飛ばして渡すお茶目な一面もある。
映画では本作のみの登場だが、『コロコロコミック』に掲載されたコミカライズでは次々作まで登場。黒木特佐とは旧知の仲である。
曽根崎淳
Gフォース少尉。メカゴジラ隊クルーで、ガンナーを務める。彼も入隊してきた一馬を厳しく鍛えた。未使用映像では、一馬を彼の私室に案内した際に、画鋲を投げて室内を飛んでいた蝿を仕留める神業を披露した。
キャサリンと恋仲という裏設定がある。
キャサリン・バーガー
Gフォース少尉。メカゴジラ隊有一の米人女性クルーでアメリカ海兵隊出身。メカゴジラ搭乗時にコ・パイロットを務める。
今井博司
ロボット技師。一馬の先輩で、彼にGフォースへの辞令を言い渡した。だが一ヶ月後に、一馬がGフォースをクビにされた(一馬が勝手に休暇をとっていたことが原因)為、自分がGフォースへ出向しメカゴジラのメンテナンス要員となる。
片桐ゆり
冒頭で、ロボット部門に配属された女性。一馬の助手的な役割。
演じたのは、直後に平成ガメラシリーズのヒロインとなる中山忍
ジョニー・オーエン
Gフォース准尉。メカゴジラ隊の補助要員で、鈴鹿戦で不在だった一馬の代わりにメカゴジラのメンテナンス要員を務め、負傷した。
アンディ・ジョンソン
Gフォース隊員。ガルーダのパイロットとしてメカゴジラとともに幕張に出撃予定だったが、一馬が代わった為出番が無かった。ガルーダについて一馬がレクチャーをしている所へゆりがコンテナが襲撃されたことを報告するシーンにのみ登場し、後ろ姿だけが確認できる。
一馬がガルーダに登場した際に被っていたヘルメットに、彼の名が英語で書かれていた。
レオ・アシモフ
ロボット工学博士。メカゴジラを設計した、開発チームの総責任者。メカゴジラ出撃の際には自ら戦闘司令室に赴き、指示を出す。物語後半、一馬のメカゴジラとガルーダの合体案を了承する。
名前は、ロボット工学三原則で知られるSF作家アイザック・アシモフに因んでいる。
瀬川隆之
国連G対策センター長官。有事の際には、自らもGフォースの戦闘司令室へ顔を出す。ベビーを利用した作戦に反対されても、長官としてゴジラの脅威から世界を開放する為と厳しい判断をする。
なお『ゴジラVSキングギドラ』にて佐原健二が演じる防衛庁長官も「瀬川」である。ただし劇中で同一人物とは明言されていない。佐原による演技も若干異なっている(一部関連書籍では同一人物とされている)。
桂木邦雄
日露合併油田会社社員。アドノア島で油田調査中にプテラノドンの化石とゴジラザウルスの卵を発見し、国立生命科学研究所に調査を依頼、案内した。大前や梓達と共にラドンとゴジラに遭遇する。
兵藤巌
Gフォース中佐。兵器開発部門主任で、メカゴジラ出撃時には自ら指示のアナウンスを行う。次回作・『ゴジラVSスペースゴジラ』では、副司令官に昇格する。
細野
精神開発センター所長。久しぶりにやって来た未希を迎え、同行していた一馬には「頼りなさそうだね」と評した。
演じたのは、主演の高島政宏の父親であり、『キングコング対ゴジラ』で主演した高島忠夫。政宏の出演について高島忠夫は「これで(高島家で)ゴジラに出てないのは寿美花代だけになりました」と述べている(高嶋政伸は既に『ゴジラvsビオランテ』に出演している)。
麻生孝昭
Gフォース大佐。総司令官で、メカゴジラでゴジラを打倒する事に誰よりも意欲を燃やしている。『ゴジラVSデストロイア』まで登場する。
大前裕史
古生物学博士。国立生命科学研究所に所属する科学者で、アドノア島で発見したゴジラザウルスの卵を梓達と共に研究所へ持ち帰った。ベビー=ゴジラザウルスに第2の脳がある事を発見し、G対策センターに大きく貢献する。温厚な性格だが、梓がラドンにコンテナごと捕まった事を知ると、救出部隊に同行してバトルエリアへ赴く同僚想いな人物でもある。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視覚効果 編集

キャスト 編集

映像ソフト化 編集

  • DVDは2002年6月21日発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
  • 2008年5月23日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションV」に収録されており、単品版も同時発売。
  • BDは2010年1月22日発売。

その他 編集

  • 第1特報での仮タイトルは『ゴジラ5』だった。
  • 第2特報の映像は『ガンヘッド』の映像を多用している。『ガンヘッド』の特撮も本作の特報も川北が手がけているが、ガンヘッドDVD発売記念イベントの際、ガンヘッドの映像をなぜ使ったのかとの問いに川北は「いやぁ、なにせすごいメカが出るって聞いたもんですから。そこら辺はあまり触れないでください。」と語っている(因みにガンヘッドの映像は無断で使用していた)。
  • 本作は日本映画としては初めて実験的にドルビーデジタル5.1chサラウンドフォーマットが使用され、封切時には有楽町の日劇、大阪の梅田東宝劇場において、5.1ch仕様のフィルムが上映された。後のビデオソフト等では全国上映用のドルビーステレオ仕様の音声がデフォルトとなっているが(DVD、Blu-rayには当時の5.1ch音声もマルチオーディオで収録)、BGM、効果音等が部分的に異なっている。
  • ゴジラが梅田を破壊しているシーンでは、当時完成したばかりの毎日放送茶屋町新社屋がアップで映っている。
  • 冒頭のシーンにメカキングギドラのメカ首の残骸が登場する。
  • 前作でコスモスを演じた今村恵子大沢さやかが精神開発センターの職員として登場する。
  • ゴジラの熱線の角度について説明するシーンやメカゴジラのシミュレーション映像では、前作や前々作の映像が使われている。またシミュレーション映像の未使用シーンには前々作のキングギドラと前作のモスラがライブで登場している。
  • アドノア島のシーンでは前作のゴジラの着ぐるみを使用している。
  • 前々作の東京都庁、前作の横浜ランドマークタワーに次いで、開通したばかりのレインボーブリッジが怪獣に破壊されるシーンがあった。なお、ベビーゴジラをさらったファイヤーラドンが、東京ディズニーランドを経由するシーンがあった。
  • 『東宝SF特撮シリーズVol.8ゴジラvsメカゴジラ』によると当初、ゴジラの対戦相手はキングコングが候補にあがったが版権などの問題から没になった(代わりにメカニコングを登場させる案もあった)。

コミカライズ 編集

講談社ボンボンKCにて刊行、ストーリー構成:安井尚志、作画:川石てつや

また、小学館てんとう虫コミックススペシャルから刊行された、坂井孝行による漫画版も存在している。 こちらはメカゴジラ、ガルーダのデザインや設定が映画と違う、三枝美希が登場せず、ゴジラVSビオランテの登場人物である黒木特佐が活躍するなど、独自のストーリーが描かれている。

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:ゴジラ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴジラvsメカゴジラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki