FANDOM


ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
Godzilla vs. Megaguirus
監督 手塚昌明
脚本 柏原寛司
三村渉
製作 富山省吾
出演者 田中美里
谷原章介
勝村政信
池内万作
星由里子
永島敏行
伊武雅刀
音楽 大島ミチル
撮影 岸本正広
編集 普嶋信一
配給 東宝
公開 2000年12月16日
上映時間 105分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 12億円
前作 ゴジラ2000 ミレニアム
次作 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
  
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(ゴジラたいメガギラス ジーしょうめつさくせん)は、2000年12月16日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第24作である。キャッチコピーは「地球最大の死闘(デスバトル)」。20世紀最後のゴジラシリーズである。また、2011年現在、タイトルに新怪獣の名前が入る最後の作品である

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

第3期ゴジラシリーズの第2作。 本作のゴジラは過去に3度日本を襲った怪獣と設定される。本作におけるゴジラは1954年の東京襲撃時にオキシジェン・デストロイヤーで倒されておらず、その間の日本襲撃も含めて同じ個体である。 登場怪獣はゴジラメガギラスメガヌロンメガニューラ。主要襲撃地点は東京(渋谷、お台場)。 手塚昌明は本作が監督としてのデビュー作である。


ストーリー 編集

1954年、初めてのゴジラ東京襲撃によって大阪に首都が遷った。1966年、東海村に上陸したゴジラにより原子力発電所が破壊された。日本政府はゴジラの攻撃目標になるため原子力発電の永久放棄を決定した。しかし1996年、原子力発電の代替を目標としてプラズマエネルギーの開発が行われていた大阪の「クリーンエネルギーファクトリー」がまたもゴジラに破壊されるのだった。 対ゴジラ兵器として開発されたディメンション・タイド(ブラックホール砲)の試射によって時空の亀裂が発生、そこから太古の巨大昆虫が現れた。 卵から孵った無数の幼虫メガヌロンが人間を襲い、更に羽化して成虫メガニューラになると群れをなしてゴジラに襲いかかった。

特別ゴジラ対策本部 編集

略称特G対。防衛庁内の組織。クリーンエネルギー・ファクトリーの要職にあった杉浦が本部長を務める。

構成 編集

特G対は、ゴジラの行方を常に探索している「S1 (Search)」、生物としてのゴジラを研究している「S2 (Study)」、ゴジラ上陸時の避難誘導をシミュレーションしている「S3 (Shelter)」、対ゴジラ戦闘部門である「Gグラスパー」の4部門によって組織されている。

装備 編集

架空の建物 編集

大阪国会議事堂
1954年のゴジラ初襲来により、大阪に遷都した。大阪城公園内に建てられている。それ以後「大阪府→大阪都」「東京都→東京府」になっている。
大阪プラズマ発電研究所(クリーンエネルギーファクトリー)
1996年に建設された原子力発電に代用するプラズマエネルギーの開発研究が行われていた施設。しかし設立直後ゴジラによって破壊される。
お台場空中庭園ビル
フジテレビジョンの隣接に建っている。メガギラスとの戦いで破壊されてしまう。建物のデザインがフジテレビジョンに微妙に似ている。
パレットタウン空中展望台
パレットタウンの手前に建っている。上空シーンからは、空中庭園ビルと共にCGで合成されている。
渋谷国立科学技術研究所
渋谷に建てられている国立科学技術研究所。杉浦が密かにプラズマエネルギーを開発しており、最終的にゴジラに破壊されてしまう。

興行成績 編集

  • 興行収入 12億円
  • 観客動員 135万人

キャスト 編集

声の出演

スーツアクター 編集

スタッフ 編集

映像ソフト化編集

  • DVDは2001年8月21日発売。
  • トールケース版DVDは2002年11月21日発売。
  • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
  • BDは2010年3月19日発売。

テンプレート:ゴジラの映画 テンプレート:ゴジラ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴジラ×メガギラス G消滅作戦にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki