FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、1985年にアメリカ合衆国で製作されたアクション映画『コマンドー』について説明しています。
コマンドー
Commando
監督 マーク・L・レスター
脚本 スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 ジョエル・シルバー
ローレンス・ゴードン
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 ジェイムズ・ホーナー
主題歌 パワー・ステーション
「We Fight For Love」
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 マーク・ゴールドブラット
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 20世紀フォックス
公開 1985年10月4日 アメリカ合衆国の旗
1986年2月8日 日本の旗
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $35,100,000[2]
日本の旗 10億円[3] (配給収入)
世界の旗 $57,491,000[2]
  

コマンドー』(Commando)は1985年アメリカ合衆国で製作されたアクション映画マーク・L・レスター監督。本作品は、前年(1984年)の『ターミネーター』の悪役を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが、転じて屈強で勧善懲悪のヒーローを演じたヒット作である。シュワルツェネッガーは、この作品で正義の味方としてのイメージを確立し、そのアクションスターの地位を不動のものとした。日本での公開は1986年2月。

概要 編集

主演したシュワルツェネッガーの見事にビルドアップされた肉体と、それを存分に活かしたアクションのみならず、随所にコメディ映画を彷彿とさせるジョークが登場する。

シュワルツェネッガーは「無口な大男」という従来のイメージを覆しテンプレート:要出典、後年の『ツインズ』『キンダガートン・コップ』などのコメディ作品でユーモアも表現できる俳優としても活躍することになる。ただし、本作がきっかけであるわけではなく、シュワルツェネッガーのシリアスアクション路線はこの後も『ツインズ』『キンダガートン・コップ』までの間に数作続いている。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ かつて精鋭部隊・コマンドーの隊長として名を馳せたジョン・メイトリックスは、現在は軍を退役し一人娘・ジェニーと山荘での静かな生活を送っていた。そんなある日、二人が暮らす山荘をメイトリックスのかつての上司・カービー将軍が訪れる。カービーはメイトリックスに、コマンドーの元隊員たちが次々と殺害されていることを教え、護衛として山荘に部下を残してゆく。しかしカービーが去った後、謎の武装集団が山荘を襲撃、護衛たちは殺害され、ジェニーが連れ去られる。メイトリックスは必死に追跡を試みるが失敗し、彼もまた武装集団に拘束されてしまう。

犯人は、過去にコマンドー部隊の工作により失脚したバル・ベルデ共和国の独裁者・アリアスの一味で、その中にはメイトリックスのかつての部下で、一味に殺害されたはずのベネットも加わっていた。メイトリックスに恨みを持つベネットは、アリアス一味に協力して自分の死を偽装し、カービー将軍がメイトリックスに接触するのを待っていたのだった。そしてジェニーの命と引き換えに、メイトリックスは現バル・ベルデ大統領の暗殺を強要される。

やむなくメイトリックスは、監視役のエンリケスと共にバル・ベルデへ向かう飛行機に乗り込む。しかし、彼は一瞬の隙を突いてエンリケスを殺害。離陸直後の飛行機の前輪格納庫から脱出し、すぐさまジェニーが捕らわれているアリアスの拠点を突き止めるべく隠密行動を開始した。バル・ベルデに到着するのは11時間後、その時間内に拠点を突き止められなければジェニーは殺される・・・。

アリアス一味の1人・サリーを追うメイトリックスは、サリーにナンパされていた客室乗務員・シンディと出会い、混乱の末に彼女を事件に巻き込むことになる。初めのうちシンディは粗野なメイトリックスの態度に不信を抱くが、愛娘への思いを語る彼の言葉を信じ協力を申し出る。メイトリックスは、シンディの機転や、飛行機の操縦の腕にも助けられ、アリアスの拠点である孤島に辿り着く。

そしてメイトリックスはアサルトライフル手榴弾などで武装し、単身島へ潜入。愛する娘を救出するべく、たった一人で「第三次大戦」を開始する。アリアス一味を全滅させた後、ジェニーを人質に取るベネットを挑発して一騎打ちに持ち込み、苦戦の末にこれを倒しジェニーを救い出したメイトリックスは、救援に来たカービーの復帰要請を断り、ジェニーとシンディを伴い島を飛び去ってゆく。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ジョン・メイトリックス退役大佐 アーノルド・シュワルツェネッガー 屋良有作 玄田哲章
ジェニー アリッサ・ミラノ冨永みーな岡本麻弥
シンディ レイ・ドーン・チョン 小山茉美 土井美加
アリアス元大統領 ダン・ヘダヤ 千葉耕市 小林勝彦
ベネット元大尉 ヴァーノン・ウェールズ 青野武 石田太郎
フランクリン・カービー将軍 ジェームス・オルソン 大木民夫 阪脩
サリー デビット・パトリック・ケリー 鈴置洋孝 田中亮一
クック ビル・デューク 渡部猛 坂口芳貞
ディアズ ゲイリー・セルヴァンテス 小島敏彦 西村知道
ローソン ドリュー・シュナイダー 千田光男
ホレッサ マイケル・デラノ 朝戸鉄也 秋元羊介
ビッグス グレッグ・ウェイン・イーラム 鈴置洋孝 石塚運昇
警備員 ジョージ・フィッシャー 喜多川拓郎 千田光男
エンリケス チャールズ・メシャック 池田勝 田原アルノ
  • 日本語吹替1:初回放送1987年10月6日、TBS『ザ・ロードショー』 20:00-21:54
演出:田島荘三、翻訳:宇津木道子、制作:コスモプロモーション
演出:蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、調整:遠西勝三、効果:猪飼和彦、製作:東北新社

備考 編集

  • シュワルツェネッガー演じる主人公メイトリックスの名前は「マトリックス(matrix)」の英語読みである。本作品の製作会社であるシルバー・ピクチャーズは、後に『マトリックス』を手掛けている。
  • 登場する「ロケットランチャー」は、実在するM202A1フラッシュである。発射された弾丸が対象に当たると炸裂し対象を炎上させるので、ロケットランチャーというよりは火炎放射器の様な役割を果たしている。
  • 敵兵宿舎を爆破するシーンがあるが、仕掛けたのは大量の小さい鉄球をまき散らす対人地雷のM18クレイモア対人地雷で、実際は建物を吹き飛ばすほどの威力は無く、しかも建物外に仕掛けたにもかかわらず建物は内部から吹き飛んでいる。
  • 2004年に起きた佐世保小6女児同級生殺害事件以降、一部のショットや台詞が放送の際カットされている(2007年に放送された際には一瞬だけ復活していた)。
  • 本作においても、シュワルツェネッガーが自身の有名な台詞「I'll be back」を発するシーンがある。
  • アリアス邸として登場したのは、ハロルド・ロイドの邸宅「グリーン・エーカーズ」である。ここはビバリーヒルズ・コップのロケでも使われた。
  • 2009年5月22日に一部シーンを追加再編集した『コマンドー<ディレクターズ・カット>』と銘打ったDVDが発売された。従来のDVD版ではドルビーサラウンドであったオリジナル音声が5.1chになっており、一層だったディスクも二層に変更、さらに同作品としては初となる日本語吹き替え(キャストは上記の2を参照)を同時収録、パッケージも一新された。

リメイク 編集

  • キャストは未定だが、デビッド・エアーが監督と脚本を務め、コマンドーのリメイクを作成する。

登場武器 編集

脚注 編集

  1. Movie Commando. The Numbers. 2010年1月28日閲覧。
  2. 2.0 2.1 Commando (1985). Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。
  3. 日本映画産業統計 過去配給収入上位作品 (配給収入10億円以上番組) 1986年(1月~12月). 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はコマンドーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki